外国為替証拠金取引

テクニカル分析ってなに

テクニカル分析ってなに
この部分はYoutubeの方でも解説していますので、音声を聞ける環境の方は動画もご利用ください♪

売りか? 買いか? 投資家やトレーダーは, どの有価証券 (以下, 証券) をいつ売買するべきかという複雑な疑問と常に向き合っています。証券取引では, 運が良ければ誰でも推測や直感で利益を上げることができるかもしれません。しかし, 株券などの金融商品や先物を含むデリバティブ (金融派生商品) の取引, またはFXといった外貨為替取引においては, 「 ⁠テクニカル分析」 によるシステム的な運用計画や戦略を立てることにより, さらなる利益を生み出せる可能性があります。

テクニカル分析で市場の動きを見極める

テクニカル分析において, トレーダーは現在の市場の状態や今後の変化を示す視覚的なテクニカル指標を基にして, どの証券をいつ売買するのかを判断できます。最適化された戦略とアルゴリズムを駆使してコンピューター化された売買取引が行われる近年において, テクニカル分析はさらに大きな役割を果たします。過去のデータを利用してパフォーマンスを検証するバックテストに基づいた最適化戦略は, それぞれの証券の最適な取引パラメーターを選択するのに役立ちます。しかし, とある証券において効果的な戦略は, 必ずしもその他すべての証券でも効果を上げるとはかぎりません。また, バックテストで効果的だった戦略が, すべてのデータにおいても有効であるとはかぎりません。そこで, LightningChart® Traderのビルドイン機能を使用することにより, それぞれの証券の最適な取引パラメーターを選択するためのシステム的な運用計画や戦略を立てることができます。

LightningChart® Traderとは?

Arction社が提供する.NET向けデータ視覚化ツールのLightningChart® .NETには, 証券取引アプリケーションの開発プロセスを大幅に簡素化できるチャートコンポーネントのLightningChart® Traderが含まれています。LightningChart® Traderは, 証券取引アプリケーションをビルドするためのプロパティやメソッドを含む簡易的なインターフェイスを提供し, APIオーバーヘッドなしでアプリケーションを開発できます。LightningChart® Traderを使用して生成したチャートは, 堅牢かつ高速なLightningChart® テクニカル分析ってなに APIの上にビルドされます。LightningChart® TraderのUIコントロールをアプリケーションに追加して証券と日付の範囲を選択することで, Webサービスから読み込まれた最新の取引データの中から対応するデータセットを取得できます。また, カスタムデータプロバイダークラスを実装したり, プログラムで任意の場所からデータを取得したりすることで, 配列やCSVファイルとしてチャートに渡すこともできます。

図1 価格は, ローソク足チャート, 棒グラフ, ラインチャート, またはマウンテンチャートとして表示可能

図1 価格は,ローソク足チャート,棒グラフ,ラインチャート,またはマウンテンチャートとして表示可能

テクニカル指標で市場のトレンドや過熱度を判断する

LightningChart® TraderのUIコントロールには, それぞれのデータ値をトラッキングするためのデータカーソル, 非取引期間の自動削除, そして公開済みのデータセットから指定のパラメーターに基づいて計算されるテクニカル指標など, いくつかのビルドイン機能があります。

テクニカル指標には, 市場における上昇や下降トレンドを分析するトレンド系 (順張り系) 指標と, 買われ過ぎや売られ過ぎといった市場の過熱度を分析するオシレーター系 (逆張り系) 指標があります。LightningChart® Traderは, これら両方の指標を提供します。たとえば, 以下の指標を利用できます。

  • 単純移動平均 (SMA)
  • 加重移動平均 (WMA)
  • 指数移動平均 (EMA)
  • ボリンジャーバンド
  • 相対力指数 (RSI)
  • 移動平均収束拡散法 (MACD)
  • ボリューム, 出来高
  • 未決済の建玉 (OI)

図2 移動平均, 相対力指数, 移動平均収束拡散法指標, ボリューム, 未決済の建玉

図2 移動平均,相対力指数,移動平均収束拡散法指標,ボリューム,未決済の建玉

LightningChart® Traderは, 支持線や抵抗線, 回帰直線などのラインに基づいたデータ分析を行うための描画ツールも提供します。上記の指標とこれらのラインをチャート領域内の任意の位置に描画することで, 証券取引データの動きをさらに分かりやすく視覚化します。たとえば, 以下の描画ツールを利用できます。

  • フィボナッチリトレースメント
  • フィボナッチファン
  • フィボナッチアーク
  • トレンドライン
  • エクステンションを備えたトレンドライン
  • 線形回帰ライン
  • 標準偏差に基づく線形回帰チャネルおよびRaffチャネル

図3 ボリンジャーバンドおよびフィボナッチファン

図3 ボリンジャーバンドおよびフィボナッチファン

図4 フィボナッチアークおよびRaffチャネル

図4 フィボナッチアークおよびRaffチャネル

証券取引市場では, 短期間でさまざまな証券の価格が変動することは珍しくありません。証券取引では, 推測や直感だけではなく, さまざまな指標を基にしたテクニカル分析や戦略に沿って将来の価格変動をできるだけ正確に分析することも証券売買の重要な判断要素になりえます。一方で, 一般的に使用される指標であっても, それぞれの証券データをもとに手動で計算するには膨大な時間と労力が必要となります。そこで, LightningChart® Traderのビルドイン機能により, これらの指標を自動で導き出し, 独自のUIコントロールを通して証券データを分かりやすくチャート上に表示することができます。LightningChart® Traderを使って, 効率的な証券取引を実現するためのアプリケーション開発をはじめましょう。

LightningChart® Traderは, LightningChart® .NETのコンポーネントの一部として提供されます。LightningChart® .NETの製品ライセンスをお持ちの方は, LightningChart® TraderのAPIソースコードを無償で利用できます。また, GPUアクセラレーターで最適化されたレンダリング性能を活用してカスタム機能を実装できるLightningChart® .NETのAPIもフルで利用できます。

エクセルソフト株式会社では, この記事で紹介した証券取引をはじめとする幅広い専門分野向けのチャート生成を支援するLightningChart® .NET製品のほか, JavaScriptおよびTypeScript向けに高いリフレッシュレートと高精度なデータ視覚化を瞬時に実現するLightningChart® JS製品も販売しています。サブスクリプションをお持ちの方を対象に, 日本語での技術サポートも提供しています。

使用の際に役立つスタートガイド, ユーザーマニュアル, チュートリアルなどのリソースも日本語にて無償で提供されていますので, まずは無償体験版をダウンロードして, LightningChart®製品によるデータ視覚化の性能をご確認ください。

【初心者必読】テクニカル分析を使いこなすうえで重要なことをわかりやすく解説!

テクニカル分析とは、 株価などの変動の推移を、図式化したものを用いて、 株価の動きを分析すること」 のことです。多くの人が「投資」といえば、上記の画像のような「チャート(図表・グラフ)」をイメージするかと思います。代表的なテクニカル分析でもある、「ローソク足」や「移動平均線」などのほか、世界中に様々なテクニカル分析が生み出されてきました。ひらたくいえば、「今までの株価をグラフにしたものを使って、現在の株価や将来の株価の動きを推測する」株価の分析方法が、テクニカル分析です。

☝それぞれのテクニカル分析に「一般的な買いサイン・売りサイン」がある

グランビル買➀

それぞれのテクニカル分析には 「このようになったら買いサイン」「このようになったら売りサイン」というような、「売買シグナル」が存在します。 しかし、全員がその通りにやって簡単に利益を上げることができるのであれば、だれでも億万長者です。

テクニカル分析において売買サインが出たものの、そのサインとは全く逆方向に動いていくことを「ダマシ」といい、相場と関わる限り、永遠に付き合うことになります。
しかし、テクニカル分析の「シグナル」が出るのが早いものであればあればあるほど、「ダマシ」となることは多いです。逆に「ダマシ」となる可能性をひくくすればするほど、「シグナル」が出るのが遅いです。 「シグナルの出るスピードと、ダマシとなる可能性は相反する」 ということは、ここでは把握しておきましょう。

テクニカル分析によって「世界中の出来事」を知ることができる

テクニカル分析を使いこなすことで、自分が普段で生活しているだけでは気づくことができない、世界中の出来事を把握することができます。

相場の急落

アメリカの突発的なテロのニュースを、ニュースをみることができる状態になければ、そのことを知ることができません。しかし、上記のような急落のチャートを見れば、 「市場が想定していなかった、新しい悪材料が出てきた」 とことだけはわかります。

様々な株価は、世界中の人や機械などが売買して、価格を形成しています。
その株価の動きをもとに作られているテクニカル分析は、 世界中の起きている出来事を、察知させてくれるのです。 テクニカル分析ってなに

テクニカル分析は「自分の予想が間違っていたこと」を教えてくれる

テクニカル分析は「自分の予想が間違っていたことを教えてくれるもの」でもあります。上の例では、テロの発生を、株価の下落要因と考えましたが、テロが起きれば必ず株価が下落するとは限りません。今までも「2001年多発テロ」の時は世界中で株価が大きく下落しましたが、「ISIS」関連のテロ事件では、そこまでの大きな下落はしませんでした。 「このニュースは上昇要因だろう」というような、個人の予想や、市場予想と、実際の株価の動きが違うことはよくあります。

これから相場に触れる方や、まだ経験が浅い方は、ピンと来ない方もいるかもしれませんしかし、 株価とは、こういった予想外の動きをする生き物です。 必ず、自分の予想や、市場予想、一般的な常識などが、通用しない場面が出てきます。

テクニカル分析を使用していると「もし自分の予想があっていれば、ここは超えるはずがない・この形にはなるはずがない」というような、「基準」がいくつか存在します。「このようになったら、自分の予想は間違っているよというヒント」を与えてくれるのです。

テクニカル分析は「トレンド系」と「オシレーター系」がある

テクニカル分析には、たくさんの種類があり、それぞれ多くの特徴を持っています。大きく分けて「トレンド系」と「オシレータ系」に分類できます。

「ト レンド系」は、移動平均線に代表されるよう、株価の方向性をつかむことに特化しています。
☞「トレンド系指標とは?知っておくべき基礎知識」

「オシレーター系」は、上がり過ぎ・下がり過ぎといった、相場の過熱感見るため に使用されます。
⇒「オシレ―タ系指標とは?知っておくべき基礎知識」

他にも、「カギ足」などの時間という概念を排除した「非時系列チャート」や、取引量から計算する分析方もあります。

「自分が使用しているテクニカルチャートは、どのように計算されていて、どのような特徴があるのか」は把握するようにしましょう。

テクニカル分析を「組み合わせる」

テクニカル分析の分析法には、それぞれメリット、デメリットが存在します。これに対しての対策として、 テクニカル指標を組み合わせる ことが有効な手段となります。

組み合わせパターンは、かなりの種類が考えられますが、しっかりとそれぞれの特徴を理解し、「弱点を補完し合うような組み合わせ」が基本と言われており、「トレンド系×オシレータ系」での組み合わせがセオリーです。そのため、様々な証券会社の取引ツールでも、メインチャートにトレンド系、サブチャートにオシレータ系となっていることが多いです。

☝都合のいい情報だけ見ないようにする

テクニカル分析を組み合わせていると、1つの分析では買いサイン、他の分析法では、売りサインというような、 それぞれの分析法によって、相場の予想が逆になる状態 があります。

そうなったときに人間は、 自分にとって、都合のいい情報だけを受け入れてしまう という特性があるため、多くのものを見ていると、自分に取って都合のいいものだけを受け入れてしまい、思わぬ大きな損失を出してしまう可能性があります。

そのため、「しっかりと目的に合ったものを選択する」ことが必要です。当サイトでは、各テクニカル指標の特徴や原理、一般的な売買サインまで、詳しく解説しますので、しっかりと理解したうえで、実際にシュミレーションをしてみてください(^^)

そして、その中で、「自分が好きなテクニカル分析」を見つけることが、長期的な利益への近道です。誰にでも、向き不向きがあり、好き嫌いもあるものです。
それぞれのテクニカル指標の 特徴や原理を理解したうえで、試行錯誤を繰り返し、 「お気に入りの指標」を見つけるようにしましょう。

テクニカル指標は、 「株価の動きを図式化したもの」 であり、

  • 世界中の出来事を表している
  • 「サインの速さ」と「だましの少なさ」はそう反する
  • テクニカル分析ってなに テクニカル分析ってなに
  • 自分の予想の間違いを教えてくれる
  • トレンド系・オシレータ系がある
  • 「お気に入り」を見つける
  • 「組み合わせ」を意識する

これらを意識したうえで、 テクニカル分析を学び、 実践をしていくうえで、 これらを意識しているのか、 していないのかでは、 理解のスピードも、 利益が出始める時期も 大幅に異なります 「倍ブル!」では、それぞれの指標の特徴や、具体的な使用法も、 細かく1つ1つ解説していきます。

テクニカル分析 英語 意味 - 英語訳

Bitcoin: Continue Watching Lows We said in our last technical テクニカル分析ってなに analysis that we need to keep watching the lows in the market.

Market of trading テクニカル分析ってなに robots and indicators Trading signals and Virtual hosting- find out what your trading platform is capable of.

MetaTrader 5 providing user friendly trading and technical analysis tools is expected to have positive

can be used for technical analysis with built-in indicators or testing strategies in the Advisor Tester.

Charts are necessary for performing of technical analysis working of expert advisors and testing thereof.

Bollinger Bands Width(BBW) is a technical analysis indicator derived from the standard Bollinger Band indicator.

日本語 - 英語

英語 - 日本語

and required to achieve the purposes illustrated in the cookie policy. If you want to know more or withdraw your consent to all テクニカル分析ってなに or some of the cookies, テクニカル分析ってなに please refer to the cookie テクニカル分析ってなに policy .
By closing this banner, scrolling this page, clicking a link or continuing to browse otherwise, you agree to the use of cookies.

Opt-Out of the テクニカル分析ってなに sale of personal information
We won't sell your personal information to inform the ads you see. You may still テクニカル分析ってなに see interest-based ads if your テクニカル分析ってなに information is sold by other companies or was sold previously. Opt-Out Dismiss

FXのテクニカル分析・強化訓練場!イチから奥義まで習得できます(・∀・)

テクニカル分析訓練場

テクニカル分析のサムネイル

この部分はYoutubeの方でも解説していますので、音声を聞ける環境の方は動画もご利用ください♪

FXのテクニカル分析とは、 チャートを使って過去の値動きを分析し、未来の値動きの予測を導き出す手法 のことです。

様々なテクニカル分析ツール

「一目均衡表 – Ichimoku Kinko Hyo – 」

「単純移動平均線 -Simple Moving Average -」

んなことはなく、普通のデイトレとかであれば スマホ1つで 十分にテクニカル分析の力を発揮し、トレードしていけます!

ですので「つかPCとか持ってないんだけどっ」て感じの 渋谷のギャルでもマスターできるはず なのでご安心を♪

テクニカル分析とファンダメンタルズ分析

テクニカル分析は、経済成長や金利に政治的なリスク、災害・戦争などからその通貨の価値を分析していく FXのファンダメンタルズ分析 とは対をなす分析方法です。

ま、逆に経済的な知識がなくとも、 FXはチャートのみで稼いでいくのは十分に可能だ ということでもあります(`・∀・´)

という訳で、ここにベストマッチするのは、ORZと同じく デイトレーダー〜短期のスイングトレーダー、またスキャルパーさん にも合うと思います(・∀・)

Step1.テクニカル分析の基礎知識・やり方の解説

ー 需供に関するあらゆる事象は全て市場価格(チャート)に織り込まれる ー

NYダウ平均でもおなじみ、 チャールズ・ダウ先輩 の理論ですが、これはチャートの値動きに経済の変化とか災害も含め、あらゆるものから起こる 需給(売りたい・買いたい)が現れているよ 、という理論です。

チャートの値動きを分かりやすく表しているローソク足の使い方!

Step2.トレンドとレンジを見極める

Step2では、インジケーターを使い相場が今後、 買われやすい(上がりやすい) のか、 売られやすい(下がりやすい) のか、はたまた 横ばいになりやすい のか、相場の方向性を見極める方法を身につけて行きましょう(・∀・)

インジケーターを使い相場の方向性を見極めよう!

Step3.テクニカル分析から実際に買う・売るポイントを判断!

Step3では相場の方向性から更に踏み込んで、テクニカル分析から 「勝てる期待値の高いポイント」 、つまり実際のトレードでエントリーするポイントをはじき出していきます(・∀・)

Step4.チャートに奥行きを持たせる「マルチタイム」の概念

ここではStep2相場の方向性・Step3売買ポイントに 時間軸 を加えて、多次元的により精度の高いテクニカル分析を身につけていきましょう♪

最終Step.テクニカル分析を120%活かす考え方

いよいよ最終Step。
ここでは、テクニカル分析を実践トレードで バッチリ使いこなすための考え方 や、エントリーから決済まで一連の流れをデザインする力、 テクニカル分析ってなに 「シナリオ」 を身につけて仕上げていきます♪

【徹底解説】 テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 の違いって?

Candlestick


一定期間の相場の4本値(始値、高値、安値、終値)を用いて一本の棒状の足を生成したものです。江戸時代の日本で生まれた大変歴史があるものですが、現在では海外でも広く使われています。

移動平均線

MA_USDJPY_RE


あらかじめ設定した期間の終値を平均し、その数値を一本の線でつなげたもの。
短期・中期・長期の交差する様子を見て、判断を行います。

オシレーター系指標

RSI (アールエスアイ)

「Relative テクニカル分析ってなに Strength Index」の略で、日本語では、相対力指数といいます。一定期間の値動きの強弱を表した指標のことです。

ストキャスティクス

ファンダメンタル分析 の概要

テクニカル分析 をさらに詳しく!

dbb3b8d941462528a02b1ced0b3d1b27_s

テクニカル分析 はなぜ重要か

特に、FXでは売買のタイミングを計るうえで「 テクニカル分析 」の知識は欠かせません。

このとき、どうしても必要になるのが テクニカル分析 の知識です。

テクニカル分析 から理解できること

  • エントリータイミング(売買を開始するタイミング)
  • エグジットタイミング(利益を決済するタイミング)
  • ロスカット水準(損失を確定させるタイミング)

ファンダメンタル分析 をさらに詳しく!

e16eb4784afd10a48e0553162d631157_s

ファンダメンタル分析 の重要性

ファンダメンタル分析 の仕方

では、どのように ファンダメンタル分析 をすればよいのでしょうか。毎日たくさんの経済指標が発表されていますが、すべてをチェックすることはできません。特に重要な項目に絞って調査することがポイントです。

おススメの ファンダメンタル分析 は、各国の政策金利に注目する方法です。
ドル円を例に考えてみましょう。

ファンダメンタル分析 だけで勝負するのは難しい

テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 の比較

37a441f39a73cb1875101fc0be6afc73_s

テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 ではどちらが稼ぎやすいか

一概には言い切れませんが、短期売買であればあるほど テクニカル分析 、長期売買になればなるほど ファンダメンタル分析 が有効といえるでしょう。

短期売買ではファンダメンタルが意識される場面は少なくなり、むしろテクニカル要因での変動が多くなります。スキャルピングトレードやデイトレードでは、エントリー・決済・ストップロスなどを決めるのは テクニカル分析 です。

メリットとデメリットを比較する

テクニカル分析 テクニカル分析ってなに のメリット

  • 分析によっては精度を高められる
  • 視覚的に価格の動きを把握できる
  • エントリー・決済・ストップロスなどが明確に決められる

ファンダメンタルズ分析のメリット

  • 中、長期的目線で分析できる
  • 相場の大きなトレンドを形成するのはファンダメンタルが要因となるケースが多い。

テクニカル分析 のデメリット

  • シグナルが多く、ダマシが多い
  • 数々のテクニカルツールを使いこなすのは難しい
  • 過去のデータを使用しているため、将来に適用できるとは限らない

ファンダメンタル分析 のデメリット

  • 市場がニュースをどのようにとらえるか予測がつきにくい
  • 情報を知るまでにタイムラグがある

大切なのは、両者を竹馬のようにバランスを保ちながら使い分けること。
ファンダメンタル分析 をして、大まかな相場の方向性を見定めてから、 テクニカル分析 で売買ポイントを探してみましょう。両者の方向が一致したときに売買をすると、トレードの精度も向上していきます。ぜひ、試してみてください。

ここまで、 テクニカル分析 と ファンダメンタル分析 の特長を紹介してきました。大切なことは、どちらか一方だけではなく、どちらも併用して使い分けること。大きな視点で経済の動向を見極め、適切なタイミングを見計らってのエントリーがとても重要です。

僕が運営している投資の学校とは、2008年に「世界水準の投資教育と最高の学びを提供する」というビジョンの元、
大学受験の予備校のようなスタイルで一流の投資家から直接、彼らの実践方法を学べる学校として創業しました。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる