デモトレード

財務分析システム

財務分析システム

臨床試験管理システム市場、2027年に18億4,040万米ドル規模到達見込み

株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「臨床試験管理システム (CTMS) の世界市場 (2022-2027年):産業動向・シェア・規模・成長・機会・予測」(IMARC Services Private Limited)の販売を5月30日より開始いたしました。

コンポーネント別の市場区分
・ソフトウェア
・サービス

導入形態別の市場区分
・ウェブベース
・オンプレミス
・クラウド型

エンドユーザー別の市場区分
製薬・バイオテクノロジー企業
受託研究機関
その他

市場の競合状況
世界の臨床試験管理システム市場における主要な企業としては、Advarra Inc., ArisGlobal LLC, BioClinica Inc., DataTrak International Inc., DZS Clinical Services Inc. (WDB Holdings Co. Ltd.), International Business Machines Corporation, Medidata Solutions Inc. (Dassault Systèmes 財務分析システム SE), MedNet Solutions 財務分析システム Inc., Oracle Corporation, Parexel International Corporation, RealTime Software Solutions LLC, Veeva Systems Inc.などが挙げられます。

【本件に関するお問合せ先】
<アジア最大の市場調査レポート販売代理店>
株式会社グローバルインフォメーション
マーケティング部
E-mail:[email protected]
TEL:044-952-0102(9:00-18:00 土日・祝日を除く)
URL:リンク

創立:1995年
所在地:215-0004 神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F
事業内容:市場調査レポート/年間契約型情報サービスの販売、委託調査の受託
市場調査レポート/年間契約型情報サービス:リンク
委託調査:リンク

Google Cloud を活用してイノベーションを加速する Equifax のデータ ファブリック

信用調査のリクエストを処理する際に、盗難 ID かどうかを確認し、クレジット スコアを評価し、職業と収入を検証するには、膨大な量のデータが必要です。そのうえ、最も堅固なデータアセットを持つだけでは十分ではなく、それらのデータを厳密に責任を持って保護、管理する必要もあります。世界最大級のフィンテックとして、高度に規制された業界でビジネスを運営する Equifax では、お客様がよりスマートな意思決定を行えるよう、データから独自のインサイトを抽出してリアルタイムで提供することを主軸に取り組みを続けています。

2018 年、当社のリーダーチームは、クラウドでビジネスを再構築することを決断しました。長年にわたり、当社は従来の信用調査機関の枠を超えた事業を展開してきましたが、それでも、次世代のデータ、分析、テクノロジー企業になるためにテクノロジー インフラストラクチャを再編成する必要があることを認識していました。「プロジェクト」マインドセットに代わり、データの統合を高速化し、自動化によってリーチを拡大し、従業員の能力を高めて、新しいプロダクト導入につなげるための新しい方法を生み出したいと考えました。

この変革の結果が Equifax Cloud™ です。これは、Equifax だけが提供できる業界トップレベルのセキュリティ、他にはないデータアセット、AI 分析と、パブリック クラウド 財務分析システム インフラストラクチャを独自に組み合わせたテクノロジーです。最初のステップとして、これまでのデータ エコシステムを Google Cloud に移行して、データ ファブリックを構築しました。57 か所のグローバル データセンターを閉鎖して、すべてをデータ ファブリックに移行し、コラボレーションとインサイトを強化しました。Google Cloud チームからのサポートを得ることで、速やかに軌道に乗ることができました。

Cloud Bigtable 財務分析システム 財務分析システム でデータ ファブリックを構築する

データ プロダクトとインサイト プロダクトのイノベーションに集中できるように、単一のフルマネージド プラットフォームが必要なことは最初からわかっていました。インフラストラクチャ、スケーリング、暗号化に関する専門知識は、自分たちで積み上げる必要はなく、Google Cloud からすぐに使える機能を提供してもらえるため、顧客への価値の提供を促進することに集中できています。

データ ファブリックの設計では、Google Cloud の NoSQL データベースである Bigtable をデータ アーキテクチャの主要コンポーネントとして使用しました。Bigtable はフルマネージド サービスであるため、イノベーションの速度と規模を向上させることができます。サプライヤーからのデータを迅速に取り込み、データをキャプチャおよび整理して、ユーザーが新しいプロダクトを構築できるようにデータを提供することで、Bigtable は Equifax Cloud のデータ ファブリックを支えてくれています。Equifax-in-a-Box としてパッケージ化された当社独自のデータ ファブリックには、新しい地域での新しい Equifax ビジネスに必要な基盤の 80~90 パーセントを提供する統合プラットフォームおよびツールが含まれています。このパッケージを使用することで、当社のチームは、新しい地域で、その地域の規制を遵守しながら、ビジネスを迅速に展開できます。

Bigtable は、データ ファブリックの財務ジャーナルをホストしています。財務ジャーナルは、消費者の信用、職業、公共料金支払いといったデータ領域にわたる調査の詳細な履歴であり、当社のほぼすべてのソリューションに関与しています。最大規模のジャーナルの一つは、米国の信用データをホストしたもので、約 30 億件の信用調査とその他の種類の調査のデータが含まれます。当社が所有する Keying and Linking サービスを実行して、これらのデータセットが属している個人の身元を判別する際に、Bigtable がリポジトリのキーイングとリンクを処理するので、スケールアップが素早く行えるだけでなく、目的の回答もすぐに得られます。

Equifax Cloud 財務分析システム によるイノベーション

日々のアクティビティから新しい革新的なサービスまで、Equifax はデータ ファブリックを活用して業界の変革を続けています。Bigtable は、必要な機能を実現するためのプラットフォームの基盤となっています。たとえば、消費者が店舗を訪れ、携帯電話を購入する際、当社はその店にクレジット ファイルを提供します。そのためには、検索、ファーミング、ファイルのビルド、パッケージ化、返却を迅速に行わなければなりません。Google Cloud と Bigtable への移行により、これらすべての処理を 100 ミリ秒未満でできるようになりました。

同様に、当社は現在、データ ファブリックを使用して不正行為防止プロダクト用のグローバル プラットフォームを構築しています。これまでのスタックでは、望むような形で迅速にデータを取り出して整形することは困難でした。しかし Bigtable のようなマネージド サービスを使用することで、不正行為防止のためのプラットフォーム向けにデータの 7 種類のビューを 4 週間未満で作成して提供できました。データ ファブリックがなければ、おそらく数か月かかった処理です。

Google Cloud 財務分析システム で効果を上げる

当社は、クラウドネイティブな次世代のデータ、分析、テクノロジー企業へと変貌し、大きな進歩を遂げました。グローバル マルチリージョン アーキテクチャを持つ当社のデータ ファブリックは、現在 7 か所の Google Cloud リージョンで稼働しており、最終的には Equifax が事業を行う 25 か国すべてに対応する予定です。Google Cloud 提供の主要機能を活用する Equifax Cloud を開発したことで、速度、セキュリティ、柔軟性が強化され、将来に向けて強力なデータ プロダクトを構築することに集中できるようになりました。

Equifax の詳細についてはこちら、Cloud Bigtable の詳細についてはこちらをご覧ください。グラフィックスで疑問にお答えしている次の最新ブログもご確認ください: 「Cloud Bigtable の規模」

- Equifax、データ ファブリックおよび意思決定科学テクノロジー担当シニア バイス プレジデント Kumar Menon 氏
- Equifax、データ ファブリック プラットフォームおよび意思決定科学テクノロジー担当チーフ アーキテクト Yuvaraj Sankaran 氏

電気自動車(EV)バッテリー管理システム(BMS)市場は、2030年までに約12%のCAGRで成長すると予測

電気自動車(EV)バッテリー管理システム(BMS)市場は、2022年から2030年にかけて約12%のCAGRで成長を目撃する。市場の成長を後押しする電気自動車の販売拡大

世界の電気自動車用バッテリー管理システム市場は、電気自動車の販売拡大と、車両のバッテリー性能を監視する必要性の高まりに基づいて成長すると予測されています。バッテリー管理システムまたは BMS は、バッテリーの充電、放電、および動作を制御し、バッテリーの全体的な寿命を延ばし、その性能を向上させます。これにより間接的に車両性能が向上し、市場の成長が促進されると推定される。

電気自動車は自動車産業の新しいトレンドであり、消費者の間で急速に人気が高まっています。化石燃料の枯渇、石油価格の高騰、化石燃料の燃焼による汚染の増加が問題の一部であり、そのために人々は電気自動車に移行しています。電気自動車の需要の高まりは、今後数年間でEV BMSの需要を押し上げると推定されています。
しかし、世界中でのEVの普及の遅れは、予測期間中の市場の成長に対する主要な抑制要因として機能すると予想されます。

このレポートでは、Eberspaecher Vecture Inc.、Elithion Inc.、Renesas Electronics Corporation、Johnson Matthey、Texas Instruments Incorporated、Navitas System、LLC Corporate、Sensata Technologies, Inc.、Storage Battery Systems, LLC、Exide Corporation、ENERSYSの企業プロファイリングを含む、世界の電気自動車バッテリ管理システム市場の主要プレーヤーの既存の競争シナリオも提供しています。プロファイリングには、事業概要、製品とサービス、主要な財務情報、最近のニュースと開発を含む企業の主要情報が網羅されています。全体として、このレポートは、業界のコンサルタント、機器メーカー、拡大の機会を探している既存のプレーヤー、可能性を模索している新しいプレーヤー、およびその他の利害関係者が、将来進行中および予想される傾向に従って市場中心の戦略を調整するのに役立つ、世界の電気自動車バッテリー管理システム市場の詳細な概要を示しています。

AJダニエル
Eメール: [email protected]
米国の電話番号: [+1 財務分析システム 646 586 9123]
英国の電話番号: [+44 203 608 591]

救急医療領域での活用に向けて
セキュリティーを担保したリアルタイム映像共有システムの共同研究を開始

TOPPA. TOPPAN

凸版印刷株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:麿 秀晴、以下「凸版印刷」)、北里大学(設置者:学校法人北里研究所、本部:東京都港区、理事長:小林 弘祐)およびソフトバンク株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 兼 CEO:宮川 潤一、以下「ソフトバンク」)は、119番通報の現場と医療機関の間における安全で効果的な情報伝達を実現することを目的に、セキュリティーを担保したリアルタイム映像共有システムの共同研究(以下「本共同研究」)を、2022年7月から開始します。

本共同研究では、119番の通報者や現場に出向く救急隊、搬送予定先の医療機関の医療従事者などがスマートフォン(以下「スマホ」)のカメラの映像を通して現場の状況をリアルタイムに共有し、スムーズな状況把握やコミュニケーションを実現する仕組みの構築を目指します。具体的には、医療従事者の本人確認や保有資格の確認ができる凸版印刷の「本人確認アプリ」(※1)と、遠隔地にいる人同士がスマホのカメラの映像を見ながらリアルタイムにコミュニケーションを取れるソフトバンクの「visuamall VISUAL TALK(ビジュアモール ビジュアルトーク)」(以下「VISUAL TALK」)(※2)を連携させ、必要な資格を保有する医療従事者のみが現場の映像にアクセスできる映像共有システムを構築します。まずは、三次救急医療機関(※3)である北里大学病院 救命救急・災害医療センター(所在地:神奈川県相模原市、センター長:浅利 靖)の医師や看護師が、救急現場に出動するドクターカーからの情報伝達や、別室にいる患者や他の医療従事者との情報伝達にこのシステムを活用し、その有用性やセキュリティー、使い勝手などの評価を行います。また、それらの評価を基にシステムの改善を図るとともに、北里大学病院がある神奈川県相模原市の消防機関と連携し、救急車の出動時にこのシステムを活用する実証実験を、2023年度中に実施することを目指します。さらに、2023年4月に設置予定の北里大学 未来工学部(※4)との連携により、このシステムに集積された映像などのメディカルビッグデータをAI(人工知能)で解析し、救急医療分野における複雑なデータ抽出や活用のためのAI・統計モデリングの新手法を開発します。

北里大学病院 救命救急・災害医療センターのドクターカーと、この映像共有システムを活用する救急現場のイメージ

北里大学病院 救命救急・災害医療センターのドクターカーと、この映像共有システムを活用する救急現場のイメージ

各者の取り組み

・凸版印刷 財務分析システム 財務分析システム
凸版印刷は、デジタル情報の伝達やDXに必要不可欠な「デジタル視覚データ」(画像や映像などの視覚で得る情報)の各種要素やパラメーター、プロトコルなどを「DX-E®(Elements)」と定義し、色や質感などを表現する「デジタル視覚データ」の品質管理基盤の構築に取り組んでいます。また、2021年5月から提供を開始した、スマホとマイナンバーカードのみで非対面での本人確認を可能にするスマホアプリ「本人確認アプリ」に、HPKI(※5)カード(医師資格証:医師資格を証明する電子的な証明書を格納したICカード)で医療従事者の本人確認と資格確認ができる新機能を追加しました。HPKIカード申請時に設定したPINコードを「本人確認アプリ」に入力し、スマホにHPKIカードをかざすと、医療従事者や関連する資格の保有者などとして認証されます。この仕組みにより、適切な情報アクセス制御が可能となり、安全で安心なオンライン医療サービスの提供を実現できます。本共同研究では、救急医療での活用に向けて「デジタル視覚データ」の品質管理に関する研究を行うとともに、「本人確認アプリ」とソフトバンクの「VISUAL TALK」を連携させます。

・北里大学/北里大学病院 救命救急・災害医療センター
天国への階段を上り始めた重篤な患者を、この世に引き戻すことが救命救急センターの役割です。北里大学病院の救命救急センターは、1986年に開設され、地域医療への貢献を重視して、神奈川県相模原市を中心とした地域の救急医療の最後の砦としての役割を担ってきました。2014年の春には、免震構造を持つ新病院での診療を開始するとともに、名称を救命救急・災害医療センターに改めました。これは、災害時にも地域医療に貢献するという「報恩」「不撓不屈」の精神を貫く覚悟の現れです。学祖の北里 柴三郎博士が残した教えの一つである「事を処してパイオニアたれ」という開拓の精神を継承し、救急医療DXの新たな道を切り拓いていきます。本共同研究では、北里大学病院 救命救急・災害医療センターで、「本人確認アプリ」と「VISUAL TALK」を連携させたシステムの評価や検証を行います。なお、北里大学は、2022年5月25〜27日に大阪国際会議場で開催される「第25回日本臨床救急医学会総会・学術集会」において、本共同研究についての発表を行います。

・ソフトバンク
ソフトバンクは、「Beyond Carrier」戦略の下、従来の通信事業者の枠を超えて、幅広い産業分野における革新的なサービスの提供や、他社との共創による各業界のDXに注力しており、医療・ヘルスケア分野においても、データ分析に関する知見や5G、AIなどを活用したさまざまな取り組みを推進しています。また、ソフトバンクは、スマホのカメラの活用により、遠隔地にいるオペレーターとユーザーが同じ映像を見ながらリアルタイムにコミュニケーションを取れるサービス「VISUAL 財務分析システム TALK」を開発し、2021年9月から提供しています。オペレーターがユーザーのスマホに、SMSで指定のURLを送り、ユーザーはそのURLをタップするだけで、映像の共有と通話やチャット、手書き機能を使った直感的なコミュニケーションを開始することが可能です。ウェブブラウザー上で操作を行うため、専用アプリのインストールは不要です。オペレーターは、ユーザーのカメラのオン・オフやズーミング操作、音声のオン・オフなどの制御を行うことができるため、スマホに不慣れなユーザーでも簡単に利用することができます。本共同研究では、「VISUAL TALK」と凸版印刷の「本人確認アプリ」を連携させて、救急現場へのカスタマイズに向けた開発を行います。

※3 三次救急医療機関
一次救急医療機関や二次救急医療機関では対応できない、重症および複数の診療科領域にわたるすべての重篤な救急患者を24時間受け入れる体制と、高度な診療機能を有する医療機関

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる