トレードを学ぶ

取引時間について

取引時間について
日本取引所グループより抜粋

世界の取引所情報

6/6(月) 休場=韓国、マレーシア、NZ、スイス 6/7(火) 4月家計調査(8:30)
4月毎月勤労統計(8:30)
4月景気動向指数(14:00)
4月米貿易収支(21:30) 6/8(水) 4月米消費者信用残高(4:00)
4月経常収支(8:50)
5月企業倒産件数(13:30)
5月景気ウオッチャー調査(14:00)
1〜3月期ユーロ圏GDP確報(18:00)
4月米卸売在庫・売上高(23:00) 6/9(木) 対外対内証券売買契約(8:50)
5月マネーストック(8:50)
4月特定サービス産業動態統計(13:30)
5月工作機械受注(15:00)
投資主体別売買動向
米新規失業保険申請件数(21:30)
5月ブラジルCPI
ECB理事会 6/10(金) 5月企業物価指数(8:50)
株価指数先物・オプション6月物特別清算指数(SQ)算出
5月中国CPI(10:取引時間について 30)
5月米CPI(21:30)
4月インド鉱工業生産指数 6/11(土) 特にありません 6/12(日) 特にありません

世界の主な株式市場の取引時間

オーストラリア オーストラリア証券取引所
ASX 200 夏 8:00〜14:00、冬 9:00〜15:00 日本 東京証券取引所
日経平均株価 通年 9:00〜11:30、12:30〜15:00 韓国 韓国証券取引所
KOSPI 通年 9:00〜15:00 中国 上海証券取引所
上海総合指数 通年 10:30〜12:30、14:00〜16:00 インド ボンベイ証券取引所
BSE Sensex 通年 12:45〜19:00 イギリス ロンドン証券取引所
FTSE 100 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 ドイツ フランクフルト証券取引所
DAX 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 フランス ユーロネクスト
CAC 40 夏 16:00〜0:30、冬 17:00〜1:30 ブラジル ibovespa
IBovespa 夏 21:00〜5:00、冬 22:00〜6:00 USA ニューヨーク証券取引所
ダウ平均(DJIA) 夏 22:30〜5:00、冬 23:30〜6:00 USA NASDAQ
NASDAQ総合指数 夏 22:30〜5:00、冬 23:30〜6:00

【保存版】日本の株式市場の取引時間はいつ?取引所の種類も解説

日本の株式市場

市場再編

東京証券取引所の資料を元に作成

プライム市場は日本で最も審査基準が厳しく社会評価が高い株式市場であり、国内外を代表する大企業が集結しています。

  • ソフトバンクグループ(9984)
  • 三菱商事(8058)
  • ソニーグループ(6758)
  • 松竹(9601)
  • リクルートホールディングス(6098)

②スタンダード

スタンダード市場はプライム市場と比べて取引の出来高などは小さいながらも、高い実績を誇る有名企業や中小企業が上場しています。

  • ブルボン(2208)
  • 日本KFCホールディングス(9873)
  • スターフライヤー(9206)
  • ヨネックス(7906)
  • フマキラー(4998)

プライム/スタンダード市場比較

日本取引所グループより抜粋

グロース市場は日本の株式市場の中でも、成長可能性を秘めたベンチャー企業が多く上場する市場です。

  • メルカリ(4385)
  • ウェルスナビ(7342)
  • BASE(4477)

スタンダード/グロース市場比較

日本取引所グループより抜粋

さらに事業の継続性や安定性重視の「スタンダード市場」と、成長性重視の「グロース市場」という二部構成である点も注目です。

取引時間について

取引時間について 取引時間について 取引時間について
取引口座 CFD銘柄 標準時間
日本時間
証券CFD JP225(日本225) 8:00~翌6:55
US30(米国30) 8:00~翌6:55
US500(米国500)
NAS100(米国NAS100)
UK100(イギリス100) 17:00~翌5:55
GER30(ドイツ30) 16:00~翌5:55
EU50(ユーロ50) 16:00~翌5:55
商品CFD XAUUSD(金) 8:00~翌6:55
XAGUSD(銀)
USOIL(原油)

サマータイム

取引時間について 取引時間について 取引時間について
取引口座 CFD銘柄 サマータイム
日本時間
証券CFD JP225(日本225) 7:00~翌5:55
US30(米国30) 7:00~翌5:55
US500(米国500)
NAS100(米国NAS100)
UK100(イギリス100) 16:00~翌4:55
GER30(ドイツ30) 15:00~翌4:55
EU50(ユーロ50) 15:00~翌4:55
商品CFD XAUUSD(金) 7:00~翌5:55
XAGUSD(銀)
USOIL(原油)
  • 注文受付時間は取引時間に準じます。
    なお、土日等取引が行われない時間帯は、リーブオーダーの受付、新規入力、取消、変更ができません。
  • システムメンテナンス時は取引システムへのアクセスが出来ません。
  • 通常の取引時間は上記となりますが、銘柄によって休場ならびに取引時間が変更になる場合があります。

TIPS MT4時間換算表

MT4プラットフォーム上の表示時間はMT4時間となっています。
日本時間=MT4表示時間 + 7時間
日本時間=MT4表示時間 + 6時間(夏時間)
時間換算には、以下の表をご利用ください。

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員

ネット証券の中でもSBIと並んで口座開設数が多い人気のある証券会社です。 サポート体制もしっかりしており安心して使うことができます。 例えば、SBIの場合、日本株と米株は別のアプリを起動する必要がありますが、楽天の場合、ひとつのアプリで日米ともに取り扱いできるので米株を扱う際の資金管理がしやすいです。 チャートも統一されており、ユーザーインターフェースも直感的でよくできていると思います。

マネックス証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

マネックス証券は米国株と中国株を取り扱っています。米国株と中国株を合わせた取扱銘柄数は6,000を超え、米国株の最低手数料は0ドルです。

取引時間について 取引時間について
注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
10時〜22時
夏時間 下記以外の時間帯
9時〜翌21
時間外対応 22時〜23時30分、翌6時〜10時
※冬時間
取引手数料 約定代金の0.495%
最低手数料:0ドル
上限手数料:22ドル
米国株取扱数 4,293銘柄 ※2022年1月時点
キャンペーン ・米国株デビュー応援プログラム
・米国ETFの買付手数料が実質無料(USAプログラム)

性別:男性
年齢:30代
職業:派遣社員

マネックスと言えば米国株といわれるほど、米国株に特化した仕様になっています。 銘柄選定や分析の際にファンダメンタルズ分析はかかせませんが、マネックス独自の銘柄スカウターが非常によくできています。 実際、取引自体は他の証券会社でも銘柄スカウターのために、マネックス証券口座を開く人がいるくらいです。 マネックスで取引するにせよ、しないにせよ、米株をやる方はマストな証券会社です。

DMM 株

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

DMM 株は約定代金にかかわらず、米国株取引手数料は一律0円です。保有する米国株を担保にして信用取引ができます。また、1つのスマホアプリで国内株と米国株の両方を取引できるため、非常に便利です。

取引時間について 取引時間について
注文可能時間 冬時間下記以外の時間帯
日〜金:6時〜16時
土:3時〜16時
夏時間 下記以外の時間帯
日〜金:5時〜16時
土:3時〜16時
時間外対応 16時〜23時30分
取引手数料 約定代金にかかわらず一律0円
米国株取扱銘柄数 1,263銘柄 取引時間について ※2022年1月4日時点
キャンペーン 現在実施中の米国株キャンペーンはありません。

PayPay証券

米国株の取引時間について解説!日本株との違いは?

PayPay証券では、米国株の取引時間によって手数料が変わります。23時30分〜6時は「基準価格×0.5%」で、それ以外の取引時間は「基準価格×0.7%」です。取扱銘柄数は少ないですが、アマゾンやアップル、コカ・コーラなど有名企業は揃っています。

注文可能時間 冬時間 下記以外の時間帯
10時〜22時
夏時間 9時〜21時
時間外対応 22時〜23時30分、翌6時〜10時
※冬時間
取引手数料 ・取引時間 23時30分〜6時:「基準価格×0.5%」
・取引時間 上記以外:「基準価格×0.7%」
米国株取扱銘柄数 147銘柄 ※2022年1月4日時点
キャンペーン ・年末年始キャンペーン

性別:女性
年齢:50代
職業:アルバイト・パート

取引時間について

PayPay証券は、アプリがとても見やすく使いやすいので、投資の素人でも1,000円から気軽に個別株等を購入できます。GAFAM等よく目や耳にする世界的に超有名な企業や、自分が商品を買ったことがある会社等の株主になれるのは楽しい体験です。アプリを開くと現在の自分の保有株がどれくらいの価値になっているのかすぐ確認できるので、投資初心者にはおすすめできると思います。

米国株売買の始め方

米国株を扱う証券会社で口座を開設する

米国株の取扱銘柄数や手数料、注文・取引時間、取引ツールなどを比較して、自分に合う証券会社を選ぶことが大切です。自分に合う証券会社を見つけたら、口座開設の手続きを行います。スムーズに手続きを進めるために、事前に必要書類を確認しておきましょう。

決済通貨を決めて購入資金を入金する

決済方法 内容
円貨決済 証券口座に入金した日本円を使って米国株を注文する方法。証券会社の指定為替レートで自動的に円がドルに換金され、売買を行う。
ドル決済 米国株を直接ドルで購入する方法。米ドルMMF買付や為替取引、ドル入金などの方法で、あらかじめドルを用意する必要がある。

銘柄を選択して購入する

注文が成立すると、保有株の評価損益などの情報を確認できるようになります。あらかじめ「株価が◯◯円まで上がったら(下がったら)売る」など、売買ルールを決めておくと決済タイミングを迷わずに済みます。

米国株購入のポイント

低コストで日本語に対応している日本のネット証券がおすすめ

海外の証券会社は日本語に対応していないところが多いので、外国語が堪能でないとスムーズに利用することができず、気軽に問い合わせもできません。国内の対面式の証券会社は手数料が高いのでコスト負担が大きく、利益を圧迫してしまいます。

対面式の証券会社より低コストで取引できるのも魅力です。米国株を取引する場合は、日本のネット証券を選ぶと、低コストで安心して利用できます。

手間を省ける円貨決済とコストを抑えられる外貨決済

円貨決済は、証券口座に入金している日本円を使って米国株を購入する方法です。購入時に証券会社の指定為替レートで自動的にドルに交換されるため、ドルを用意する手間を省けます。外貨決済より手数料は高くなりますが簡潔でわかりやすいため、米国株初心者におすすめの決済方法です。

米国株を購入する際は、手間を省ける円貨決済かコストを抑えられる外貨決済を選択する必要があるので、事前に決めておくとよいでしょう。初心者には円貨決済をおすすめします。

米国株のおすすめ銘柄はGAFAM

米国株のおすすめ銘柄は「GAFAM」です。GAFAMとは、誰もが知る世界的有名企業である「Google(Alphabet)」「Apple」「Facebook(Meta)」「Amazon」「Microsoft」のことです。いずれも規模が大きく、成長が続いています。米国株に投資するのであれば、GAFAMは外せない銘柄といえるでしょう。

・Google(Alphabet)

Google(Alphabet)は、Google ChromeやYou Tube、Gmail、Google Calendar、Androidなど、多くの人が利用するサービスを提供している世界的に有名なIT企業です。Alphabetは、Googleやグループ会社の持株会社として2015年に設立されました。

・Apple

Appleは iPhoneやiPad、Mac、Apple Watchなどを販売する超有名企業で、2022年1月には時価総額が3兆ドル(約345兆円)を超えました。これはトヨタの時価総額約34兆円の10倍であり、東証一部の時価総額の合計の半分に相当します。

・Facebook(Meta)

・Amazon

・Microsoft

個別株だけじゃない!米国株式市場で押さえておきたいETF、ADR

ETFとは

ETF(Exchange Traded Fund)とは上場投資信託のことです。

ETFの主な特徴

  • 指数に連動するため値動きを把握しやすい
  • 分散投資ができる
  • コストが安い
  • いつでも売買できる

ETFは株価指数などに連動するパフォーマンスを目指しているため、NYダウやナスダック総合指数などの指数をチェックすれば値動きを把握できます。

ADRとは

ADR(American Depositary Receipt)とは米国預託証書のことです。米国預託証書は、アメリカ以外の企業や政府、アメリカ企業の外国法人などが発行する有価証券に対する所有権を示す、米ドル建ての記名式譲渡可能預り証書です。

米国株の主要な2つの市場

伝統のある大手優良企業の上場が多いニューヨーク証券取引所(NYSE)

ニューヨーク証券取引所(NYSE)は「ビッグ・ボード」とも呼ばれる世界最大の証券取引所で、ニューヨークのウォール街にあります。ロンドン証券取引所の次に古い証券取引所です。

ニューヨーク証券取引所は上場審査が世界で最も厳しい証券取引所として知られており、ゴールドマン・サックスやエクソン・モービル、コカ・コーラ、ウォルマート、JPモルガン・チェース、ジョンソン・エンド・ジョンソンなど世界的に有名な企業が名を連ねています。

ハイテク・IT関連企業が多く上場しているナスダック(NASDAQ)

ナスダック(NASDAQ)は、1971年に設立された新興企業向けの株式市場です。新興企業向けの株式市場としては世界最大規模で、アップルやアルファベット、アマゾン、ネットフリックスなど、人気企業が多数上場しています。

ナスダックは日本市場で例えるとマザーズやジャスダックのような位置づけで、大きく成長する可能性を秘めた企業の株が取引されています。

アメリカの代表的な株式指数

米国株指数の中で最も古いNYダウ

NYダウはアメリカの代表的な株式指数で、1896年からダウ・ジョーンズ社が算出しています。「ニューヨークダウ」と呼ばれることが多いですが、正式名称は「ダウ工業株30種平均」です。

NASDAQの全銘柄を対象に算出されるナスダック総合指数

ナスダック総合指数は、ベンチャー向け株式市場であるNASDAQに上場する全銘柄を対象とした時価総額加重平均型の指数です。1971年に始まった指数で、当時の値を100として算出しています。

勢いのある代表500銘柄から算出されるS&P500

S&P500は、ニューヨーク証券取引所やNASDAQなどに上場していて、流動性のある大型株から選ばれた500銘柄で構成されています。NYダウ同様、ダウ・ジョーンズ社が算出しています。日本市場のTOPIXと同じように、時価総額を指数化したものです。

0120-63-0727

よくある質問 Q&A

カテゴリーから探す

・米国標準時間採用時 月曜日午前7時00分~土曜日午前6時30分
・米国夏時間採用時 月曜日午前6時30分~土曜日午前5時30分

関連FAQ

店頭バイナリーオプション取引「LION BO」は、判定時刻の為替レートが、当社の設定した最大7本の権利行使価格から、お客様が選択された権利行使価格よりも、上昇するか下降するかを予想するヨーロピアンタイプのラダーバイナリーオプション取引です。最大損失額は、オプションの取得対価の全額となります。取引単位は1ロット(1ロット当たりの価格は0~1,000円)、1回の取引あたりの最大取引単位は50ロットとなります。手数料は無料です。オプションの購入後において、取引をキャンセルすることはできません。購入したオプションを取引可能期間前に清算(売却)をすることはできます。但し、購入価格と清算価格にはスプレッドがあり、清算時に損失を被る可能性があります。「LION BO」は投資額に比べて大きな利益を得る可能性がある反面、投資元本の保証はなく、お客様にとって為替レートが不利な方向に変動することにより投資元本の全てを失う可能性のあるリスクが高い金融商品です。

当社の取扱う店頭CFD取引は、元本や利益を保証した金融商品ではなく、原資産の価格の変動や為替レートの変動等による損失発生の可能性があります。さらに、レバレッジ効果(想定元本と比較して少額の資金で大きな取引ができる仕組み)や金融市場、為替相場の変動等によって注文(ロスカット注文を含む)が約定しない場合等、元本を上回る損失発生の可能性があります。特に、流動性が低下している状況では、元本以上の損失発生の可能性が高くなります。また、株価指数、ETF(上場投資信託)、ETN(指標連動証券)を原資産とするCFD取引は、金利調整額(買建玉を保有している場合は支払い、売建玉を保有している場合は受取り)が発生しますが、金利調整額は、金利水準が各国の経済事情や政治情勢等様々な要因を反映するため変動するので、売建玉を保有している場合でも、マイナス金利となる際は、当社への支払いとなります。加えて、配当金・分配金の各権利確定日の取引終了時点で建玉を保有していた場合、これらの権利調整額が建玉に発生します。一般に権利調整額は買建玉を保有している場合は受取り、売建玉を保有している場合は支払います。一方、原資産となる株価指数自体が配当金を考慮している指数の場合等は、使用するリクィディティプロバイダーによっては、権利調整額は売建玉を保有している場合は受取り、買建玉を保有している場合は支払います。この他、商品先物を原資産とするCFD取引は、当社が定める日の未決済ポジションに対して当社が定めた価格調整額が発生します。原資産にコーポレートアクションが発生した場合は、当社は決済期日を定めた上で新規取引を停止する場合があります。建玉を決済期日までに決済されなかったときには、当該建玉は当社の任意で反対売買により決済されます。 取引におけるお客様のコストは、スプレッドとなります。スプレッドは、売りレートと買いレートの差のことで、通常は売りレートより買いレートの方が高くなります。また、流動性が低ければ、スプレッドが大きく広がる場合があります。個人のお客様の必要証拠金(取引において最低限必要である資金)は、原則、想定元本(基準値×1.1×取引数量×1Lotあたりの取引単位×円転換レート)× 株価指数CFDの場合10%・債券CFDの場合2%・その他有価証券CFDの場合20%以上の額となり、レバレッジは、想定元本÷必要証拠金で算出されますので、それぞれ最大10倍・50倍・5倍となります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる