オプション取引活用術

お取引しやすいスプレッド

お取引しやすいスプレッド
原則固定のスプレッドであっても、 変動する場合があります。

基準スプレッド一覧

※2022年4月1日(金)AM6:00~2022年7月1日(金)AM5:30 において 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)のスプレッド縮小キャンペーン実施しております。詳細はこちら
ただし、2022年4月15日(金)AM6:00~2022年4月19日(火)AM5:30、2022年4月29日(金)AM6:00~2022年5月6日(金)AM5:30は、キャンペーン適用除外期間とさせていただきました。

カナダドル/円(CAD/JPY)
取引通貨数 スプレッド(原則固定※)
1~500 1.7
501~1,000 1.7
1,001~10,000 2.8
10,001~3,000,000 2.9
スイスフラン/円(CHF/JPY) お取引しやすいスプレッド
取引通貨数 スプレッド(原則固定※)
1~5001.7
501~1,000 1.7
1,001~10,000 5.8
10,001~3,000,000 5.9
南アフリカランド/円(ZAR/JPY)
取引通貨数 スプレッド(原則固定※)
1~500 1.0
501~1,000 1.0
1,001~10,000 2.1→1.5 (※)
10,001~3,000,000 2.2→1.5 (※)

※2022年4月1日(金)AM6:00~2022年7月1日(金)AM5:30 において 南アフリカランド/円(ZAR/JPY)、NZドル/円(NZD/JPY)のスプレッド縮小キャンペーン実施しております。詳細はこちら
ただし、2022年4月15日(金)AM6:00~2022年4月19日(火)AM5:30、2022年4月29日(金)AM6:00~2022年5月6日(金)AM5:30は、キャンペーン適用除外期間とさせていただきました。

FXの手数料・スプレッドとは?|おすすめFX会社のスプレッド比較一覧

FXの手数料・スプレッドとは?|おすすめFX会社のスプレッド比較一覧

取引量でオススメの業者が変わります。
少額投資ならスプレッドおすすめランキングでトップのSBIFXトレードがオススメです。SBIFXのスプレッドは1回の注文量に応じてスプレッドが変動する方式を取っているため、1注文あたり~1,000通貨までならスプレッドが格段に安くなっています。一方、1,001通貨以上のトレードを1回で注文する場合には段階的にスプレッドが高くなってしまう傾向にありますので、状況に応じて取引先を切り替える方がお得です。

なお、1,001通貨以上ではGMOクリック証券を始めとした 低スプレッド+原則固定の業者をオススメ します。

  • ■全般
  • ※注_z1: 原則固定 ※例外あり
  • ※注_z2: 原則固定の適用対象外
  • ■GMOクリック証券
  • ※注_a1: ファイナンス・マグネイト社調べ (2020年1月~2021年12月)
  • ■外為どっとコム
  • ※注_b1: 【対象期間】2022年3月7日(月)午前9時~2022年4月2日(土)午前3時 【時間帯】対象期間中の各営業日午前9時~翌午前3時
  • ※注_b2: 【口座開設キャッシュバックキャンペーンの適用期間】口座開設申込月から翌々月末まで
  • ※注_b3: 【スプレッドの原則固定など】トルコリラ/円、ロシアルーブル円のスプレッドは原則固定の対象外になっております。また、ロシアルーブルの取引単位のみ10,000通貨に設定されています。
  • ■LINE FX(LINE証券)
  • ※注_c1: お取引しやすいスプレッド 月次でFX口座数を提示しているGMOクリック証券、外貨ex byGMO、ヒロセ通商、外為どっとコム、トレイダーズ証券との比較(2020年3月~9月/LINE証券調べ)
  • ■マネーパートナーズFX
  • ※注_d1: 1回あたり3万通貨までの取引であれば、24時間米ドル/円を0.0銭のスプレッドで取引できます。また、ポンド/円、ユーロ/円も3万通貨まで表示スプレッド、豪ドル/円は5万通貨まで表示スプレッドで取引できます。
  • ■松井証券 MATSUI FX
  • ※注_e1:取扱通貨ペア(スイス/円、トルコリラ/円、米ドル/スイス、ポンド/スイス、ポンド/豪ドルを除く)について、FXサービスの取扱い業者11社(SBI証券、auカブコム証券、外為どっとコム、GMOクリック証券、DMM.com証券、トレイダーズ証券、ヒロセ通商、マネックス証券、マネーパートナーズ、楽天証券、外貨ex byGMO)の中央値と比較。2021年12月21日時点、松井証券調べ。広告掲載日:2022年1月4日時点、上記スプレッドは、市場の急変時(震災などの天変地異、その他外部要因)や、市場の流動性が低下している状況(週初や週末、年末年始、クリスマス時期など)、重要指標発表時間帯などにより、やむを得ず提示以外のスプレッドになることもあります。

FX比較&ランキング 記事一覧

手数料無料は当たり前! 実質的なコストのスプレッドは安ければ安いほどトレーダーには有利に働きます。 低スプレッドを提供しているオススメのFX取扱い業者ランキングや各社のスプレッドで1年間トレードした場合のコスト算出などを掲載しています.

少額数量区分の新設とスプレッド縮小のお知らせ
~お取引の分かり易さ、使い易さを追求しました~

▼詳細
① 注文数量に応じた数量区分の見直し(削減)と少額数量区分の新設
これまで注文数量に応じた数量区分を8区分にてご提供しておりましたが、やや区分が細かすぎるとのご意見を多く頂いていることを踏まえて、数量区分を削減し、より分かりやすい数量区分に変更致しました。また、少額数量区分でお取引されるお客さまにもこれまで以上に優良なレートでお取引頂くべくさらなる少額数量区分を新設するとともにスプレッドを縮小致しました。

② 基準スプレッドの縮小
上記数量区分の見直しに伴い、各区分における基準スプレッドを変更いたします。新設の少額数量区分(変更後の第1区分)については、全26通貨ペアでこれまで以上にコストを抑えたお取引が可能なスプレッドをご提供するとともに、最も多くのお客さまがお取引されている100万通貨単位までの数量区分(変更後の第2区分)においても、USD/JPYを始めとした19通貨ペアを対象に、スプレッド縮小を行います。
主要通貨ペアの変更前後のスプレッドは以下の通りとなります。

■主要通貨ペアの基準スプレッド お取引しやすいスプレッド
区分USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY
第1区分
(1~1,お取引しやすいスプレッド 000通貨)
0.27⇒0.お取引しやすいスプレッド 20 0.39⇒0.30 0.89⇒0.70 0.59⇒0.40
第2区分
(1,001~1,000,000通貨)
0.29⇒0.27 0.49
(変更なし)
0.99
(変更なし)
0.69
(変更なし)
【SBI FXトレードの概要】 お取引しやすいスプレッド
(1)商号 SBI FXトレード株式会社(英文:SBI FXTRADE Co., Ltd.)
(2)登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
(3)所在地 東京都港区六本木一丁目6番1号
(4)資本金 4億8,000万円(資本準備金4億8,000万円)
(5)事業内容 第一種金融商品取引業(店頭外国為替証拠金取引)
(6)設立日 2011年11月22日
(7)主要株主 SBIリクイディティ・マーケット株式会社100%

<金融商品取引法等に係る表示>
商号等 SBI FXトレード株式会社(金融商品取引業者)
登録番号 関東財務局長(金商)第2635号
加入協会 一般社団法人 金融先物取引業協会(会員番号1588)

<手数料等及びリスク情報について>
【SBI FXTRADE及び積立FX(店頭外国為替証拠金取引)】
店頭外国為替証拠金取引は、取引金額(約定代金)に対して少額の取引必要証拠金をもとに取引を行うため、取引必要証拠金に比べ多額の利益を得ることもありますが、その一方で短期間のうちに多額の損失を被る可能性があります。外貨での出金はできません。経済指標の結果によっては価格が急激に変動し、思わぬ損失が生ずるおそれがあります。また、その損失の額が預託した証拠金の額を上回ることもあります。取引価格、スワップポイント等は提供するサービスによって異なり、市場・金利情勢の変化等により変動しますので、将来にわたり保証されるものではありません。取引価格は、買値と売値に差があります。決済方法は反対売買による差金決済となります。店頭外国為替証拠金取引にあたっては必要な証拠金の額は提供するサービス及び取引通貨ペアごとに異なり、取引価格に応じた取引額に対して一定の証拠金率(「SBI FXTRADE」個人のお客様:4%(レバレッジ25倍)、法人のお客様:一般社団法人金融先物取引業協会が毎週発表する通貨ペアごとの為替リスク想定比率*(通貨ペアごとにそれぞれレバレッジが異なります)、「積立FX」個人および法人のお客様:100%(レバレッジ1倍)、50%(レバレッジ2倍)、33.334%(レバレッジ3倍))の証拠金が必要となります。
*為替リスク想定比率とは、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。

【8社比較!】FXのスプレッドとは?狭い方が良い理由と変動するケース

スプレッドとは?

スプレッドはFXの実質的な手数料

スプレッドは FXにおける実質的な手数料 です。

なぜなら、 FX取引ではスプレッド以外のコストはほとんどかからない からです。

【FXの手数料】3つの種類と引かれるタイミング、コストを抑える方法を徹底解説

原則固定と変動制

スプレッドには 例外を除き固定されているもの と、 小刻みに変動するもの があります。

前者を 「原則固定」 、後者を 「変動制」 と呼びます。

海外FXのスプレッドはほとんどが変動制

なぜなら、 多くの海外業者では「NDD方式」という取引形態を取っている からです。

NDD方式のスプレッドは変動制

国内業者はDD方式

国内業者の多くは、 「DD方式」 という取引形態となっています。

DD方式のスプレッドは原則固定かつ狭い

DD方式を取っていると 顧客同士の注文を相殺できる のが利点です。

スプレッドは原則固定かつ狭い方がいい理由

スプレッドは狭い方が利益を圧迫しない

スプレッドは 原則固定かつ狭い 方がトレーダーは取引しやすいです。

なぜなら 変動制だと取引毎にかかるコストが異なり、広いと利益を圧迫してしまう からです。

取引量ごとにかかるコストの例

スプレッドが 0.2銭 と 1銭 で、5円分の為替差益が出た場合を比較してみましょう。

  • スプレッド0.2銭:【(5円-0.002円)×1万通貨= 49,980円 】
  • スプレッド1銭:【(5円-0.01円)×1万通貨= 49,900円 】

上記のように1万通貨の取引では 80円 の差になりますが、10万通貨なら 800円 、100万通貨なら 8,000円 の差になってきます。

スプレッドによる年間コスト計算

スプレッドは原則固定でも変動する場合がある

スプレッドが変動する理由

原則固定のスプレッドであっても、 変動する場合があります。

なぜなら、 時間帯や事象によってスプレッドが拡大することがある からです。

スプレッドが広がりやすい時間帯

スプレッドは 広がりやすい時間帯 があります。

  • 日本時間の早朝(ニューヨーク市場クローズ後)
  • 重要な経済指標の発表前後
  • 年末年始
FXの取引時間はいつ?祝日も24時間取引OKのルールと4つの注意点
【FXの経済指標】円・ドル・ユーロにとって重要な9つの指標を紹介

スプレッドが広がるケース

FX会社を選ぶときはスプレッドだけで判断しないように!

FX会社はスプレッド以外の項目も確認しよう

ここまでスプレッドの基本情報や原則固定かつ狭い方がいい理由を解説してきました。

FXのスプレッドとは?スプレッドを比較したおすすめ業者もご紹介

FX スプレッド


FX業者のスプレッドに関する表記を見てください。「○○銭」という場合もあれば「○○pips」と書かれている場合もあります。pipsはちょっと聞きなれない単位かもしれません。

両者の違いは、 どの通貨でペアを組んでいるか お取引しやすいスプレッド によるものです。

  • 銭:日本円の含まれる通貨ペアで取引した場合
  • pips:海外の通貨でペアを組んだ場合

FX業者でスプレッドは異なる

複数あれば、対象の金融機関の間でオーダーを引き受けるため一種競争が繰り広げられます。 より有利なレートを提示したところ と取引すればいいわけです。

FXのスプレッドの計算方法

ところでこの0.2銭、 1通貨単位当たりで発生するスプレッド です。トレードする通貨単位によって発生するスプレッドの額は変わってきます。

  • 1000通貨:1000×0.2=2円
  • 1万通貨:1万×0.2=20円

となります。 スプレッドは少なければ少ないほど、それだけ低コスト となるわけです。

スプレッドでFX業者がもうかる仕組み


スプレッドに関する解説はいろいろなサイトで紹介されています。すると多くのサイトで「スプレッドはコスト、FX業者の利益になる」と紹介されます。

顧客と真逆のリスクが発生する

FX会社はお客さんの注文を受けて取引をします。値上がりした場合、 その利益を負担するのはFX業者 です。

リスクマネジメントとカバー取引

私たち顧客は買いポジションを持っています。つまり業者と顧客は反対方向のリスクを抱えているわけです。このリスクを解消するために、FX会社はカバー取引と呼ばれる手法を実践します。

カバー取引はFX業者の利益のためだけでなく、 安定したサービス提供のため にも必要です。

変動リスクのためのスプレッド


カバー取引をすることで、顧客のオーダーで生じるリスクを相殺できます。しかしこのままだと レートが変動した場合マイナスの生じるリスク は残ります。

そこでリスク回避するために、 変動リスク分を上乗せしたレート を顧客に提示します。これがスプレッドの生じる理由です。

通貨ペアによってスプレッドの異なるわけ

メジャーで取引量の豊富な通貨ペア は変動率は低く安定して相場は推移しますし、流動性も高いです。スプレッドが狭くなりがちな通貨ペアは以下のような組み合わせです。

日本円とほかのメジャーな通貨の取り合わせ は、マーケットが比較的落ち着いています。そんなに大きくレートが短期間で動かないので、スプレッドも低めです。

FXのスプレッドの種類


スプレッドには大きく分けて2種類あります。その2種類とは固定と変動です。

  • 固定:売値や買値が変動してもスプレッドは一定
  • 変動:レートの変動でスプレッドの値が変わる

ただし 固定スプレッドでもその幅が変わることもあります 。スプレッドの変動する要因は主に3つ考えられます。

  1. 経済指標の発表時
  2. イレギュラーな出来事
  3. 明け方

経済指標の発表時

JPY ・日銀短観
・景気動向指数
USD ・アメリカ雇用統計
・FOMC政策金利
EUR ・ECB政策金利
・Ifo景況感指数

イレギュラーな出来事


突発的な政治的・経済的な出来事が起きたときにレートが大きく上下動することがあります。それに対応するためにスプレッドも広がる可能性があるので注意しましょう。

また要人の発言も不安定要因です。 国のトップのほかにも実力派の政治家、中央銀行総裁の発言 で流動性が一時的に低くなることもあります。

日本時間で言うところの 朝5~8時 は流動性が低くなるので、一時的にスプレッドの広がる可能性があります。この時間帯、ニューヨーク市場が閉まって世界の主要な市場が開いていないからです。

スプレッドで比較!おすすめFX業者を紹介

1 SBI FXトレード

SBI FXトレード

  • 1通貨単位からの少額投資に対応
  • SBIグループのFXサービス
  • 業界最狭水準のスプレッド

2 外為どっとコム

外為どっとコム

  • 口座開設数50万突破 ※
  • スプレッド縮小キャンペーンがある
  • 各種取引手数料無料

3 GMOクリック証券

GMOクリック証券

  • 取引ツールが充実
  • お取引しやすいスプレッド
  • 24時間サポート無料
  • 業界最安値水準の取引コスト

関連記事|FX

・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等を提供する企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事の内容は、本記事内で紹介されている商品・サービス等の仕様等について何らかの保証をするものではありません。本記事で紹介しております商品・サービスの詳細につきましては、商品・サービスを提供している企業等へご確認くださいますようお願い申し上げます。
・本記事の内容は作成日または更新日現在のものです。本記事の作成日または更新日以後に、本記事で紹介している商品・サービスの内容が変更されている場合がございます。
・本記事内で紹介されている意見は個人的なものであり、記事の作成者その他の企業等の意見を代表するものではありません。
・本記事内で紹介されている意見は、意見を提供された方の使用当時のものであり、その内容および商品・サービスの仕様等についていかなる保証をするものでもありません。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる