FX初心者必見

高機能を超えた自動トレンドラインシステム

高機能を超えた自動トレンドラインシステム
私の使っているFXアプリで一番テクニカルが見やすいのはヒロセ通商(左)ですスマホでもラインが引ける➕RCIが3本表示出来て色や太さのカスタマイズが可能です
外為ドットはRCIは1本(中左)
みんFはラインが引き易いがRCIは1本(中右)
セン短に関してはラインが引けずRCIは1本 (左)? pic.twitter.com/1C7AHDqrqD — 五郎丸走 (@pXUPtq0P45k9GF4) June 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 3, 2019

高機能を超えた自動トレンドラインシステム

adx trend smoothed (alerts + arrows + mtf) adx trend smoothed (alerts + arrows + mtf)はADX系のインジケーターです。ラインがクロスしたときと一定のレベルを超えたときにアラートを鳴らすことが可能です。

!!Waddah Attar 高機能を超えた自動トレンドラインシステム averages Trend (arrows) jma !!Waddah Attar averages Trend (arrows) jmaは以前紹介した「waddah attar explosion averages nmc alerts 2_3」の改良版だと思われます。ただ、パラメーター的にはMACDにスムージングを付けた感じなので名称は似ていますが全くの別物かもしれません。

one more average ribbon (mtf +candles + arrows) one more average ribbon (mtf +candles + arrows)は二本の移動平均線のクロスでサインを出してくれるインジケーターです。いわゆるゴールデンクロスやデッドクロスのサインです。それをローソク足の色の変化や移動平均線の間を塗りつぶすことで方向性をわかりやすくしたのが今回のインジケーターです。

Marco's Smashing Potatoes 3.0 Marco's Smashing Potatoes 3.高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 0はトレンドフォローシステムです。シンプルで見やすいシステムだと思います。テンプレート付きです。このシステムの開発者さんは2015年からトレードをはじめて今の形に落ち着いたそうです。

FiBB - (mtf + fill) FiBB - (mtf + fill)はフィボナッチボリンジャーバンドにMTFがついたものです。さらに一番外側のエリアを塗りつぶすことができます。アラートはありませんがフィルターとして使えると思います。

Trend direction & force index - smoothed (mtf + alerts + arrows) Trend direction & force index - smoothed (mtf + alerts + arrows)は、相場の勢いが出たときにサインを出してくれるインジケーターです。

Braid - Filter candles & advanced adx 「Braid - Filter candles」と「advanced adx」という二つのインジケーターを取り上げてみました。どちらもフィルター用のインジケーターなのでアラート機能などはありません。

Elliot oscillator - waves 1.03 (mtf + divergence) Elliot oscillator - waves 1.03 (mtf + divergence)は以前紹介したElliot oscillator - waves 1.03 (mtf)にダイバージェンスがプラスされたものです。前回の記事はこちらです。 エリオット波動がオシレーターに!?MTFとアラートがついたトレンド相場に強そうなインジケーター Elliot 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム oscillator - waves 1.03 - 【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ 今回は追加されたダイバージェンスにつ…

!Smoothed repulse (arrows + alerts) !Smoothed repulse (arrows + alerts)はデフォルトでは上のチャートのように上下のバンドを超えたらアラートが鳴る設定になっています。他にも二つあり、そちらもチラっと紹介します。

rsi - smoothed - mtf + alerts + lines rsi - smoothed - mtf + alerts + linesはRSIの値が一定のラインを超えると色が変化しアラートを鳴らしてくれるというインジケーターです。

Inverse fisher stoch of hull (alerts) Inverse fisher stoch of hull (alerts)はハル移動平均線とストキャスを組み合わせたオシレーターのインジケーターです。おそらく。詳しくはわかりませんが見た目的に売買方向がわかりやすいインジケーターです。

Mano Rounder Mano Rounderはラウンドナンバーを自動で表示してくれるインジケーターです。表示するだけでなくラウンドナンバーに到達するとアラートを鳴らしてくれます。

T3 vhf adaptive - Itrend (mtf + arrows + alerts + multisymbol) T3 vhf adaptive - Itrend (mtf + arrows + alerts + multisymbol)は以前紹介した「Itrend averages」というインジケーターにMTFと矢印とアラートとマルチシンボルが追加されたインジケーターです。以前の記事はこちらになります。 トレンドの発生と方向を教えてくれるADXVMAの見方やアラート機能を無理やりつける方法 - 【FOREX】海外MT4インジケーターFXブログ このインジケーターの見方などは以前の…

Volatility quality Stridsman averages (mtf + alerts + arrows) Volatility quality Stridsman averages (mtf + alerts + arrows)とそれをヒストグラムにしたインジケーターの紹介です。VQのようですが、通常のVQとは少し異なるようです。

Itrend averages Itrend averagesはADXVMAを色分けして見やすくしたインジケーターです。アラートはないのですが、欲しい場合のアイディアも用意しました。

Damiani Volatmeter v3.2 histo alerts Damiani Volatmeter v3.2 histo alertsIはボラティリティの高さを測るためのオシレーターです。それをわかりやすく表現するためにヒストグラムにしたのが今回のインジケーターです。

Super Passband Filter (mtf + arrows + alerts) Super Passband Filter (mtf 高機能を超えた自動トレンドラインシステム + arrows + alerts)は、サブチャートに表示されているバンドを超えると買われ過ぎ、売られ過ぎ、という見方をします。そしてバンドを超えて戻ってきたときにサインが点灯し、アラートが鳴るという仕組みなっています。

stochastic of rsi(oma) (mtf + 高機能を超えた自動トレンドラインシステム alerts) stochastic of rsi(oma) (mtf + alerts)は買われ過ぎ、売られ過ぎのゾーンに入ったときにもう少し伸びることを想定してスキャルをするために作られたインジケーターのようです。

SuperTrend nrp new 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム format (mtf + arrows + alerts + candles) SuperTrend nrp 高機能を超えた自動トレンドラインシステム new format (mtf + arrows + alerts + candles)は、MTFやアラートがあり、さらにチャートに表示した際はトレンドをわかりやすく表示してくれます。

LightningChart .高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム NET

WPF、Windows Forms および UWP 向けに高精度なデータ視覚化を瞬時に実現する Visual Studio 用のチャート コンポーネント

LightningChart .NET v.10.3 の新機能

LightningChart .NET の最新バージョン v.10.3 では、ライン シリーズ 高機能を超えた自動トレンドラインシステム タイプを改善、ビジュアルを改善する新しいテーマ、StockSeries & TradingChart の変更など盛り込まれております。

幅広い専門分野に対応する .NET チャート生成を支援

LightningChart .NET は、幅広い 2D グラフ、高度な 3D グラフ、ポーラー チャート、スミス チャート、3D 円グラフ/ドーナツ グラフ、地勢図および GIS チャートなど 170 以上の豊富な機能を持つインタラクティブなチャートが含まれており、科学、エンジニアリング、医学、航空宇宙科学、トレーディングを含む幅広い専門分野向けに提供します。

高機能を超えた自動トレンドラインシステム

卓越したパフォーマンスに加え、さまざまな業界の .NET 開発者向けに完全にカスタマイズ可能なツールと柔軟性を提供します。

こちらの日本語字幕付き動画では、LightningChart .NET について紹介しています。

LightningChart .NET の特長

  • ちらつきや遅れのないリアルタイムの監視
  • マシン リソースの効率的な活用と高解像度のデータセット
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • 古いハードウェア上でのデータ レンダリングもサポート
  • マウスによる完全なインタラクション、タッチ スクリーンのサポート、カスタマイズにより拡張可能なマウスのインタラクティブな操作
  • 数値、時間、日時、対数、地理座標系 (GCS) およびカスタム軸目盛のサポート

高度なレンダリング技術

  • DirectX 11 および DirectX 9 のサポート
  • グラフィック ハードウェアのないシステムや仮想マシン向けの WARP によるソフトウェアの自動レンダリング
  • 選択可能なフォントの品質
  • HiDPI スケールのサポート
  • 32 ビットおよび 64 ビット版の両方で実行可能

チャート機能の詳細

LightningChart .NET に含まれるチャートの一覧は、こちらからご確認ください。

  • ブロンズ パッケージ
  • シルバー パッケージ
  • ゴールド パッケージ
  • プラチナ パッケージ

ブロンズ パッケージには、XY グラフTrader チャートが含まれます。

XY グラフ

業界トップのレンダリング パフォーマンスを備えた最も信頼性の高い 2D 高機能を超えた自動トレンドラインシステム デカルト チャートです。最適化されたさまざまなグラフ系列、共有 X 軸、組み込まれたリアルタイム スクロール モード、そして業界をリードする構成オプションの使用により、複雑で巨大なデータセットを視覚化します。

  • 系列の種類: サンプリングされたデータ (離散信号)、折れ線グラフ、散布図、自由形式の折れ線グラフや点グラフ、ポリゴン グラフ、株価チャート (OHLC、ローソク足)、棒グラフ、帯グラフ、定数グラフ、強度グリッド、強度メッシュ
  • リアルタイムでのスクロール モードのモニタリング: スクロール、スイープ、ステップ実行、オシロスコープの スタイル レベルのトリガー
  • 等高線、ワイヤーフレーム、等高線ラベル付きヒートマップ
  • ポリゴン内部の強度系列をレンダリングするためのステンシルや地図領域
  • 注釈、マーカー、データ カーソル
  • 永続的なレンダリング レイヤー、複数の凡例、および X 軸目盛のブレーク
  • 同じグラフ内におけるいくつかの凡例ボックス
  • 線形軸と対数軸、X 軸のスケール ブレーク
  • グラフにおけるいくつかの構成可能な垂直のセグメント (Layered/断層、Stacked/積み重ね)
  • ズームおよびパン操作を制御するための多数のプロパティ

※ 組み込みのスイープモードは、LightningChart .NET 独自の機能になります。

Trader チャート

  • Web サーバーからのデータのフェッチ、コードによるデータの提供、CSV ファイルからのデータの読み取り
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • 名前または記号による株式の検索
  • いくつかのカラーテーマ
  • グラフの種類の選択: マウンテン チャート、折れ線グラフ、ローソク足チャート、棒グラフ
  • SMA、EMA、WMA、ボリンジャー バンド、RSI、MACD などのテクニカル指標
  • トレンドライン、線形回帰チャネル、フィボナッチ リトレースメント、フィボナッチ 高機能を超えた自動トレンドラインシステム アーク、フィボナッチ ファン、自由形式の注釈などの描画ツール
  • チャートセグメントの管理とサイズ変更

LightningChart .NET v.9.0 より新しく追加された Trader ライブラリの詳細は、LightningChart .NET 高機能を超えた自動トレンドラインシステム v.9.0 の新機能紹介ページをご参照ください。

Trader ライブラリは、高速で堅牢な LightningChart .NET API 上に構築されており、有効なサブスクリプションをお持ちのお客様は、Trader ライブラリのソースコードを無料で利用できます。

※ LightningChart .NET API のソースコード自体は、ゴールドまたはプラチナ パッケージをお持ちのお客様に限り、有料オプションとして追加でご購入いただけます。

シルバー パッケージには、ブロンズ パッケージのチャートに加え、3D チャートが含まれます。

XY グラフ

業界トップのレンダリング パフォーマンスを備えた最も信頼性の高い 2D デカルト チャートです。最適化されたさまざまなグラフ系列、共有 X 軸、組み込まれたリアルタイム スクロール モード、そして業界をリードする構成オプションの使用により、複雑で巨大なデータセットを視覚化します。

  • 系列の種類: サンプリングされたデータ (離散信号)高機能を超えた自動トレンドラインシステム 、折れ線グラフ、散布図、自由形式の折れ線グラフや点グラフ、ポリゴン グラフ、株価チャート (OHLC、ローソク足)、棒グラフ、帯グラフ、定数グラフ、強度グリッド、強度メッシュ
  • リアルタイムでのスクロール モードのモニタリング: スクロール、スイープ、ステップ実行、オシロスコープの スタイル レベルのトリガー
  • 等高線、ワイヤーフレーム、等高線ラベル付きヒートマップ
  • ポリゴン内部の強度系列をレンダリングするためのステンシルや地図領域
  • 注釈、マーカー、データ カーソル
  • 永続的なレンダリング レイヤー、複数の凡例、および X 軸目盛のブレーク
  • 同じグラフ内におけるいくつかの凡例ボックス
  • 線形軸と対数軸、X 軸のスケール ブレーク
  • グラフにおけるいくつかの構成可能な垂直のセグメント (Layered/断層、Stacked/積み重ね)
  • ズームおよびパン操作を制御するための多数のプロパティ

※ 組み込みのスイープモードは、LightningChart .NET 独自の機能になります。

Trader チャート

  • Web サーバーからのデータのフェッチ、コードによるデータの提供、CSV ファイルからのデータの読み取り
  • 名前または記号による株式の検索
  • いくつかのカラーテーマ
  • グラフの種類の選択: マウンテン チャート、折れ線グラフ、ローソク足チャート、棒グラフ
  • SMA、EMA、WMA、ボリンジャー バンド、RSI、MACD などのテクニカル指標
  • トレンドライン、線形回帰チャネル、フィボナッチ リトレースメント、フィボナッチ アーク、フィボナッチ ファン、自由形式の注釈などの描画ツール
  • チャートセグメントの管理とサイズ変更

LightningChart .NET v.9.0 より新しく追加された Trader ライブラリの詳細は、LightningChart .高機能を超えた自動トレンドラインシステム NET v.9.0 の新機能紹介ページをご参照ください。

Trader ライブラリは、高速で堅牢な LightningChart .NET API 上に構築されており、有効なサブスクリプションをお持ちのお客様は、Trader ライブラリのソースコードを無料で利用できます。

※ LightningChart .NET API のソースコード自体は、ゴールドまたはプラチナ パッケージをお持ちのお客様に限り、有料オプションとして追加でご購入いただけます。

3D チャート

3D XYZ デカルト チャート ビューでデータを視覚化して、データから有益な情報を引き出します。

  • 系列の種類: サーフェス メッシュ、サーフェス グリッド、滝グラフ、ポリゴン グラフ、矩形チャート、メッシュ モデル、点グラフ、折れ線グラフ、散布図、棒グラフ、円グラフ
  • 複数の光源による 3D シーンを設定
  • .obj で 3D モデルをインポート
  • 利用可能なメモリに応じた 4096 x 4096 を超える巨大なサーフェス サイズ
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • 円グラフとドーナツ グラフを 3D で視覚化する View3D
  • 線形軸と対数軸

ゴールド パッケージには、シルバー パッケージのチャートに加え、ポーラー チャートスミス チャート、またアドオン機能として地図機能シグナル ツール機能が含まれます。

XY グラフ

業界トップのレンダリング パフォーマンスを備えた最も信頼性の高い 2D デカルト チャートです。最適化されたさまざまなグラフ系列、共有 X 軸、組み込まれたリアルタイム スクロール モード、そして業界をリードする構成オプションの使用により、複雑で巨大なデータセットを視覚化します。

  • 系列の種類: サンプリングされたデータ (離散信号)、折れ線グラフ、散布図、自由形式の折れ線グラフや点グラフ、ポリゴン グラフ、株価チャート (OHLC、ローソク足)、棒グラフ、帯グラフ、定数グラフ、強度グリッド、強度メッシュ
  • リアルタイムでのスクロール モードのモニタリング: スクロール、スイープ、ステップ実行、オシロスコープの スタイル レベルのトリガー
  • 等高線、ワイヤーフレーム、等高線ラベル付きヒートマップ
  • ポリゴン内部の強度系列をレンダリングするためのステンシルや地図領域
  • 注釈、マーカー、データ カーソル
  • 永続的なレンダリング レイヤー、複数の凡例、および X 軸目盛のブレーク
  • 同じグラフ内におけるいくつかの凡例ボックス
  • 線形軸と対数軸、X 軸のスケール ブレーク
  • グラフにおけるいくつかの構成可能な垂直のセグメント (Layered/断層、Stacked/積み重ね)
  • ズームおよびパン操作を制御するための多数のプロパティ

※ 組み込みのスイープモードは、LightningChart .NET 独自の機能になります。

Trader チャート

  • Web サーバーからのデータのフェッチ、コードによるデータの提供、CSV ファイルからのデータの読み取り
  • 名前または記号による株式の検索
  • いくつかのカラーテーマ
  • グラフの種類の選択: マウンテン チャート、折れ線グラフ、ローソク足チャート、棒グラフ
  • SMA、EMA、WMA、ボリンジャー バンド、RSI、MACD などのテクニカル指標
  • トレンドライン、線形回帰チャネル、フィボナッチ リトレースメント、フィボナッチ アーク、フィボナッチ ファン、自由形式の注釈などの描画ツール
  • チャートセグメントの管理とサイズ変更

LightningChart .NET v.9.0 より新しく追加された Trader ライブラリの詳細は、LightningChart .NET v.9.0 の新機能紹介ページをご参照ください。

Trader ライブラリは、高速で堅牢な LightningChart .NET API 上に構築されており、有効なサブスクリプションをお持ちのお客様は、Trader ライブラリのソースコードを無料で利用できます。

※ LightningChart .NET API のソースコード自体は、ゴールドまたはプラチナ パッケージをお持ちのお客様に限り、有料オプションとして追加でご購入いただけます。

3D チャート

3D XYZ デカルト チャート ビューでデータを視覚化して、データから有益な情報を引き出します。

  • 系列の種類: サーフェス メッシュ、サーフェス グリッド、滝グラフ、ポリゴン グラフ、矩形チャート、メッシュ モデル、点グラフ、折れ線グラフ、散布図、棒グラフ、円グラフ
  • 複数の光源による 3D シーンを設定
  • .obj で 3D モデルをインポート
  • 利用可能なメモリに応じた 4096 x 4096 を超える巨大なサーフェス サイズ
  • 円グラフとドーナツ グラフを 3D で視覚化する View3D
  • 線形軸と対数軸

地図機能

地図機能では、ベクター マップまたはオンライン地図タイルを使用して、地理データを視覚化できます。地図は ViewXY で視覚化され、同じ地図上でルート、ヒートマップ、または矢印を組み合わせることができます。地図機能は、正距円筒図法を使用します。

  • オンライン地図タイル: ストリート マップおよび衛星画像のサポート
  • 豊富な種類の地図: 世界、大陸、および特定の地域
  • 複数のレイヤ―: 土地、湖、川、道路、都市など
  • ESRI のシェープ ファイルのデータから地図をインポート
  • 視覚化において他の XY 系列と組み合わせ
  • 選択可能な地理座標形式で表示される軸スケール

スミス チャート

  • 絶対尺度と正規目盛
  • 静的距離とズーム適応のティックおよびグリッド: 表示を乱すことなく値をよりよく理解するため、ズームの際に目盛りとグリッドを自動生成できます。
  • 全領域またはデータのみの自動ズーム
  • 既製のマウス操作によるズームとパン
  • 近くにズームインした場合でも常に表示される目盛りの値
  • グラフ領域へのデータとグリッドのクリップ: グラフの外側にもデータを表示できます。

ポーラー チャート

ViewPolar では、極座標形式でデータを視覚化できます。データ ポイントの位置は、角度値と振幅によって決まります。ポーラー ビューには、多目的なズームおよびパン機能もあります。

  • 系列の種類: 折れ線グラフ、散布図、点グラフ、面グラフ
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • 振幅、角度、またはデータ ポイント値ごとの線の色付け
  • 固有の回転角度を持つチャートごとのいくつかの極軸
  • マーカー
  • セクター

シグナル ツール機能

プラチナ パッケージには、ゴールド パッケージのチャートと機能に加え、ボリューム レンダリング機能が含まれます。

XY グラフ

業界トップのレンダリング パフォーマンスを備えた最も信頼性の高い 2D デカルト チャートです。最適化されたさまざまなグラフ系列、共有 X 軸、組み込まれたリアルタイム スクロール モード、そして業界をリードする構成オプションの使用により、複雑で巨大なデータセットを視覚化します。

  • 系列の種類: サンプリングされたデータ (離散信号)、折れ線グラフ、散布図、自由形式の折れ線グラフや点グラフ、ポリゴン グラフ、株価チャート (OHLC、ローソク足)、棒グラフ、帯グラフ、定数グラフ、強度グリッド、強度メッシュ
  • リアルタイムでのスクロール モードのモニタリング: スクロール、スイープ、ステップ実行、オシロスコープの スタイル レベルのトリガー
  • 等高線、ワイヤーフレーム、等高線ラベル付きヒートマップ
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • ポリゴン内部の強度系列をレンダリングするためのステンシルや地図領域
  • 注釈、マーカー、データ カーソル
  • 永続的なレンダリング レイヤー、複数の凡例、および X 軸目盛のブレーク
  • 同じグラフ内におけるいくつかの凡例ボックス
  • 線形軸と対数軸、X 軸のスケール ブレーク
  • グラフにおけるいくつかの構成可能な垂直のセグメント (Layered/断層、Stacked/積み重ね)
  • ズームおよびパン操作を制御するための多数のプロパティ

※ 組み込みのスイープモードは、LightningChart .NET 独自の機能になります。

Trader チャート

  • Web サーバーからのデータのフェッチ、コードによるデータの提供、CSV 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム ファイルからのデータの読み取り
  • 名前または記号による株式の検索
  • いくつかのカラーテーマ
  • グラフの種類の選択: マウンテン チャート、折れ線グラフ、ローソク足チャート、棒グラフ
  • SMA、EMA、WMA、ボリンジャー バンド、RSI、MACD などのテクニカル指標
  • トレンドライン、線形回帰チャネル、フィボナッチ 高機能を超えた自動トレンドラインシステム リトレースメント、フィボナッチ アーク、フィボナッチ ファン、自由形式の注釈などの描画ツール
  • チャートセグメントの管理とサイズ変更

LightningChart .NET v.9.0 より新しく追加された Trader ライブラリの詳細は、LightningChart .NET v.9.0 の新機能紹介ページをご参照ください。

Trader ライブラリは、高速で堅牢な LightningChart .NET API 上に構築されており、有効なサブスクリプションをお持ちのお客様は、Trader 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム ライブラリのソースコードを無料で利用できます。

※ LightningChart .NET API のソースコード自体は、ゴールドまたはプラチナ パッケージをお持ちのお客様に限り、有料オプションとして追加でご購入いただけます。

3D チャート

3D XYZ デカルト チャート ビューでデータを視覚化して、データから有益な情報を引き出します。

  • 系列の種類: サーフェス メッシュ、サーフェス グリッド、滝グラフ、ポリゴン グラフ、矩形チャート、メッシュ モデル、点グラフ、折れ線グラフ、散布図、棒グラフ、円グラフ
  • 複数の光源による 3D シーンを設定
  • .obj で 3D モデルをインポート
  • 利用可能なメモリに応じた 4096 x 4096 を超える巨大なサーフェス サイズ
  • 円グラフとドーナツ グラフを 3D で視覚化する View3D
  • 線形軸と対数軸

地図機能

地図機能では、ベクター マップまたはオンライン地図タイルを使用して、地理データを視覚化できます。地図は ViewXY で視覚化され、同じ地図上でルート、ヒートマップ、または矢印を組み合わせることができます。地図機能は、正距円筒図法を使用します。

  • オンライン地図タイル: ストリート マップおよび衛星画像のサポート
  • 豊富な種類の地図: 世界、大陸、および特定の地域
  • 複数のレイヤ―: 土地、湖、川、道路、都市など
  • ESRI のシェープ ファイルのデータから地図をインポート
  • 視覚化において他の XY 系列と組み合わせ
  • 選択可能な地理座標形式で表示される軸スケール

スミス チャート

  • 絶対尺度と正規目盛
  • 静的距離とズーム適応のティックおよびグリッド: 表示を乱すことなく値をよりよく理解するため、ズームの際に目盛りとグリッドを自動生成できます。
  • 全領域またはデータのみの自動ズーム
  • 既製のマウス操作によるズームとパン
  • 近くにズームインした場合でも常に表示される目盛りの値
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • グラフ領域へのデータとグリッドのクリップ: グラフの外側にもデータを表示できます。

ポーラー チャート

ViewPolar では、極座標形式でデータを視覚化できます。データ ポイントの位置は、角度値と振幅によって決まります。ポーラー ビューには、多目的なズームおよびパン機能もあります。

  • 系列の種類: 折れ線グラフ、散布図、点グラフ、面グラフ
  • 振幅、角度、またはデータ ポイント値ごとの線の色付け
  • 固有の回転角度を持つチャートごとのいくつかの極軸
  • 高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • マーカー
  • セクター

ボリューム レンダリング機能

体積情報は、高度な癌の検出、動脈瘤の視覚化、治療計画医学などにおいて、重要な役割を果たします。また、コンピューター断層撮影や超音波による非破壊検査にも使用されます。さらに、巨大な 3 次元データセットが地震探査によって生成され、ボリューム レンダリング エンジンによって視覚化することもできます。

FXトレンドラインの正しい引き方って?稼げるサインの見極め方4つ

トレンドラインについて徹底解説

利益をだすポイントを見極められる

相場の方向性は、トレンドラインを使うとひと目でわかるようになります。

「三角持ち合い」については、下記の記事で詳しく解説しています。

FXの三角持ち合いを知っていれば勝率を上げれる?上手に使うコツ5つ!

・トレンドラインはどの時間足にも有効?

5分足や15分足よりも、4時間足や日足のように 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 「時間足が長いものほど」主要なトレンドが表示 できます。

なぜなら、短期足はその場の値動きにより上下しますが、日足などは1本のローソク足を形成する時間が長いため、はっきりとトレンドを見極められるからです。

そのラインを見ている投資家が多いほどトレンドラインとして機能するので、時間足が長いほうが確実性の高い判断材料になります。

FXトレンドラインの引き方

トレンドラインの引き方

どの地点を結んで線を引くのがもっとも有効で利益につながるかは、その精度を上げるために 練習を重ねて経験 を積む必要があるのです。

「トレンド系インジケーター」に関しては下記の記事で詳しく解説していますよ。

FX最強なインジケーターはこれ!勝率を上げるための活用法5つ

・【前提】トレンドラインを引くときはヒゲも入れよう

ヒゲは、そのローソク足の 高値と安値 をあらわしています。

・上昇トレンドの場合

上昇トレンドの場合

サポートライン

そのため、 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 押し目買いのポイント にされる場合が多くなります。

・下降トレンドの場合

下降トレンドの場合

レジスタンスライン

そのため、 戻り売りのポイント にされる場合が多くなります。

トレンドラインを使ったトレード手法2選

1.押し目買い

押し目買いは、 上昇トレンドで一時的にチャートが下がった時に買いを入れる ことです。

トレンドライン近くで反転するのが押し目なので、それを見つけたら、価格の動きをしっかり注目しといてください。

2.戻し売り

戻し売りとは押し目買いの逆で、 下降トレンドで一時的にチャートが上がった時に売り入れる ことです。

トレンドライン近くで反落するを確認できたら、売りでエントリーしてくださいね。

FXトレンドラインのブレイクを見極めよう

トレンドラインのブレイクの見極め

FXで値動きが下降から上昇、または上昇から下降へと転換するときには、必ずレジスタンスラインあるいはサポートラインを突破する動きがあります。

突破することを『ブレイク』と言いますが、このブレイクが起こると 利益獲得やロスカットの判断材料 高機能を超えた自動トレンドラインシステム になります。

「水平線の引き方やコツ」については、下記の記事で詳しく解説していますよ!

FXで意識される水平線の引き方とは?コツや注意点も紹介

複数のトレンドラインでFXの状況判断ができる!

複数のラインでより正確な判断をしよう

1本だけできれいに機能しているラインもありますが、複数本にすることで、1本のトレンドラインだけでは気づかない「 相場のサイン 」を把握できるようになります。

・トレンド終了のサイン

トレンド終了のサイン

複数のトレンドラインを同じ起点から引いた場合、 最新のトレンドラインの角度が緩やか になってきていると、トレンド終了のサインになります。

・トレンド継続のサイン

トレンド継続のサイン

トレンドラインが引きやすいFX会社は ヒロセ通商

ヒロセ通商

ヒロセ通商のトレンドラインは、アプリでもPC版でも引きやすいと評判が高いですよ。

私の使っているFXアプリで一番テクニカルが見やすいのはヒロセ通商(左)ですスマホでもラインが引ける➕RCIが3本表示出来て色や太さのカスタマイズが可能です
外為ドットはRCIは1本(中左)
みんFはラインが引き易いがRCIは1本(中右)
セン短に関してはラインが引けずRCIは1本 (左)? pic.twitter.com/1C7AHDqrqD

— 五郎丸走 (@pXUPtq0P45k9GF4) June 3, 2019

テクニカルツールはPCで36種類と豊富なため、トレンドライン以外で分析をするのにも適しています。

FXでトレンドラインを使う注意点4つ

トレンドラインを使う際の注意点

1:トレンドラインの引き直しが必要

トレンドラインの注意点1

前提として、レンジ(揉み合い)が7割、 トレンド(上昇か下落)が3割 ほどです。

2:反発ポイントでは取引しない

トレンドラインの注意点2

価格がいつトレンドラインを突破するかの見極めはとても大切ですが、 ブレイクしたらすぐにエントリーするのは危険 です。

3:自分が引いたトレンドラインを過信しない

世界各国のトレーダーが使っているチャートシステムはさまざまで、 チャートに多少の誤差 が生じます

4:トレンドラインを自動ソフト任せにしない

自分でラインを引く練習を重ねると分析のスキルが身につき、 相場観が養われて、今後の動きを正しく予測可能 になります。

FXでトレンドラインを利用して利益上昇を目指そう!

トレンドを見極めるスキルを身につけよう

上記で紹介した「ラインの結び方とブレイクの見分け方」を使えば、トレンドラインをみることができ、FX取引で利益を狙え、また 相場の状況を判断できる ようになります。

無料で自動トレンドラインを表示するインジケーター「GhaniFx_Auto Trend Lines」

3点ライン太さ変更

ラインの太さは、パラメーター設定で変更することが可能です↓

3点ライン

初期値は2ですが、10に変更すると下記のようになります↓

GhaniFx_Auto Trend Linesのチャート

その他にはGhaniFx_Auto Trend Linesは、短期と長期のトレンドラインを表示することができます。


トレンドラインの特徴としてはローソク足と同じように 短期よりも長期の方が、そして接点が多いほど多くのトレーダーが意識していおり信頼性が高い 傾向にあります。私の場合は、日足チャートで確認する程度ですがスキャルピングなどで使用する方は、短期のラインよりも長期のラインを意識するといいかと思います。

ボリバンとトレンドラインの重複

トレンドラインとは別のインジケーターを使用すると精度が上がります。
たとえば ボリンジャーバンドの±2σとトレンドラインが重なったところ 高機能を超えた自動トレンドラインシステム だと、サポートなったりレジスタントとして機能しやすくなります。

トレンドラインの引き方とおすすめトレード手法

FXフレンズの森田です。 今回はトレンドラインの引き方と、トレンドラインを使ったおすすめトレード手法についてご紹介します。 トレンドラインを意識しているトレーダーは多いので、トレンド中の押し目や、トレンド転換になる.

GhaniFx_Auto Trend Linesの最大の欠点

無料で的確なトレンドラインを引いてくれる「GhaniFx_Auto Trend Lines」ですが、 最大の欠点としてラインブレイクやタッチをしてもアラーム設定がない ことです!

トレンドラインや水平線タッチでアラートが鳴るインジケーター「マジカルタッチ」の使い方

このマジカルタッチは自動ではトレンドラインは引けませんが、手動や気になる位置にラインを引くことが可能で ラインにタッチすればアラームやメール通知機能があります。
そのため「GhaniFx_Auto Trend Lines」と描画したラインの上に同じラインを引くことによって、「GhaniFx_Auto Trend Lines」の欠点を補うことが可能です。

◆高勝率15分足専用サイン「F15-easy」◆

◆15分足専用サイン「F15-friends」◆

こちらも 億トレ監修・大手プロップディーラーの手法をロジック化し 、シンプルながらも高勝率で1日200pipsを獲得した日も珍しくありません。

◆30分足専用サイン「F30-hybrid」◆

アラート機能も付いているので、チャートに張り付かなくてもトレード可能です。
トレード回数は少ないですが、少し長めの時間足で30~50pipsを狙う手法です。
大きなトレンドが発生すれば100pips以上獲れることがあります。

ディジタルパワーメーター WT300E

Featured product image

地球環境保護を背景として、再生可能エネルギーの活用ならびに電気エネルギーの有効利用に関する技術開発が盛んに行われています。 太陽光・風力等のエネルギー活用は年々広がりを見せており、産業分野、民生分野においては、モーターのさらなる高効率化や、機器の動作時ならびに待機時消費電力の一層の削減などへ向けた取り組みが推し進められています。 このような市場の動きに伴って電力測定に対する要求も多様化が進み、交流から直流まで、刻々と変動する電力を高い精度で測定、解析する能力が求められています。

【WT310E/WT310EH】
WT210と比べて、エネルギー、CO 2 、NOx、SOxを、それぞれ20%、18%、22%、11%削減

【WT332E/WT333E】
WT230と比べて、エネルギー、CO 2 、NOx、SOxを、それぞれ41%、38%、43%、30%削減
ライフサイクルアセスメント結果

実績

信頼性

ハイパフォーマンス

主な特長

    高機能を超えた自動トレンドラインシステム
  • 電力基本確度の向上:±0.15%
  • 測定帯域の拡大:DC、0.1Hz~100kHz
  • 通信機能の充実:Modbus/TCP通信対応
  • 最大表示範囲の拡大(280%、CF=6A)
  • 入力周波数に追従した自動データ更新対応

WT300Eシリーズのラインナップ

WT300Eシリーズのラインナップ

同クラストップレベルの電力基本確度

コンパクト電力計でトップレベルとなる電力基本確度±0.15%(50/60Hz)を全てのレンジで実現。幅広い入力に対して高確度な測定が可能です。同時に、低力率時の電力測定確度も、0.1% of 高機能を超えた自動トレンドラインシステム 高機能を超えた自動トレンドラインシステム S(皮相電力)と従来機種の2倍に向上しています。

入力信号の変化に追従したデータ更新機能

入力信号の変化に追従したデータ更新機能

PLCやレコーダとの接続

Modbus/TCP通信機能*¹やレコーダGM、GP*²の専用 通信機能により、簡単に高確度なデータ収集ができます*³。
ソフトウェアGA10*²でのデータ収集も可能です。また、生産現場で使用されるPLC FA-M3V*²もイーサネットのVXI-11プロトコルにより、容易に通信接続できます。

PLCやレコーダとの接続

一方、各測定値を±5Vのアナログ電圧に変換して出力することも可能* 4 。お手持ちのデータロガーやレコーダへの接続も容易です。さらに、あらかじめ設定した判定値と測定値を比較し、その判定結果を外部に電圧信号として出力するコンパレータ機能* 5 も用意しています。

*1 Modbus/TCP通信には、/C7イーサネットオプションが必要です。
*2 GP、GM、GA10、FA-M3Vは横河電機株式会社の製品です。
*3 レコーダ(GP、GM)との接続には/E2および/MCオプションが必要です。
*4 WT310E/WT310EH(/DA4) は4ch、WT332E/WT333E(/DA12)は12chのオプション装着が可能です。
*5 リレー接点出力を使用する場合は、リレーおよびリレー駆動回路が必要になります。

最大表示とオートレンジ範囲の拡大

CF = 6の定格レンジの最大表示は140%まででしたが、新機能CF = 6Aの設定により、定格レンジの最大表示280%まで拡大しました。このことで、オートレンジの場合はレンジアップのレベルが拡大し、頻繁なレンジ変更動作が低減されます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる