取引戦略

お金がある人からリッチになるヒントを学ぶ

お金がある人からリッチになるヒントを学ぶ
流動資産自体は多いですが、売掛金や在庫の現金化が危ういです。。

【世の中の1割になれ!】大学に行ってもお金持ちになる方法は学べない

企業が経費削減でダウンサイジングをしたら、解雇が行われ、失業率が上がります。しかし、企業は逆に経費削減されたことで高評価になり市場では高評価になるんです。そして株価も上がります。そして株価が上がれば、金持ちはさらにお金持ちになっていくんです。これが異なるルールという意味になります。会社員は負けて、企業のオーナーと投資家は勝つというわけです。これによりこちら側とあちら側の住人に分かれていき、格差が広がっていきます。そしてこの流れは AI とロボットとグローバリズムで加速をしていっています。これが子供にただ勉強しろ!というのがどれだけばかげているかの理由になります。大切です。もう一度言います。子供にただ勉強しろ!というのがどれだけバカげているかの理由がこれになります。

こんなことは少し勉強すれば、すぐわかる内容なので、いかに世間の親たちが勉強をしていないかが分かります。学校ではゲームに勝つための勉強を一切していません。一生プレーすることのない違うゲームのルールを学んでいるんです。学校ではゲームに勝つための勉強は一切していません。一生プレーすることのない違うゲームのルールを学んでいます。学校での教育とは異なる教育が必要で、子どもたちはルールを知らなければいけません。世の中には 2 つのルールがあります。金持ちが使っているルールと、残りの 95% お金がある人からリッチになるヒントを学ぶ の人が使っているルールになります。この 2 つのルールが世界には存在しています。家庭や学校で教えられているのはこの 95% が使っているルールになります。

そもそも 95% の人を作るために考えられたのが今の教育システムだと言えるでしょう。親や先生は自分が知らない金持ちのルールを教えることはできません。自分が知らないから教えようがないんです。親は自分が金持ちじゃないなら子どもにお金の事は教えない方がいいかもしれません。子供は周りにお金持ちがいないなら本やネットでお金について学べばいいんです。必ず勉強した方がいいのがお金の知識と人間理解力。この 2 つになります。お金に関する知識や技術、人とのコミュニケーションの技術は、成功には欠かせないものになります。金持ちになりたいな物理や数学ではなく人間理解力を磨け!ということです。人間理解力の中にお金、心理学、哲学、コミュ力、政治、経済などが含まれます。

なぜ、自分は金持ちじゃないのか!

なぜ、自由に暮らしている人がいるのに自分は違うのか!

では、どうすれば自由に暮らせるのか!

一方の父は会社や政府が自分たちの面倒を見てくれると信じて疑いませんでした。彼にとってはその職が続けられることや福利厚生が仕事そのものより重要だったように見えます。この考えはただ生き延びるためだけに仕事をしているようなもので、そんな人生が最高に楽しいといえるでしょうか。もう一方の父は、経済的に 100% 自分に依存することが大切だと考えていました。つまり 100% 自立をしろということです。

学校で優秀な成績を取ったはずの銀行員や医者、会計士がお金持ちになれない理由はここにあります。お金の勉強をしないから一生お金のために働くことになるんです。もう一度言います。お金の勉強をしないから一生お金のために働くことになるんです。 95% の人はお金のために一生を働くことになります。

会社勤めをするよう子供に進めることは、自分には帰って来ない年金プランを当てにしながら、自分のためよりもむしろ税金のために一生働くよう勧めるのと同じことになります。自分のためより、むしろ税金!すなわち政府のために一生を働くように進めることと同じことなんです。ほとんどのビジネスマンは 1 年の半分はただ税金を払うため、いわば政府のためにだけ働いています。働いた分の半分くらいが税金として持っていかれるということになります。

金持ちの6つのルール

1つ目のルール

2つ目のルール

3つ目のルール

自分のビジネスを持つということです。言い換えると自分の資産を持つということになります。自分の資産を持つとはどういうことかと言います。とこの 3 つが挙げられます。「自分がいなくても周囲を生み出すビジネス、株、不動産」などが挙げられます。自動で収入を生むビジネスとは、会社のオーナーであたっり、本出版した本であったり、ブログだったりします。つまりほったらかしで継続的な収入を生む何かを持つことだと言えます。ほったらかしで自動的に継続的な収入を生むものを何か一つ見せてなければいけません。会社勤めでは、自分自身の資産は残らず会社の資産になってしまいます。

4つ目のルール

5つ目のルール

6つ目のルール

お金のためではなく学ぶために働くということです。いくら稼げるかではなく、何を学べるかで仕事を選べということになります。いくら稼げるかではなく何を学べるかで仕事を選びましょう。給料で仕事を選ぶのが短期志向。スキルアップで仕事を選ぶのが長期志向と言えます。人生 100 年時代と言われているので長期志向が良いのは言うまでもありません。世間には、才能はあるのに貧乏な人がとても多いです。例えば、小説家、弁護士、医者、会計士みんなとても優秀な人が多いんですが、お金持ちになれるのはごくわずかになります。理由は、セールスとマーケティングの能力がないからです。いろんな仕事を通して幅広いスキルを学んで来ないとこうなります。自営業はセールスとマーケティングが一番大切だと言えます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる