FX動画

レバレッジのリスクを解説

レバレッジのリスクを解説

FXの「レバレッジ取引」…リスクを低減させるポイント、9つ【プロFXトレーダーが解説】

レバレッジは、証拠金の何倍もの金額で取引ができる仕組みです。国内FX会社であれば、証拠金の最大25倍の金額で取引ができます。たとえば、20万円の証拠金で100万円の取引をすることもできます。 レバレッジをかければ、取引金額を増やせるので短時間で多くの利益を狙えます。証拠金の10倍や20倍の金額で取引することも可能です。また、取引金額が増えることで、獲得できるスワップポイントも多くなるのがレバレッジのメリットです。 ここでは、レバレッジをかけるメリットについて詳しく確認していきましょう。 取引金額を増やせる レバレッジをかけるメリットは、証拠金の何倍もの金額で取引ができることです。たとえば、国内FX会社であれば最大25倍のレバレッジ取引ができます。5万円の証拠金で50万円や100万円の取引が可能です。50万円で1,000万円の取引もできます。 「投資資金が少ない。もっと取引金額が大きければ…」と思っている方も、レバレッジを活用すれば大きな金額で取引ができます。 株式投資の信用取引はレバレッジが約3倍、仮想通貨の国内取引所はレバレッジが最大2倍など、他の投資と比べてFXのレバレッジは倍率が高めです。証拠金の最大25倍まで取引金額を増やせるのは、FXのレバレッジをかけるメリットです。 短時間で多くの利益を狙える 短時間で多くの利益を狙えるのも、レバレッジをかけるメリットです。レバレッジをかけると取引金額が大きくなるため、値動きが小さくても多くの利益を稼げます。 たとえば、米ドル/円の取引で、1ドル=115.000円の時に1,レバレッジのリスクを解説 000通貨(115,000円分)買い、1ドル=115.400円の時に売れば利益は400円です。 もし、レバレッジ取引で1ドル115.000円の時に1万通貨(1,150,000円分)買っていれば、115.400円で売った時に4,000円の利益となります。2万通貨買っていれば、利益は8,000円です。 レバレッジを活用すれば小さい値動きでも多くの利益になるため、短時間で数千円~数万円以上稼ぐことも可能です。 スワップポイントが増える レバレッジをかけることで取引金額が大きくなり、スワップポイントも増えます。スワップポイントは、通貨ペアである2つの通貨の金利差調整分のことです。ポジションを翌日まで持ち越すと付与されます。 たとえば、2021年6月時点の政策金利は円が-0.1%で米ドルが0.25%です。円を売って米ドルを買うと「0.25%-(-0.1%)=0.26%」となり、0.26%のスワップポイントを受け取れます。 レバレッジによって取引量が増えるため、ポジションを翌日まで持ち越せば、多くのスワップポイントを稼ぐことが可能です。ただし、金利が低い通貨を買って金利差がマイナスになると、スワップポイントを支払わないといけなくなるので注意してください。

「レバレッジ」の意味を分かりやすく解説! レバレッジ取引のメリット・デメリット

(2022/5/24更新)

(2022/5/20更新)

シリーズ連載: アメリカ・ロサンゼルスで不動産投資 7年で1億円

(2022/5/27更新)

シリーズ連載: HOME'S PRESS編集部

(2022/5/17更新)

シリーズ連載: 2018/9/15+16 投資EXPO出展企業インタビュー

シリーズ連載: CPM®流「相続・不動産経営 実践術」 右手 康登のコンサル「みぎからひだりへ」

シリーズ連載: 悩める投資家への「目からウロコが落ちる」アドバイス 誌上チャレンジ面談

人気コラムキーワード

不動産投資用物件を検索する

注目のコラムランキング

  1. 不動産ブローカーとは?アメリカとの違いや実態を解説
  2. 20代の平均貯金額と中央値はいくら?|毎月手取りの10%を貯金するコツ
  3. 投資シミュレーション【一括投資 VS 積立投資】収益性が高いのはどっち?
  4. 「仲介手数料は0.5カ月分が上限」判決が与える賃貸オーナーへの影響は?
  5. 【徹底比較】不動産投資ローンに積極的な銀行・金利一覧とフルローンの現状

LIFULL HOME'S 不動産投資編集部の新着コラム

Pick UP パートナー企業

注目の不動産投資パートナー企業特集 賃貸経営の集客~出口戦略を徹底サポート!

一棟収益物件 売却査定サービス

不動産投資・収益物件を検索するなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】賃貸経営[マンション経営・アパート経営]をお考えなら、まずは掲載中の投資物件[投資用マンション・売りアパート・一棟売りマンション]を地域や価格帯、会社で検索して、価格や想定利回りで絞り込み!気になる投資物件を見つけたら物件の周辺情報を調べたり、収益シミュレーションを使って実際の運用をイメージ出来ます。不動産会社へはメールか電話でお問い合わせ・相談が可能です(無料)。不動産投資による資産運用をお考えなら【LIFULL HOME'S 不動産投資】

フルレバとは?フルレバレッジは危険?メリット3つも解説

結論から言うと、フルレバレッジとは、海外FX業者が上限として設定しているレバレッジ倍率のことです。
例えば、当社GEMFOREXのフルレバは1000倍(特定口座は5000倍)となります。
余談ですが、現在GEMFOREXでは新規口座開設で最低でも10,000円の証拠金がもらえるキャンペーンを実施中です。
この証拠金を使えばノーリスクで1000倍レバレッジでのFX取引を体験することができます(しかも利益は出金可能です。
キャンペーンは期間限定となっていますので、お早めに口座開設をお済ませください。

FXのフルレバ(フルレバレッジ)とは

フルレバレッジとは、海外FX業者が上限として設定しているレバレッジ倍率のことです。
海外FX業者の多くが500倍以上の高レバレッジを導入しています。

海外FX業者最大レバレッジ
GEMFOREX1000倍(5000倍)
XM888倍
LAND-FX500倍
Titan FX500倍
iFOREX400倍

フルレバロングとは

フルレバロングとは、フルレバレッジでロングすることを意味します。
たとえば、GEMFOREXでフルレバロングするということは、最大レバレッジの1000倍レバレッジを使って通貨を買い、買いポジションを保有している状態になります。

ロングしたまま通貨の価格が上がって利益が出て決済できたら「フルレバロングで勝った!」、通貨の価格が下がって損失が出て決済したら「フルレバロングで負けた!」という使い方をします。

フルレバショートとは

FXにおけるショートとは、「通貨を売る」または「売りポジションを持つ」ことです。

フルレバショートとは、フルレバレッジでショートすることを意味します。
たとえば、GENFOREXでフルレバショートするということは、最大レバレッジの1000倍レバレッジを使って通貨を売り、売りポジションを保有している状態になります。

ショートしたまま通貨の価格が下がって利益が出て決済できたら「フルレバショートで勝った!」、通貨の価格が上がって損失が出て決済したら「フルレバショートで負けた!」という使い方をします。

海外FXでのフルレバ(フルレバレッジ)は危険?

「フルレバレッジでのトレードは危険ではないの?」
最も気になる点は、トレードを行うときの安全性でしょう。

結論から申し上げますと、ある程度の損失を覚悟しているお客様にとっては安全であると言えます。
レバレッジ倍率が高いほどトレードできるポジションも大きくなり、為替変動の影響をダイレクトに受けやすくなります。

海外FX業者ではゼロカットシステムが採用されているため、追証が発生することはありません。
ただし、投入した資金が全額なくなる可能性はあります。

レバレッジとは

レバレッジが高ければ高いほど、少額の資金で取引が行えることが特徴です。
例えば、ある金融商品が1ロットあたりに必要な資金が10万円とします。
しかし、実際に10万円を預けて取引することは簡単ではありません。

1,000(自己資金)×100(レバレッジ)=100,レバレッジのリスクを解説 000

ハイレバ(ハイレバレッジ) とフルレバの違いは?

レバレッジの状態を形容するフレーズとして、ハイレバレッジがあります。
ハイレバ(ハイレバレッジ) とフルレバ(フルレバレッジ)では何が違うのでしょうか。

ハイレバレッジとは、一般的に100倍以上のレバレッジを表しています。
一方、フルレバレッジはFX業者が設定している最大の倍率でのトレードを意味しています。

フルレバで海外FXトレードするメリット3つ

①1万円でスタートできる?少ない資金でのトレードが可能

FXトレードの際は、元手として証拠金を用意しておく必要があります。
フルレバレッジであれば、少ない証拠金での取引が可能です。

単純に計算すると、レバレッジ1000倍なら必要な元手資金も1000分の1になります。
1万円の資金でレバレッジ1000倍の場合、1000万円ものトレードが可能です。
レバレッジを一切かけずにトレードをすると、自力で1000万円を用意しなくてはなりません。

フルレバレッジを用いることで、手持ちの資金よりもはるかに大きな金額を動かせるのです。

②大きなポジションを持つことが可能

  • レバレッジを設定しない場合
    保有可能ポジション:1万円÷100=100通貨(ドル)です。1円の変動で100円の利益が出ます。
  • レバレッジ1000倍の場合
    保有可能ポジションは、1万円×1000倍÷100=10万通貨です。1円の変動で10万円の利益が出ます。

損失も同時に大きくなりますが、ゼロカットシステムにより追証は出ないため、追加でお金を支払うリスクはありません。

③ロスカット対策になる

ロスカットとは、お客様の資産がFX業者の設定する証拠金維持率を下回った場合に、強制的にトレードを中断するものです。
結論からお伝えすると、ハイレバレッジはロスカット対策になると言えます。

証拠金維持率は「口座残高÷証拠金×100%」という計算式で求めます。
12万円の資金・1ドル100円・1000通貨のトレードで検証してみましょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる