投資助言

スマホだけで取引可能

スマホだけで取引可能
最新の技術を使いながら、さりげない見守りが可能なIoT。日常にとけ込む使い方が、「見られている」という心理的な壁をとりのぞいてくれる

スマホだけで取引可能

LINE Financial 株式会社(本社:スマホだけで取引可能 東京都品川区、代表取締役社長:齊藤 哲彦、以下 LINE Financial)は、「LINE」上から身近なテーマへの投資や積立投資などの資産づくりを行える「LINE スマート投資」( https://invest.line.me/ )において、スマートフォンと本人確認書類*1 があれば、口座開設ができる「スマホで完結、本人確認」の提供を本日より開始いたしましたので、お知らせいたします。

これにより郵送受け取りによる本人確認が不要となり、スマートフォンと本人確認書類のみで「LINE スマート投資」が提供している、身近なテーマへの投資を通じた資産づくりを行える「テーマ投資」、500 円から積立投資できる「ワンコイン投資」の各サービスの口座開設の申し込みが可能となり、最短翌営業日から取引が可能となります。

「スマホで完結、本人確認」は、スマートフォンで本人確認書類と顔写真を撮影するだけで、オンライン上で本人確認が全て完結する本人確認方法(eKYC:electronic Know Your Customer)です。これまで、「LINE スマート投資」が提供する「テーマ投資」および「ワンコイン投資」サービスでは、口座開設申し込み後、本人確認を行うには郵送受取りによる本人確認の必要があり、口座開設申し込みから口座開設後、取引利用まで最短 5 営業日程度かかっていましたが、「スマホで完結、本人確認」をご利用いただくことで、口座開設申し込み後、最短翌営業日から取引が可能になりました。そのため、今までよりも簡単・手軽に口座開設の申し込みが可能になります。

「スマホで完結、本人確認」の実現にあたっては、シンプレクス株式会社(スマホだけで取引可能 本社:東京都港区、代表取締役社長:金子英樹、以下:シンプレクス)より、AI スマホだけで取引可能 技術を活用し、本人確認書類の顔写真と本人画像のデータの照合を行う本人確認プラットフォーム「Deep Percept for eKYC」を採用しております。

コピー機とスマホを連携させる方法とは?連携時の手順や注意点を解説


スマートフォンは高性能化が進み、電話だけでなく資料の閲覧やプレゼンに使うなど、ビジネスシーンで欠かせないツールとなりつつあります。スマホで撮影した内容をコピー機で印刷したり、コピー機でスキャンした内容をスマホに送ったりできれば便利だと感じている人も多いのではないでしょうか。そこで、この記事ではコピー機とスマホを連携させる具体的な方法や、連携させる際に注意したいポイントなどを紹介します。

スマホ連携可能なコピー機をすでに 導入済みの方 はこちら

コピー機とスマホの連携で可能な作業

1-1.スマホに保存されたデータをコピー機で印刷する

1-2.コピー機でスキャンした内容をスマホに送る

スマホ連携に対応しているおすすめコピー機

2-1.スマホだけで取引可能 キヤノン iR-ADV C3520F

2-2.富士フィルム MFX-2875

また、「優先待機画面設定」「優先応用機能の選択」などで画面上を自由にカスタマイズできます。
「My MFPメニュー」では、よく使用する機能を6つまで選択して並べることも可能です。
ボタンひとつで選択したメニューが表示されるため、コピー機の設定時間を大幅に短縮します。

2-3.ムラテック ApeosPort C6570

ムラテックのApeosPort C6570は自動両面原稿送り装置に、重送検知機能が標準で搭載されています。
原稿は一度に250枚までセットでき、1分間に270ページを読み取ります。
そのため、大量のスキャンやコピーでも読み取り漏れのリスクを低減します。

スマホに保存されたデータをコピー機で印刷する方法

3-1.iPhoneのAirPrintを利用する

それでは、AirPrintを利用して印刷する手順を説明します。
1.印刷したい写真や書類を表示します。その状態で、左下にある共有ボタン(四角形の上部から矢印が出ているマーク)をタップしましょう。
2.下からポップアップしてきた表示メニューを左から右へとスワイプし、「プリント」をタップします。
3.「プリンタ」をタップすると無線LANにつながっているコピー機が表示されますので、選択します。
4.印刷したい枚数を指定して「プリント」をタップすれば、指定したコピー機が印刷を開始します。

3-2.スマホだけで取引可能 各メーカーのアプリを利用する

それでは、各メーカーのアプリを利用して印刷するときの手順を説明します。
1.Google PlayやApp Storeで、使っているコピー機のメーカーのアプリを探します。たとえば、キャノンなら「プリンタキャノン」などのワードで検索すれば見つかりやすいでしょう。利用しているコピー機に対応していることを確認してから、インストールします。
2.インストールしたアプリを起動させましょう。ギャラリーなどから印刷したい写真や書類を表示させ、メニューをタップして「印刷」を選びます。
3.設定画面が表れたら、使用したいコピー機を選択し、用紙サイズや種類なども指定しましょう。
4.「印刷」や「プリント」をタップすると、データの印刷が始まります。

キヤノン 「Canon PRINT Business」

「Canon PRINT Business」はモバイル連携の他にも、留め置き文書の印刷指示ができるプリントリリースやEメールアドレスを使った宛先への送信にも対応しています。
多彩な連携により、情報活用の幅を大きく広げます。

利用方法はスマホなどのモバイル機器に「Canon PRINT Business」をダウンロードし、QRコードにより接続設定を行います。
無線LAN経由のダイレクト接続で、モバイル機器からのデータ出力やスキャンデータの取り込みが行えます。

「Canon PRINT Business」は、App StoreやGoogle playから無償でダウンロードできます。

富士フィルム「Fuji Xerox Print Utility」

プリント、コピー、スキャン(モバイル取り込み/メール送信/ボックス保存)、ファクスの操作をiOSやAndroidTMのモバイル端末から行えます。
複合機 / プリンター、ソフトウェアとの連携により、モバイル端末を利用した業務の効率化を実現します。

「Fuji Xerox Print スマホだけで取引可能 Utility」は、App StoreやGoogle playから無償でダウンロードできます。

ムラテック 「Muratec Mobile」

「Muratec Mobile」は、App StoreやGoogle playから無償でダウンロードできます。

コピー機でスキャンした内容をスマホに送る方法

コピー機でスキャンした内容をスマホに送る場合の手順を紹介していきます。この場合も、コピー機のメーカーが提供するアプリをスマホにインストールしておくことが必要です。
1.Google PlayやApp Storeで対応しているアプリを探し、スマホにインストールします。
2.コピー機に読み取りたい原稿をセットして「スキャン」を押し、保存先として「スマートフォン」を選択しましょう。
3.「読み取りスタート」を押します。
4.スマホのアプリを起動させ、接続します。
5.機種によっては、アプリに接続番号が表示されます。そのときは、コピー機に接続番号をそのまま入力し「確認」を押しましょう。スキャンしたデータの保存が開始されます。

コピー機とスマホを連携させるときの注意点

利用にはモバイル連携に対応するコピー機の導入と併せてアプリのインストールが必要です。
また、無線LANを介したデータのやり取りは、情報漏えいのリスクがあります。
こうした注意点をしっかりと確認することが重要です。

一人暮らし高齢者の見守りサービスいろいろ。スマホやIoTの活用から駆けつけまで【高齢者の住まいを考える②】。LIFULL HOME'S PRESSは、住宅の最新トレンドや専門家による正しい住宅情報を発信していきます【LIFULL HOME'S PRESS/ライフルホームズプレス】

一人暮らし高齢者の見守りサービスいろいろ。スマホやIoTの活用から駆けつけまで【高齢者の住まいを考える②】

独居高齢者の暮らしを見守る人・モノ・システム

見守りサービスが多様化している今、その選択肢が広がっている。見守る側・見守られる側、双方のニーズを吟味し、納得いく選択を

見守りサービスが多様化している今、その選択肢が広がっている。見守る側・見守られる側、双方のニーズを吟味し、納得いく選択を

そこで活用を考えたいのが、高齢者の見守りサービス。「見守り」といっても、Face to faceによる対面の見守りだけではない。発売当初から話題になった、電気ポットの使用状況によって異常を感知して知らせてくれる製品や、今ではIoT技術の発達により他の家電製品でも、さりげない見守りが可能となっている。

いつものスマホで手軽に始められる見守りサービス

スマホさえあればOKの見守り。新たにモノを用意する必要がない手軽さが便利

スマホさえあればOKの見守り。新たにモノを用意する必要がない手軽さが便利

■みまもりサービス(みまもる)(みまもられる)
■おうちで安心
■Life360

IoTを活用してさりげない見守りを実現するサービス

最新の技術を使いながら、さりげない見守りが可能なIoT。日常にとけ込む使い方が、「見られている」という心理的な壁をとりのぞいてくれる

最新の技術を使いながら、さりげない見守りが可能なIoT。日常にとけ込む使い方が、「見られている」という心理的な壁をとりのぞいてくれる

IoT(アイオーティー)とはInternet of Thingsの略。インターネットを経由してモノとモノとが通信してつながることを言う。以前はインターネットにつながっていなかったような家電製品にも次々と搭載されており、高齢者の見守りにも活躍している。大がかりな工事は不要で、手軽に導入できるのも魅力だ。日常生活でいつも通りに家電を使えばいいだけなので、スマホに不慣れな高齢者にとっては負担がなく、アプリよりさらに手軽に導入できる見守りのひとつだ。

■HelloLight

HelloLight は、LED電球のON/OFFを通信で知らせてくれるIoT電球。自宅で使っている電球を、ひとつこれに交換するだけでよい。点灯すると電球内のSIMが発信、登録したアドレスにお知らせが届く。点灯しっぱなしであったり、逆に点灯しない場合にも、お知らせが届く仕組み。つまり「点灯」と「期間」を検知してくれるというわけだ。工事や電源は不要で、WiFiも不要とのこと。ヤマト運輸が、この商品を使った「クロネコ見守りサービスあんしんハローライトプラン」を実施している。家族と離れて暮らす高齢者宅にも電球を取り付けにいってくれ、異常を検知した見守る側の家族からの依頼があれば、訪問もしてくれる。
商品開発:ハローライト株式会社
紹介したサービスの運営:ヤマト運輸株式会社

成功のカギは、会議プロセスの可視化。AQUOSスマホの“らしさ”を導き表現した、ビジュアルファシリテーションとは

鎌田(シャープ) :そうですね。そもそもシャープのスマートフォンを手掛けるチームは、我々商品企画部は広島にいて、菊池などのデザインチームは千葉、各機能を手掛けるエンジニアはまた別の場所、と各地に散らばっています。今回の進め方は、時間や距離を超えて意見を交わせるうえ、見た目にも綺麗に整理されたわかりやすいヒアリングシートを用意していただけたので、ミーティングに参加できない人にも共有しやすい面がありました。

鎌田(シャープ) :アマナさんからは「シャープブランドは真面目なイメージですが、もう少し、何か興味をひく部分がほしいような気がします」と指摘され、「まさにそうだ!」と膝を打ったのを覚えています。菊池が先に述べたような“型にはまりがち”な面が我々にはあるんじゃないかと。

丸岡(アマナ):はい。当初はこちらが用意したPDF資料を共有しながら、Zoomでミーティングを進めるスタイルでした。しかし、納期が迫っていることもあって、途中からオンラインホワイトボードサービスを使って、リアルタイムに同期しながらディスカッションするスタイルにさせてもらいました。

鎌田(シャープ) :丸岡さんの、ビジュアルを使ったファシリテーションが活きる仕組みだなと感じました。

他部署や上長を“巻き込みやすい”オンラインホワイトボードのつくり方

菊池(シャープ) :例えばイラストのイメージを決める際、フリー素材から画像やイラストを持ってきて「たとえばこんな感じですか?」とボード上で共有されると、イメージがビジュアルですぐ伝わる。「いや、こんな感じです」とこちらが別の画像を貼り付けたら、修正もすぐにできますしね。言語よりもダイレクトに、解像度の高い議論ができた。

丸岡(アマナ):スマホ起動時の動画アニメーションも、菊池さんのデザインチームとボード上で「こんな感じ?」「いや、こっちかな」と互いに動画をアップし合って決めていきましたよね。

菊池(シャープ) :そうですね。リアルでそれぞれのアイデアスケッチブックを見せ合うようなスピード感で話を詰められたのは、とても刺激的でした。

鎌田(シャープ) :いま菊池と丸岡さんが話したようなやりとり、画像の共有やメモを含めて、丸岡さんがボード上に整理してくれていました。議論や思考の流れが時系列で整理され、そのままあとから振り返られるようにしていただいた。

丸岡(アマナ):「選択した決定案」だけを残すのではなく、思考のプロセスまで振り返られるようにしました。ビジュアルの方向性も、そこに至るまでの経緯を残しておくと、途中から参加した方にも「どういうやりとりがあって、今どこまで決まっているか」が理解できます。

鎌田(シャープ) :「何がどこまで決まったの?」などと途中参加した人に説明する時間が省ける。スピード感に大きな差が出ますよね。プロセスがクリアだったからこそ、先に話したような他部署からの意見も集まりやすかったんだと思います。

菊池(シャープ) : 普段、意見をくださらない方々が自分の意見をさくっと伝えてくれたのは、とても意義がありました。

鎌田(シャープ) :そうなんです。ボードを見れば、プロセスがすべて残っている。ビジュアルで整理されているので、そのまま「美しい議事録」になります。他部署との共有や、上長への報告にもそのまま活用しました。

鎌田(シャープ) :そうですね。結果としてスタートから3ヶ月程度とタイトなスケジュールだったのですが、期待以上のクオリティのイラスト、動画、そしてガイドラインができました。

鎌田(シャープ) :私は、最初にこの「スクロールオート」のイラストを見たときに、プロジェクトの成功を確信しました。自動的に画面をスクロールさせる機能なのですが、これを説明する一枚絵に、波打った長いスクロール画面に横たわってスマホを見る人の姿を描いてくれた。

丸岡(アマナ):ヒアリングから「もっとベネフィットを、体験価値を伝える方向に寄せていきたい」という意見が出てきて、それを表現してみました。

鎌田(シャープ) :それこそ、“AQUOSらしさ”を議論することで出てきた、“真面目だけど「面白い」”が具現化できたなと感じました。

鎌田(シャープ) :発売時のメディアからの反応としては、かつてよりうんとソフトウェア、機能の体験価値にフォーカスして取り上げていただけました。直感的に認識しやすいイラストがあることで、メディア側も取り上げやすかったのだと思います。

丸岡(アマナ):それはうれしいですね。AQUOSに触れる方々のイメージと今回のビジュアライズの取り組みが、ずれていなかったことの証にも感じます。

鎌田(シャープ) :スマホだけでなく、他のデバイスでも同じガイドラインでいけるのか。イラストもカスタマイズが必要なのか。これからもたびたび、ご相談すると思います。

Tixplus

  • 各先行ごとに、お申込み可能な対象者(応募者・同行者)が異なります。必ず対象をご確認の上、お申し込みください。
  • お申し込みは各先行につき、「お一人さま1回のみ。1公演につき2枚まで。」となります。
  • 1回のお申し込みで、各先行につき第1希望〜第10希望(任意)まで選択可能、同一日時公演の重複当選はありません。
  • 同行者としてお申込みされた場合も申込み回数が1回としてカウントされます。
  • 同一先行での重複応募は応募無効となる可能性があります。
  • 同一先行内での応募者/同行者を入れ替えてのお申込みは、組み合わせによっては応募無効となる場合もありますので、ご注意ください。

  • 各チケットの一般発売は全て抽選となります。先着順ではございませんので、受付期間中に公演に関する注意事項をご確認いただいき、お間違えのないようお申し込みください。受付終了後、抽選により当選者を決定させていただきます。
  • 受付開始直後と受付終了間近は、アクセス集中により繋がりにくい可能性があります。予め時間に余裕をもって、お申込み手続きをお願いいたします。
  • 今後の情勢により、ご応募していただいたチケットがお隣同士にならない、または当初販売していなかった空席が追加販売になる可能性がございます。その場合、左右を空けた座席ではなく、他のお客様が座る可能性がございます。
  • チケットご応募、ご来場の際にお客さまの緊急連絡先などをご提供していただく場合がございます。
  • お客さまの個人情報は国の機関、自治体等からの要請を受けて、必要な情報提供を行う場合がございますので、予めご了承ください。
  • お客様の都合による、チケット応募後のキャンセル/変更/払い戻しは一切できません。例外として、公演が中止になった場合などに、払い戻しのご案内をさせていただく場合がございます。
  • やむを得ない理由により参加ができなくなった場合はチケプラ公式トレードをご利用ください。
  • 車椅子でご来場の方には専用のエリアをご用意いたします。対象の方は、お申し込みの際に専用フォームにチェックを入れてください。 座席数には限りがございますので、予めご了承ください。
  • 車椅子1名様に対し、付き添いは1名様までとなります。お申し込みの際にご同行者様を指定してください。

  • 転売目的のチケット応募は一切禁止といたします。本受付にて応募されたチケットは、理由を問わず第三者に転売する行為は一切禁止されています。また、転売のために第三者に提供する行為も禁止されています。
  • 転売行為とは、オークションへの出品、落札、インターネット上の売買、チケットショップ、応募代行業者、ダフ屋や悪質な第三者を通じての売買等を含んでおります。
  • スマホだけで取引可能
  • オークション等での出品や高額転売などが発覚した場合は、出品者及び応募者の入場をお断りさせていただきます。また、転売等が確認できた場合、公演当日に該当席のご本人確認をする場合があります。ご本人確認が取れなかった場合には、ご入場をお断りさせていただく場合がございます。
  • チケットの譲渡等に関するトラブルは主催者は一切の責任を負いかねます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる