初心者にもわかる

海外FXのロールオーバーとは

海外FXのロールオーバーとは
fx-arecore.net

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントが付与されるタイミングと注意点

titanfx スワップポイント

fx-arecore.海外FXのロールオーバーとは net

また水曜日は特別で3日分のスワップポイントが付与されます。取引ができない土日分のスワップポイントが水曜日に集約され合計3日分のスワップポイントがもらえるので大変お得です。

TitanFXのロールオーバー適用時間は?
TitanFXのロールオーバー時間は午前6時59分〜午前7時1分です。※サマータイム期間中は1時間早まります。
この2分間は、ロールオーバーとして処理を行うため取引できません。

MT4で通貨ペア毎の最新スワップポイントを確認!

titanfx mt4 気配値

titanfx スワップポイント 表示

titanfx mt4 スワップポイント

すると「買いスワップ」「売りスワップ」が表示されます。これがこの通貨ペアの スワップポイント です。

mt4 スワップポイント 表示

スワップポイント狙いの取引を行う前に知っておくべき懸念点

①マイナス金利の場合はスワップポイントを支払わないといけない

スワップポイントと聞くとお金が貰える方向にフォーカスされがちですが、取引する通貨ペアの買いや売りなどのポジションを誤れば逆にスワップポイントを 支払う こともあります。

特に水曜日だと土日を含む3日分になるのでロット数によっては高額なスワップポイントを支払わなければならないので 要注意 です。

取引を始める前に、買いか売りどちらにエントリーするのか、エントリーする方向のスワップポイントが+になるのかを必ず確かめましょう。

②保有ポジションの為替変動リスク

当たり前ですが、FXなので保有ポジションの価値は変動します。スワップポイントが貰えたとしてもポジション決済時に損失をだしスワップポイントと合算してマイナスになれば 本末転倒 です。

スワップポイント狙いの取引がおすすめな人

スワップポイントの性質上、長期取引(スウィングトレード)を行う人に向いています。ポジションを保有している限り毎日スワップポイントが発生するためです。

先ほど説明した通り、スワップポイントを狙うトレードは為替差益も考慮しなければいけないため、 上級者 海外FXのロールオーバーとは 向きです。

仕事でチャートに向き合える時間は少ないがスウィングトレードには自信があるという方にオススメです。

\ 3 分で完了します! / TitanFXの口座開設ページへ進む

スワップポイント狙いの取引に向いている通貨ペアは?

豪ドル/円(AUD/JPY)

オーストラリア 国旗

NZドル/円(NZD/JPY)

ニュージーランド 国旗

トルコリラ/円(TRY/JPY)

トルコ共和国 国旗

短期トレーダーでもスワップポイントを活用できる裏技

短期トレーダーでもスワップポイントを活用する裏技とは、ロールオーバー時刻の前にエントリーしてロールオーバー後に決済することでスワップポイントが貰えます。たった 数分 であってもロールオーバー時刻を跨げば 翌日持ち越し したことになるのです。

馬でもできる海外FX~ 「Alpari NZ (アルパリ)」に登録しよう

Alpari NZの口座には、かなり多くの種類があります。(確か、Alpari UKには、3種類ぐらいだったと記憶していますが…)特に、特徴的なのが、スワップフリー(SF)海外FXのロールオーバーとは の口座を選択することができます。スワップフリーとは、言葉の通り、スワップ(金利差)が付かない口座で、ロールオーバー時間を跨いでロングポジションを保持してもスワップがつきません。ですので、マイナスポジションを持ち越してもマイナススワップもつきません。

    海外FXのロールオーバーとは
  • 2011-01-26 : : :

Alpari NZ (アルパリ)という会社-その2

  • 会社名 : Alpari NZ Limited
  • 住 所 : 135 Broadway, Newmarket, Auckland, New Zealand
  • ライセンス: ロシア
  • 事業開始 : 1998年
  • 2011-01-26 : : :

Alpari NZ (アルパリ)という会社-その1

私がAlpari NZの口座を初めて開設したのは、2010年の秋頃です。きっかけは、海外のブログで管理画面(Alpari NZでは、myAlpariといいます)の機能を見たとき、IB(イントロデューサー)の管理や、PAMM口座の管理までできることを知り、トレードツールや入出金よりも、この管理画面に興味を持ち、口座開設しました。

myalpari

画面はご覧の通りです。ちなみに、ご存じの無い方へIBとは、Introducing 海外FXのロールオーバーとは Brokerの略で、ユーザを誘導するアフィリエイターや代理店みたいなものです。PAMM口座とは口座開設者自身がファンドマネージャーとなって、傘下の口座のトレードを一元管理する口座です。
私はPAMM口座は使わないのですが、今回IBを取得したので口座開設方法を当ブログで紹介するに至りました。

【市況】 前場に注目すべき3つのポイント~インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる~

NYダウ <日足> 「株探」多機能チャートより


■株式見通し:インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる
■クミアイ化、22/10 上方修正 営業利益125億円←90億円
■前場の注目材料:オカダアイヨン、圧砕機生産1.5倍に、10億円投資


■クミアイ化、22/10 上方修正 営業利益125億円←90億円

・日経平均は上昇(27943.95、+28.06)
・NYダウは上昇(33180.14、+264.海外FXのロールオーバーとは 36)
・ナスダック総合指数は上昇(12175.23、+113.86)
・シカゴ日経先物は上昇(28210、大阪比+200)
・SOX指数は上昇(3092.97、+30.23)
・VIX指数は低下(24.02、-1.05)
・米原油先物は上昇(119.41、+0.91)
・米長期金利は低下 海外FXのロールオーバーとは
・米国景気は拡大
・コロナ流行下の経済活動正常化
・日銀は金融緩和を長期化


・オカダアイヨン圧砕機生産1.5倍に、10億円投資
・日本電産半導体を集中購買、安定調達へ年度内に戦略
・パナHDエッジAI新会社、JVCケンウッド・WiLと合同出資
・トヨタ物材機構・トヨタなど、全固体電池研究を本格始動、基本現象を解明へ
・伊藤忠伊藤忠など4社、再生資源燃料で協業、タンクローリー車向け
・長瀬産業エンドトキシン除去技術を活用、受託サービス開始
・三菱電機インドに新工場、31億円投資、FA制御システム安定供給
・富士通AWSジャパンと金融・小売業DXで協業

<国内>
・08:50 1-3月GDP2次速報(前期比年率:-1.1%、1次速報:-1.0%)
・08:50 4月経常収支(予想:+5245億円、3月:+2兆5493億円)

  • ・伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月8日記)
  • ・株価指数先物【寄り前コメント】 2万8000円~2万8250円のレンジに移行するとと.. (06/08)
  • ・武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」 (06/07)
  • ・今朝の注目ニュース! ★トラースOP、クミアイ化、インスペックなどに注目! (06/08)
  • ・本日注目すべき【好決算】銘柄 クミアイ化、インスペック (7日大引け後 発表分)
  • ・強弱材料:6/8
  • ・「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ.. (06/07)
  • ・利益成長“青天井”銘柄リスト【総集編】第1弾 33社選出 <成長株特集> (06/05)
  • ・7日の米国市場ダイジェスト:NYダウ264ドル高、長期金利低下でハイテク株に買い (06/08)
  • ・本日の決算発表予定 … くら寿司、アイモバイル、Bガレージなど 9社 (6月8日)

株探からのお知らせ

  • 見逃し配信開始! 株探プレミアムセミナー

お気に入りがいっぱいです!
もっと追加するには、有料サービス「株探プレミアム」の登録が必要です。
初めてご登録の方には「30日間の無料体験」実施中!
※無料体験終了後は、毎月の利用料金が発生します。
※過去に「30日間の無料体験」をご利用になった方には無料体験は適用されません。

このアイコン「★」は利用者の皆さまの「お気に入り銘柄」を
登録もしくは削除する機能となっております。
お気に入り銘柄を登録するには、会員登録(無料)が必要です。
無料会員およびプレミアム会員の方はログインが必要です。

  • 増配予想でも要注意、出遅れリオープン期待で注視は「無配継続」
  • 前場に注目すべき3つのポイント~インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる~
  • 今朝の注目ニュース! ★トラースOP、クミアイ化、インスペックなどに注目!
  • 話題株先取り【寄り付き】:クミアイ化、鈴茂器工、カクヤスGなど
  • コカBJHが続伸、10月1日出荷分から小型パッケージ製品を値上げ
  • クミアイ化---大幅反発、業績上方修正で増益幅拡大へ
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」

人気ニュース【ベスト5】

  • 今朝の注目ニュース! ★トラースOP、クミアイ化、インスペックなどに注目!
  • 【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (6月7日発表分)
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う <株探トップ特集>
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月8日記)
  • 明日の株式相場に向けて=「防衛関連」に国策の上昇旋風吹く

お薦めコラム・特集

  • 増配予想でも要注意、出遅れリオープン期待で注視は「無配継続」
  • 伊藤智洋が読む「日経平均株価・短期シナリオ」 (6月8日記)
  • 「半導体関連株」リベンジ局面探る、設備投資相次ぎ再飛翔狙う 海外FXのロールオーバーとは <株探トップ特集>
  • 武者陵司「コロナ忌明けの夏、日本株の時が来た」
  • 海外FXのロールオーバーとは
  • 大谷正之氏【強さ際立つ日本株、2万8000円は通過点か】(2) <相場観特集>

■関連サイト ※外部リンク

当サイト「株探(かぶたん)」で提供する情報は投資勧誘または投資に関する助言をすることを目的としておりません。投資の決定は、ご自身の判断でなされますようお願いいたします。 当サイトにおけるデータは、東京証券取引所、大阪取引所、名古屋証券取引所、JPX総研、China Investment Information Services、CME Group Inc. 等からの情報の提供を受けております。日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。株探に掲載される株価チャートは、その銘柄の過去の株価推移を確認する用途で掲載しているものであり、その銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。決算を扱う記事における「サプライズ決算」とは、決算情報として注目に値するかという観点から、発表された決算のサプライズ度(当該会社の本決算か各四半期であるか、業績予想の修正か配当予想の修正であるか、及びそこで発表された決算結果ならびに当該会社が過去に公表した業績予想・配当予想との比較及び過去の決算との比較を数値化し判定)が高い銘柄であり、また「サプライズ順」はサプライズ度に基づいた順番で決算情報を掲載しているものであり、記事に掲載されている各銘柄の将来の価値の動向を示唆あるいは保証するものではなく、また、売買を推奨するものではありません。

インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる

株式 1 時間前 (2022年06月08日 08:30)

インデックスに絡んだ商いが中心だが次第に3月高値が意識されてくる

© 海外FXのロールオーバーとは Reuters.

8日の日本株市場は、買い一巡後は次第にこう着感が強まりそうだが、底堅い相場展開が見込まれる。
7日の米国市場はNYダウが264ドル高だった。
ターゲットが業績見通しを下方修正したことで下落し、朝方は小売銘柄を中心に業績の悪化を懸念する売りが先行した。
また、インフレと利上げによる景気後退への懸念は根強く、週後半に発表を控える5月消費者物価指数(CPI)の動向を見極めたいとの思惑なども手掛けづらくさせた。
ただし、その後長期金利が低下するとハイテク株を中心に買い戻される動きとなり、午後は堅調に推移した。
シカゴ日経225先物清算値は大阪比200円高の28210円。
円相場は1ドル132円60銭台で推移している。


シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買い先行で始まろう。
米国市場は下落して始まったものの売りは続かず、午後は長期金利の上昇一服を背景にハイテク株などへの買い戻す動きに繋がっていた。
NYダウは33000ドルを挟んだもち合いを継続しているものの、25日線が支持線として機能しており、上値抵抗線として意識されている75日線を試す動きが意識されやすいところだ。
VIX指数は低下し、一時24.00を下回る場面も見られており、景気後退への警戒は根強いものの、需給状況は改善傾向にあるだろう。


東京市場においては週末にメジャーSQを控えるなか、日々オプション権利行使価格を切り上げてきている。
手口を見ても限月交代に伴うロールオーバー中心商いであり、積極的に仕掛けてくる動きは考えづらいところではある。
ただし、レンジの切り上げが続くなか、これに伴うヘッジ対応の動きが一段と強まりやすいだろう。
28000円突破でいったんは達成感が意識されやすいなか、日経225先物はナイトセッションで一時28220円まで買われる場面も見られた。
権利行使価格の28250円に接近してきており、これを捉えてくるようだと、その上の28375円の権利行使価格水準が意識されやすいところであろう。


ヘッジ対応の動きが一段と強まることによって、日経平均は3月25日高値水準が射程に入ってくる。
この水準を捉えてくるようだと、一段と買い戻しの動きなどに向かわせそうだ。
また、日銀の緩和政策によって日米金利差を狙った海外勢による資金流入も意識されやすく、急ピッチの上昇に対する過熱感は警戒されてくるものの、調整局面においては押し目待ちの買い意欲は強そうである。
もっとも、出来高は低水準の状況であることから、物色に広がりは期待しづらいことから、インデックスに絡んだ商いが中心となり、一部のテーマ株などへの物色になろう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる