ビットコイン攻略法

バイナリー オプション ローソク足

バイナリー オプション ローソク足
バイナリーオプション

バイナリーオプションで使える!ローソク足のヒゲ分析3つの視点を解説

必勝法

  • ローソク足の分析根拠がより高まる
  • 相場全体の圧力や方向性を理解できる

バイナリーオプションで、ローソク足という言葉を知っていても チャート分析にうまく使えていない 人が多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ローソク足の基本的な見方から、その本質を読み解くための実践的な方法、そして 「ヒゲ」に着目した相場分析の方法 について解説します。

ヒゲの役割やどのように分析に利用すればいいのか バイナリー オプション ローソク足 を具体的に解説していますのでぜひご覧くだい。

  • 1 ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く
    • 1.1 ローソク足の見方
    • 1.2 ローソク足の名称
    • 1.3 ローソク足ができるまでの過程
    • 1.4 ローソク足の本質とは
    • 3.1 勢いを示す大陽線と大陰線の見方
    • 3.2 転換点となる大陽線と大陰線の見方
    • 3.3 実際のチャートで解説
    • 5.1 ローソク足単体のヒゲ分析
    • 5.2 ローソク足複数のヒゲ分析

    ローソク足とは?見方を理解して本質を読み解く

    ローソク足の見方

    • 『始値』:最初に取引された価格
    • 『終値』:最後に取引された価格
    • 『高値』:その時間の中で一番高い価格
    • 『安値』:その時間の中で一番安い価格

    ローソク足の名称

    • 『実体』:ローソク足の太いバーの部分を“実体”といいます。
      実体は、始値と終値の価格差をあらわしています。
    • 『ヒゲ』:ヒゲを一言で表すと、高値と実体との価格差、安値と実体との価格差です。前者を上ヒゲ、後者を下ヒゲといいます。

    ローソク足ができるまでの過程

    大切なことはローソク足を見た時にこのような
    価格推移のイメージを想い描き、進行形の大衆心理を理解する事にあります。

    ローソク足の本質とは

    つまり 実体は買い勢力・売り勢力の優劣を示しています。

    ローソク足の種類

    【大陽線・大陰線】
    その名の通り、大きな陽線(陰線)をつけたものです。上記の図では上ヒゲを書いていますがし、上ヒゲが無かったり下ヒゲがあったとしても大陽線(大陰線)として捉えることができます。
    非常に強い買い(または売り)を示唆しています。

    大陽線・大陰線

    勢いを示す大陽線と大陰線の見方

    ただ、大陽線、大陰線が出現するシチュエーションによっては、
    全く逆の捉え方、つまり反転のサインになることがあります。

    転換点となる大陽線と大陰線の見方

    ではどういったシチュエーションで大陽線・大陰線が出現したら「 転換点 」として捉えることができるのかというと

    実際のチャートで解説

    以下のチャートでは、
    下降トレンドの中で大陰線が出現し上昇に転換、
    その後価格が上昇し大陽線の出現で下降に転換しているのが分かると思います。

    • 買いポジションを持つ人の心理:安く買って高く売りたい
    • 売りポジションを持つ人の心理:高く売って安く買い戻したい

    上記の考えを前提にすると、
    下記のチャートの赤い四角内で売りポジションを持った人たちは、
    この後価格が下がると予想して売りポジションを持ったことになります。

    その大陽線手前のローソク足がライン付近で 長い上ヒゲを連続でつけている ことも注目点です。長い上ヒゲをつけたという事は上からの抵抗が強い価格帯と見ることができるので、やはりこのレジスタンスラインが意識されていることが伺えます

    買いの勢力が強い中で長い上ヒゲをつけていることから、一定数の売りの圧力が確認できる

    その中で売りポジションを持った人たちが一斉に決済の買い注文を入れたことで大陽線をつける

    元々新規の買い勢力はレジスタンスライン手前で力を使い果たしてるため、決済の買いが最後入った後に、新規の売りの勢力が強くなり下降トレンドに入った

    また、僕の[email protected]に登録してくれた方限定で「 鉄板ローソク足の特典動画 」をプレゼント中です。

    バイナリーオプションはローソク足の見方が分かれば攻略可能か徹底解説

    ローソク足

    リュウさん

    結論を言うと、 「環境認識」 ができたうえでローソク足が見れれば勝てるようになります。

    ユウヤ

    リュウさん

    そこで 「環境認識」 をしっかり行えれば、あとは1分足に戻り、根拠が揃うエントリータイミングまで待つことができます。

    ユウヤ

    リュウさん

    ローソク足で値動きを視覚的に把握

    ユウヤ

    リュウさん

    簡単に説明すると、 ローソク足には 「陽線」 と バイナリー オプション ローソク足 「陰線」 の二種類があります。

    「陽線」 はローソク足が切り替わった始まりの時間より価格が上ったことを示し、 「陰線」 は逆に最初より価格が下がったことを示します。

    また、ローソク足は バイナリー オプション ローソク足 「実体」 と呼ばれる太い部分と、 「ヒゲ」 と呼ばれる線状のパーツの2つで成り立っています。

    始値(はじめね) ・・・そのローソク足の最初に付いた価格
    終値(おわりね) ・・・そのローソク足の最後についた価格
    高値(たかね) ・・・・そのローソク足のなかで最も高くなった時の価格
    安値(やすね) ・・・・そのローソク足のなかで最も安くなった時の価格

    実体 ・・・・ローソク足が始まった時の価格と、最終的な株価の長さを示す
    上ヒゲ ・・・ローソク足の中で最も高くなったポイントから、最終的に下がったことを示す
    下ヒゲ バイナリー オプション ローソク足 ・・・ローソク足の中で最も安くなったポイントから、最終的に上がったことを示す

    ユウヤ

    リュウさん

    ローソク足の見方が分かれば 値動きを視覚的に把握できる ので、バイナリーオプションで勝つために重要です。

    テクニカル分析も必須

    ユウヤ

    リュウさん

    であれば、絶対に 「テクニカル分析」 を行ったほうがいいですよ。

    ユウヤ

    チャート

    リュウさん

    流れが反転するのか、ブレイクするのか必ず効いてくるポイントになりますから ラインを引くのは重要 バイナリー オプション ローソク足 バイナリー オプション ローソク足 です。

    ユウヤ

    ローソク足のパターンを簡単解説

    ユウヤ

    リュウさん

    バイナリーオプションのローソク足の分析方法【勝率UPします】

    バイナリーオプション

    ローソク足分析でバイナリーオプションの勝率アップする方法

    どうもこんにちは。バイナリーオプションプロトレーダーの 「ショウ」 です。

    ✅このページで解決する疑問

    バイナリーオプションの初心者
    ・バイナリーオプションでローソク足は使えるのか?
    ・ローソク足分析で勝てるようになるだろうか?
    ・具体的にどうすれば勝てるようになる?」

    • バイナリーオプションで勝てる方法が知りたい
    • ローソク足分析で勝てる方法 が知りたい
    • 勝率アップでお金を稼げるようになりたい

    こういった願望をお持ちでしたら、 このページで その方法・ノウハウ をわかりやすく解説 していきますね。

    ✅このページで解説する内容の信頼性

    このページを書いている僕自身は、 バイナリーオプション歴6年目の専業トレーダー であり、 毎月7桁以上の収益を安定しており、その実績も公開しています ので、ページの内容の信頼性はあるかと思います。

    ✅このページで解説する内容

    ちなみに、バイナリーオプションで勝てる必勝法については、こちらのページをご覧ください。

    バイナリーオプションでもローソク足分析を活用することで、より深いチャート分析が可能となります。そのため、ローソク足分析ができるようになると、バイナリーオプションの勝率アップにつながります。

    バイナリーオプション初心者だと、ローソク足分析は難しいんじゃないかと思われるかもしれませんが、ローソク足分析は 単純にパターンを覚えてしまえば、繰り返し使える手法 ですので、ぜひ、このページを読んでマスターしておきましょう。

    それでは早速、 「バイナリーオプションのローソク足分析」 について解説をおこないます。

    バイナリーオプションのローソク足の分析方法【解説動画】

    バイナリーオプションローソク足分析:攻略の基本

    まずは基本を理解しよう!

    それで、バイナリーオプションローソク足分析の 攻略方法を理解できるように なります。

    ✅ローソク足の基本(初級編)

    これは分かると思うのですが、ローソク足は、 ①始値(はじめね)②終値(おわりね)③安値(やすね)④高値(たかね) の4つで形が決まります。

    たとえば、このローソク足(陽線:ようせん)が、 何を意味しているか わかりますでしょうか?

    ローソク足の読み方(5分足)

    「このローソク足(5分足、陽線:ようせん)が何を意味しているのか?」 を、絵で表すとこのようになります。↓↓

    つまり、ローソク足一本あれば、これがわかります。

      バイナリー オプション ローソク足
    • ①始値(はじめね):価格はどこから始まったのか?
    • ②終値(おわりね):最終的にいくらになったのか?
    • ③安値(やすね):5分間の最安値はいくらだったのか?
    • ④高値(たかね):5分間の最高値はいくらだったのか?

    たった 一本のローソク足で、①始値(はじめね)②終値(おわりね)③安値(やすね)④高値(たかね)の全ての情報をサクッと表すことができる なんて、「ローソク足を考えた人はまさに天才」ですよね。

    陽線と陰線の違い

    おそらくご存じかと思いますが、バイナリーオプションのローソク足には、価格の上昇をあらわすローソク足 「陽線:ようせん」 、価格の下落をあらわすローソク足 「陰線:いんせん」 とがあります。

    バイナリー オプション ローソク足

    「陽線(ようせん)」 が出ているときには、 価格の上昇圧力がつよい。
    「陰線(いんせん)」 がでているときには、 価格の下落圧力がつよい。

    バイナリーオプションのローソク足分析の攻略方法

    バイナリーオプションをローソク足分析で攻略しよう!

    それでは、 バイナリーオプションのローソク足分析の具体的なノウハウ を解説していきます!

    ローソク足分析には3つの種類がある

    ・【タイプ1: 強い上昇をあらわすローソク足
    ・【タイプ2: 強い下落をあらわすローソク足
    ・【タイプ3: 停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足

    大きく分類すると3種類、 ①上昇をあらわすローソク足 ②下落をあらわすローソク足 ③停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足 に分けられますので、それぞれを順番に解説をおこないます。

    それぞれ、順番に理解していこう!

    ✅タイプ1:強い上昇をあらわすローソク足

    【タイプ1】のローソク足は、 バイナリーオプション相場の強い上昇をあらわすローソク足 です。

    このローソク足が出ている場合には 「相場のトレンドに沿って順張り(上昇方向)」にエントリーする のがもっとも基本的な勝ちパターンになります。

    強い上昇①:陽の丸坊主

    バイナリーオプションで強い上昇をあらわすローソク足の1つ目は 「陽の丸坊主」 です。

    陽の丸坊主は、ローソク足の「上ひげ」も「下ひげ」もなく、 実体のみで構成 されています。

    バイナリーオプションのローソク足分析でこのパターンがあらわれたときには、「一度も安値を割らずに最後まで上昇を続けたパターン」であり、このローソク足は 「強い上昇の勢いがあり、さらに上昇する傾向がある」 ことをあらわします。

    ですから、バイナリーオプションで丸坊主のローソク足があらわれた場合には 「買い目線」 でエントリーを狙います。

    強い上昇傾向がある相場で、トレンドに反して「逆張り」のエントリーをすると負ける確率が高くなりますので、避けるようにしたほうがいいですね。

    強い上昇②:大引け坊主

    バイナリーオプションで強い上昇をあらわす2つ目のパターンは 「大引け坊主」 です。

    ですから、チャート上にこのローソク足があらわれた際には、バイナリーオプションのエントリーは 「買い目線」 でエントリーを狙いましょう。

    この「大引け坊主」は、

    一度は 安値 をつけたけれども、その後は 最後まで上昇を続けた。

    つまり、下落を否定する買いパターン ですね。

    強い上昇③:陽のカラカサ

    バイナリーオプションで強い上昇をあらわす3つ目のパターンは 「陽のカラカサ」 です。

    「陽のカラカサ」 は 大きな下ヒゲがある事が特徴 で、大きな下げを上回る強い上昇の勢いがあることが示されています。

    このローソク足も、強い上昇傾向をあらわしており、

    バイナリーオプションでは バイナリー オプション ローソク足 「買い目線」 で攻略していきます。

    強い上昇④:陽の寄付き坊主

    バイナリーオプションで強い上昇をあらわす4つ目のパターンは 「陽の寄付き坊主」 です。

    「陽の寄付き坊主」 は、ローソク足の開始時(寄り付き)では安値をつけずに強い上昇を示したが、最後には少し押し戻されて終了(引け)になったことをあらわすローソク足です。

    バイナリーオプションで陽の寄付き坊主があらわれた場合には、最後に少し押し戻された形となりますのでエントリーには注意が必要となりますが、それでも上ヒゲが短い場合には 上昇が継続する傾向 をあらわし 「買いパターン」 となります。

    以上が、バイナリーオプションのローソク足分析による攻略で
    「買いエントリー」 を狙うパターン
    (強い上昇をあらわすローソク足) です。

    ✅タイプ2:強い下落をあらわすローソク足

    基本的には、 強い下落をあらわすローソク足は 、 上昇をあらわすローソク足 の反対パターンとなります。 バイナリー オプション ローソク足

    その逆のパターンは「強い下落をあらわすローソク足」 と覚えておけば大丈夫です。

    バイナリーオプションにおいて強い下落をあらわすローソク足のパターンがあらわれた際には、無理にトレンドに逆らう逆張りエントリーを狙うのではなく、下落目線で「売りエントリー」を狙うようにするのが、 勝率アップのコツ になります。

    下落のトレンドに合わせて下方向にエントリーですね。

    強い下落①:陰の丸坊主

    バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の1つ目は 「陰の丸坊主」 です。

    上ヒゲと下ヒゲがなく、実体のみで構成される 「丸坊主」 の 陰線 バイナリー オプション ローソク足 バージョンですね。陽線の丸坊主が強い上昇をあらわすのと反対に、陰線の丸坊主は強い下落をあらわしています。

    始値(はじめね)から終値(おわりね)まで、一度も高値をつけず、最後まで下落を続けたパターンですので、このローソク足は 「強い下落の勢いがあり、さらに下落する傾向がある」 ことをあらわしています。

    この「陰の丸坊主」のローソク足があらわれた場合には、
    もちろん下落目線で バイナリー オプション ローソク足 「売りエントリー」 をおこないます。

    強い下落②:陰の大引け坊主

    バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の2つ目は 「陰の大引け坊主」 です。

    バイナリー オプション ローソク足

    終値(引け)で下ヒゲのない坊主となる 「大引け坊主」 も、 陰線 では強い下落の勢いをあらわすローソク足となります。

    一度は バイナリー オプション ローソク足 高値 を付けたけれども、その後は 最後まで下落を続けた。 つまり、上昇を否定するパターン ですね。

    もちろん、 「売り目線」 でエントリーを狙います。

    強い下落③:陰のトンカチ

    バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の3つ目は 「陰のトンカチ」 です。

    陰のトンカチのローソク足は 「始値(はじめね)から大きく上昇するも、 そこから更に強い下落の勢いがあり大きく下落して終値(おわりね)をつけたパターン」 です。

    「トンカチ」 のローソク足は大きな上ヒゲがある事が特徴で、 大きな上げを上回る強い勢いの下落がある ことがわかります。

    いちど大きく上昇した後にその上昇を否定する「陰のトンカチ」では、 トレンド転換で 下落方向の「売りエントリー」 を狙う攻略方法 になります。

    強い下落④:陰の寄付き坊主

    バイナリーオプションで強い下落をあらわすローソク足の4つ目は 「陰の寄付き坊主」 です。

    「陰線の寄付き坊主」 バイナリー オプション ローソク足 は、寄り付き(ローソク足の始まり)では高値をつけずに強い下落を示したが、最後には少し押し戻されて終了(引け)になったことをあらわすローソク足です。

    それでも、下ヒゲが小さければ 下落が継続する傾向 をあらわしています。

    ✅タイプ3:停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足

    3番目のローソク足のタイプとして 「停滞(またはトレンド転換)」 があります。

    このタイプの バイナリー オプション ローソク足 「停滞(またはトレンド転換)のローソク足」 は、 トレンドが無く、方向感の定まらない「レンジ相場」 でよくみられるローソク足です。

    これが 勝率アップにつながる戦略 となります。

    停滞(またはトレンド転換)①:コマ足

    バイナリーオプションで停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足の1つ目は 「コマ足」 です。

    「コマ足」 は、陽線・陰線であるかを問わず、ちいさな上ヒゲと下ヒゲをつけて コマのような形をしたローソク足 のことです。

    バイナリーオプションでの攻略方法は、
    「コマ足」 が出ると どちらへ相場が動くのかが予測しにくい ので、 いったん様子を見てその後の流れを観察したほうがよいですね。

    ※ポイント:無駄なエントリーを減らして勝率アップを狙いましょう。

    停滞(またはトレンド転換)②:トンボ

    バイナリーオプションで停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足の2つ目は 「トンボ」 です。

    「トンボ」 は、ローソク足の実体がなく、大きな下ヒゲをつけたパターンで、この形のローソク足は下落トレンドの終わりでトレンド転換をあらわすと言われています。

    バイナリーオプションでこの「トンボ」のローソク足を攻略するなら、下落トレンドの終わりで上昇トレンドに転じる 「逆張りエントリー」を狙える好ポイント となります。

    停滞(またはトレンド転換)③:トウバ

    バイナリーオプションで停滞(またはトレンド転換)をあらわすローソク足の3つ目は 「トウバ」 です。

    バイナリー オプション ローソク足

    「トウバ」 は、 「トンボ」 の 逆パターン で、大きな上ヒゲをつけた実体のないローソク足です。このローソク足は、上昇トレンドの終わりの場面でトレンド転換をあらわすと言われています。

    バイナリーオプションでのエントリー方法もおなじ攻略の 「逆パターン」 です。

    つまり、上昇トレンドの終わりで
    「下落方向の逆張りエントリー」 を狙います。

    このように、バイナリーオプションのローソク足分析を理解して攻略することにより、 大幅な勝率アップ をめざすことができます。

    バイナリーオプションのローソク足分析:応用編

    ローソク足を組み合わせて分析しよう!

    もちろん、単体のローソク足を分析するだけでもバイナリーオプションの勝率アップを狙うことは可能です。

    しかし 「複数のローソク足を組み合わせてパターンを覚える」 ことで、 さらにバイナリーオプションの勝率アップに向けて攻略していくことができます。

    というワケで、ここからは応用編として、バイナリーオプションのローソク足分析でさらに 効率よく勝率アップを狙える攻略方法 のやり方について、わかりやすく解説をおこないますね。

    ✅ローソク足の組み合わせで上昇を判断するパターン

    ①赤三兵(あかさんべい):上昇トレンド

    丸坊主の陽線が3本並んだ形のローソク足を、 「赤三兵(あかさんべい)」 と呼びます。

    ▼赤三兵のパターン

    このローソク足パターンが出た時には、相場が安定して上昇を続けている、 「上昇トレンド」 が現れていることが判断できます。

    このパターンは「安定したトレンドが発生している証拠」ですので、
    積極的に 「買いエントリー」 を狙います。

    ②明けの明星(あけのみょうじょう):底入れ暗示

    「明けの明星(あけのみょうじょう)」 とは、 陰線から大きく転じて大陽線が現れた形 のチャートパターンで、 「底入れ暗示」 を示します。

    底入れから反発して上昇を目指しており、 下落の終わり 、または トレンド転換ポイント となることが多いです。

    ▼明けの明星(あけのみょうじょう)のパターン

    こういった相場の転換ポイントでは、予想外の値動きをする場合もあるため 「無理にエントリーを狙わず静観する」 バイナリー オプション ローソク足 バイナリー オプション ローソク足 という選択肢を選んだほうがいいですね。

    ③三川(さんせん):上昇継続

    「三川(さんせん)」は、一時的に中間でもみ合うが、最終的には大きく上昇する形のローソク足パターンです。中間で一時的にもみ合いますが、最終的に強い上昇となるため、 「上昇の継続」 をあらわします。

    赤三兵(あかさんべい)と似ていますが、 一時的に上昇トレンドを崩した形 になります。

    ▼三川(さんせん)の上昇パターン

    中盤で一時的にトレンドが崩れるも、その後さらに強い上昇を示しており、明らかな 「上昇トレンド」 の相場となります。

    バイナリーオプションではローソク足の分析が勝敗の鍵!まずは読む力を身に着けよう

    ローソク足


    バイナリーオプションで勝ち抜く為には、「ローソク足を読む力」が必要です。

    ローソクの基本的な見方について

    ローソク足の見方

    ヤフーのローソク足


    参照:yahooファイナンス

    ローソク足の陰線陽線

    また、始値よりも高値に終わる線を陽線。始値よりも安値に終わる線を陰線と呼びます。

    ローソク足の読み方

    ただ数字で見るよりも、分かりやすいのでプロのトレーダーも為替の今後の流れを読むために、利用しています。
    例えば、上記の図が1分足の場合だと、1分の間に109円で始めた取引が一時110円に上昇するも、107円に下落、最終的に108円で終了した。という流れを表すことができます。

    バイナリーオプションで包み足を使ったエントリー方法をプロが伝授!

    海外バイナリーオプション業者のおすすめ口座比較ランキング11選【どこが人気?】 海外のバイナリーオプション業者ってどこがオススメなんですか? このような質問を多くいただくことが増えてきました。 そこで今回.

    まずはローソク足の基礎知識をおさらい!

    包み足について理解する上では、ローソク足チャートを正しく理解して読めるようになっていることが欠かせません。包み足はローソク足のパターンの一つだからです。

    そもそも「ローソク足」って何?

    ローソク足とはチャートの表示方法の一つで、 一定期間の相場の4本値と呼ばれる始値・高値・安値・終値を一本の棒状の足で表現 したものです。

    この ローソクを並べて相場の状況やトレンドがわかるようにしたチャートがローソク足チャート です。チャートの表示方法には色々なものがありますが、重要な4つの値を一目で理解できる点が優れています。

    ローソク足の見方

    始値:その期間における開始時の価格
    高値:その期間中で最も高かった価格
    安値:その期間で最も安かった価格
    終値:その期間が終了した時の価格

    ローソク足は「実体」と「ヒゲ」によって構成 されています。

    ローソク足チャートではローソク足を2色で表現して値上がりしたか値下がりしたかを一目でわかるようにしているのが一般的で、 始値より終値が高いときは「陽線」、始値より終値が安いときは「陰線」 として区別します。

    バイナリーオプション攻略に使える「包み足」とは

    ローソク足の基本的な見方がわかったところで、包み足について理解していきましょう。

    包み足は二つのローソク足の組み合わせ

    包み足はローソク足を1本ずつ見るのではなく、 2本のローソク足を一組として考えます

    ペアにしたローソク足を見たときに、 1本目のローソク足が2本目のローソク足によって包み込まれた状態 になっているときに包み足と呼びます。

    陽線と陰線のどちらが先行していても包み足 です。ただし、陽線と陰線のペアができたときに、1本目を2本目が完全に包み込んでいない場合には包み足ではありません。

    包み足の定義

    条件①
    陰線の高値と安値が前足の陽線の高値と安値を挟み込む形になっていること
    条件②
    陰線の終値が前の陽線の安値よりも低くなっていること

    つまり、 包み込んでいることに加えて、次足で価格が大きく動いて終値を記録していないと包み足にはならない ということです。

    バイナリーオプションにおける包み足の役割

    包み足の定義がわかると使い方が気になるでしょう。その前にバイナリーオプションでの包み足の役割を簡単に解説します。

    包み足は「転換のサイン」

    チャートに出現した包み足は、平たく言えば 「相場転換のサイン」 です。

    上昇から下降への転換サイン

    このように、 高値圏で陽線から陰線に移る包み足が発生したときには、上昇から下降の方向に変わる と予想できます。レジスタンスラインを目安にすることが重要なポイントだということも頭に入れておきましょう。

    下降から上昇への転換サイン

    チャートを見て下降傾向があるときにサポートラインを引きます。そして、サポートライン付近の 底値圏で陰線から陽線に移る包み足が出現したときには上昇傾向に転じる と予想できるのです。

    といった 意識されやすいところは反発ポイントになる 傾向があります。

    包み足が転換のサインになり得る理由


    図の中の青で囲んだのが包み足、黄色で囲んだ部分はイメージ上の包み足における価格推移とお考えください。

    この価格推移を「ダウ理論」に基づいて考えると、 下から2本目の点線部分は「押し安値」にあたり、次足の陰線はその押し安値をブレイク して価格が下落しています。

    ダウ理論の基本原則6では「押し安値をブレイクした時点が相場の転換点」 と捉えているので、理論的にも正しい解釈と言えるのです。

    包み足が有効な場面

    基本的な考え方として、 長期の時間足で見ていて包み足が出現したときほど信頼度が高い というのはまず押さえておきましょう。

    1時間以上を目安として4時間足や1日足などで包み足が発生すると、多くの機関投資家やトレーダーが見ています。一般的に大きな為替取引をしている 機関投資家は1時間以上の長期足で判断している傾向があるため、投資家心理が強く反映されるのは長期足 だと考えられるのです。

    ただ、実際にはバイナリーオプション取引の場合には短期の時間足で分析したい場合が多いでしょう。 短期の時間足で包み足が発生したときにも 長期の時間足を見て有効性を確認 するのが効果的です。

    バイナリーオプションで包み足を活用したエントリー方法

    包み足の原理原則がわかったところで、実践的にバイナリーオプション取引で使う方法を見てみましょう。

    安値をブレイクした瞬間にエントリー

    包み足が発生したときに安値を見てみます。その 次足で安値をブレイクしたときにエントリーすると予想が当たりやすい バイナリー オプション ローソク足 のです。安値をブレイクしたタイミングは図の横向きの矢印のポイントで、これから反発を起こすと予想することができます。

    ただ、次足が始まって包み足が確定した瞬間にエントリーするのは大きなリスクを伴います。そこで、 包み足の陰線の安値をネックラインとして扱う のも効果的な方法です。

    ネックラインを次足でブレイクしたときには反発が起こる と予想されます。ここでエントリーすれば包み足が確定したタイミングでエントリーするよりも勝率が高くなるでしょう。

    このようなエントリー方法では取引時間の選択が重要です。短い時間の反発を狙うエントリーになるので、長すぎても短すぎても失敗するリスクがあります。総合的に解析しないと一概には言えませんが、 5分~10分後の判定時刻を選んでおく のが無難です。

    移動平均線をまたいだ瞬間にエントリー

    移動平均線をローソク足が上から下にまたぎ、続く陰線が移動平均線をまたいで包み足になったときにはエントリーポイントを示唆しています。 平均的な値動きから判断して上昇傾向があったのが下降傾向に変わった と判断できるからです。

    バイナリーオプションの包み足は騙しに注意!引っかからないための対策

    バイナリーオプション取引では騙しによる問題がしばしば起こっています。包み足によるエントリーポイントの判断でも騙しによって失敗しているケースが多いので注意が必要です。

    包み足の騙しが発生するポイント

    包み足が発生したときに騙しが起こる典型例として 「レジスタンスラインやサポートラインをチャートが突破した」 というケースがあります。反発ポイントになるはずのラインだと理解している人が多いですが、トレンドが強くなったときにはレジスタンスラインやサポートラインを越えることもあり得るのです。

    騙しを見抜くための対策方法

    騙しを見抜くにはいくつかのアプローチがありますが、 もっとも効果的なのはインジケーターを使う方法 です。

    ローソク足チャートだけ見て判断できれば簡単なのは確かですが、得られる情報は限られてしまっています。特にトレンドの転換を予測できるのが包み足のメリットとして考えると、その 根拠を固めるためにオシレーター系インジケーターを併用する のが合理的です。

    オシレーター系インジケーターは転換点の予測に使いやすいものが多いので、1つか2つは見てみて根拠を増強しましょう。包み足が発生してトレンド転換が起こると考えられても、 インジケーターでサポートする情報が得られなかったときにはエントリーを控える のが無難です。

    他にもある!バイナリーオプションで使えるローソク足の組み合わせ

    包み足はわかりやすいのでチャート分析ではよく用いられていますが、ローソク足の組み合わせによる分析手法は他にもたくさんあります。

    包み足を理解できた人は、はらみ足も使いやすいでしょう。端的に言ってしまえば、 包み足の逆パターンがはらみ足 です。

    かぶせ線・切り込み線

    かぶせ線と切り込み線は包み足とはらみ足と同じようにペアで考えることができるローソク足の組み合わせパターンで、 トレンド転換が起こるサイン になります。

    天井打ちを起こすと言われているのがかぶせ線の特徴で、これから価格が下がり始めることを示唆しています。今までは 上昇の勢いが強かったものの、トレンドが転じて売りの勢いが強くなった ことが読み取れます。このサインはLOWでエントリーするのが定法です。

    毛抜き天井・毛抜き底

    毛抜き天井と毛抜き底もペアで考えられるローソク足の組み合わせで、 トレンド転換のサイン となります。

    毛抜き天井は高値圏でローソク足が同じ値の高値を示しているケースを指します。特に長期にわたって上昇トレンドがあったときには、 これ以上は高値になれない 状況が来たことを示しており、トレンドが転換して値下がりを起こすのが一般的です。バイナリーオプションならLOWエントリーのサインになります。

    毛抜き底は毛抜き天井とは逆で、隣り合う2本のローソク足の安値が同値を示すものです。下降トレンドが続いた底値圏で毛抜き底が出現すると、 もうこれ以下には値下がりできない という状況であると同時に値上がりする可能性が高いことが予想されます。バイナリーオプションならHIGHエントリーのサインです。

    赤三兵・黒三兵

    安値圏において発生する3本の連続した陽線で、 上値も下値も徐々に上がっていく 様子を示しています。上昇傾向の初期段階なのでHIGHエントリーのサインですが、3本目の上ヒゲが伸びているときには買う動きがあまり強くないので注意が必要です。この場合には騙しになってしまうリスクが高いのでエントリーを避けましょう。

    黒三兵は赤三兵の反対です。相場の高値圏で出現する3本の連続した陰線で、 高値から下がり始めている 様子を示しています。騙しの傾向も基本的には同じなので、3本目の下ヒゲが伸びていないのを確認してLOWエントリーのサインと判断しましょう。

    窓は空や穴とも呼ばれているローソク足のパターンで、 隣り合うローソク足の安値と高値が離れている のが特徴です。

    市場で取引されていない時間に突発的な政治経済の動きや自然災害が発生してニュースが出たときなどに出現する場合があります。特に現れやすいのは、 市場が長く閉じている週明けや重要な経済指標が発表された後 です。

    星は窓の応用とも呼ばれているもので、十字線や小さなローソク足が発生していて、その前後に異なる方向の窓がある状況を指します。「明けの明星」と「宵の明星」の二つのパターンがあり、どちらも トレンド転換のサイン になります。

    明けの明星は、まず陰線の後に下向きの窓が生じて星が発生し、陽線の後に上向きの窓ができて再び陽線が生じるというパターンです。安値圏で明けの明星が出ると下降トレンドから上昇トレンドへの転換を示します。 3つ目の陽線が確定すると上昇トレンドが発生しやすいのでHIGHエントリーのサイン と考えられます。

    宵の明星は陽線、上向きの窓、星、陰線、下向きの窓、陰線という形で、明けの明星と正反対になります。高値圏で宵の明星が出たら上昇から下落へのトレンド転換が起こるのが通例です。 3つ目の陰線が確定したら下落の可能性が高いと考えてLOWエントリー を検討しましょう。

    バイナリーオプションをローソク足で攻略する最短最速の方法

    今回ご紹介した包み足も含め、ローソク足チャートはテクニカル分析の基本です。その歴史はとても古く、江戸時代の米相場の予想から用いられてきたといいます。日本らしい名前の付いたローソク足の組み合わせがたくさんあるのはそのためなのです。

    ただ、その奥深さゆえになかなか使いこなせない人もいます。 エントリーしていいタイミングかどうかを的確に判断できるようになるには知識も経験も必要 です。

    ローソク足によるバイナリーオプション攻略法を早く確実にマスターしたいなら、 すでにテクニカル分析で成果をあげているプロのトレーダーに習う のが得策でしょう。

    LINEにご登録いただけた方には、 オープンスペースでは未公開のノウハウ を特別にお教えしています。以下の画像をクリックして、ぜひ限定情報をお受け取りください。

    為替チャートのテクニカル分析はバイナリーオプショントレーダーの必須スキルです。

    歴史あるものだけに、 奥深く学びがいがあるのがローソク足 です。そのノウハウを習得したいなら、ぜひ私のLINEにご登録ください。将来的にもっと幅広い知識やテクニックを身につけられるよう、様々な情報をお届けします。

    関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる