おすすめ記事

チャート分析に使える無料ツール5選

チャート分析に使える無料ツール5選
困っている人

FXのおすすめ過去検証ソフト&ツール&アプリ5選【無料+有料】

困っている人

  • 過去検証ソフトって沢山あるけどおすすめのツールを知りたい
  • スマホで検証したい場合のおすすめの過去検証(バックテスト)ソフトを知りたい
  1. 過去検証ツール選びで失敗しなくなる
  2. ツール選びに迷わないから直ぐに検証作業ができる
  3. 直ぐに検証作業できるから、勝ちトレーダーまでの道のりを近道できる

リュード

    • 1.1 【超重要】 直感的にノーストレスで扱えるツールを選ぶこと!

    過去検証(バックテスト)ソフトの選び方のポイント

    【超重要】
    直感的にノーストレスで扱えるツールを選ぶこと!

    直感的にノーストレスで扱えるツールを選ばないと過去検証を継続できずに挫折する

    困っている人

    • 過去検証ツールの初期設定がめんどう臭い
    • 過去検証ツールの操作性が直感的に分かり辛くストレスが溜まる

    【厳選】おすすめの過去検証(バックテスト)ソフト3選【有料】

    ツール名 価格(税込) 特徴 オススメ度
    TradingView 月額約1,645円(1$110円換算) 操作性抜群の神チャート分析ツール チャート分析に使える無料ツール5選 5 out of 5 stars(5 / 5)
    Forex Tester 34,999円(但し頻繁に半額セール開催) MT5で使える多機能な鉄板過去検証ツール 4.5 out of 5 stars(4.5 / 5)
    FX検証(旧ChartBook) 120円 iPhone&iPad限定の格安ツール 3 out of 5 stars(3 / 5)

    【PC&スマホどちらでも使える】TradingView(トレーディングビュー)

    Tradingview(トレーディングビュー)は正確にはチャート分析ツールなのですが、Tradingviewに標準搭載されている『リプレイモード』で過去検証ができます!

    僕自身もこんな感じでリプレイモードで過去検証をしています!

    1. マニュアル見なくても直感的に扱える操作性が最大の魅力
    2. 初期設定(過去データのインストール等)や特別な操作を覚える必要が皆無なのでノーストレスで検証できる
    3. だから面倒な過去検証を継続させやすい=トレードの上達に繋がりやすい
    1. 検証結果を自動集計する機能が無い(以下で紹介するフォレックステスターは自動集計してくれる)
    2. Tradingviewの無料プランだと日足しか検証できないので、ほぼ実質有料プラン必須
    1. Tradingviewの操作性&機能性&デザイン性が魅力的だと感じる方
    2. PC操作に不慣れで他の過去検証ツールの複雑な初期設定や操作性をやり遂げる自信が無い方
    3. PC・スマホ・タブレット等色んなデバイスで過去検証したい方(全て対応可)
    4. 多少お金をかけてでも「検証作業の継続させやすさ」を重視したい方
    5. MT4・MT5の操作性に苦手意識を感じている人
    1. Windows&Mac共に対応可
    2. PC版&スマホ版(タブレット版)あり
    3. iPhone&android版も完備

    こちらのページ『30日間無料お試し』のボタンからお試しで無料でTradingviewが使えるので、まずは直感的に扱える優れた操作性を堪能してみて下さい!

    【数多くの専業トレーダーも使っている鉄板ツール】ForexTester(フォレックステスター)

    世界中の多くのトレーダーが利用しているMT4・MT5で利用可能な過去検証ツールが「Forex Tester」です。

    BIツールとは?無料で使えるおすすめOSSの比較6選(2022年版)

    Apache Supersetは、Airbnb社が開発したBIツールで、2017年にApache Software Foundationのインキュベーションプロジェクトという位置づけで開発がスタートしました。2021年には、新たにトッププロジェクトに昇格しています。開発初期段階の従来のバージョンにおいては、他のOSSのBIツールと比較して非常に使いにくいものでしたが、最新のバージョンは機能が大幅に向上し、使いやすくなっています。

    Apache Supersetの特徴は、30種類以上のデータベースに対応していることです。MySQLやPostgreSQLなどのデータベースだけでなく、主なクラウドサービスのデータベースにも対応しています。ElasticsearchやApache Solrなど、SQL機能がオプションで実装されているものについても、対応可能データベースにリストアップされています。

    Grafana

    Grafana画面

    Metabase

    Metabase画面

    Kibana

    Kibana画面

    Graylog

    Graylog画面

    Re:dash

    どのBIツールを選ぶのか?

    Apache Supersetは、対応するデータベースが多く、作成できるグラフの種類も多く、日本語化もある程度されていますので、非常に使いやすいソフトウェアです。SQLについての知識が必要ですが、管理者と閲覧者を分けることで、広い用途に対応できます。そのため、SQLの知識がある人には、最も使いやすいソフトウェアであると言えます。また、開発がApache Foundationで行われていて、他の無料で使えるOSSのBIツールと比較しても、安定した開発やサポートが見込めます。そのため、デージーネットでも、BIツールとしてはApache Supersetを推奨しています。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる