通貨オプション入門

ストップロス注文

ストップロス注文
上図は2つ目のチャートと同様です。まず、1つ目の○印で反発しました。これにより、2つ目の位置まで到達した時に、「再び、ここで止まるだろう」と考えるトレーダーがロングポジションを構築します。特に、レバレッジをかけて大金を賭けるトレーダーは、エントリーの段階で損切りポイントを決めています。この例で言えば、水色の水平線を割れた付近が妥当な損切ポイントとなりそうです。

1inch指値注文プロトコル

Start image

手数料なし

手数料なし 1inchの指値注文プロトコルは無料です。 これにより、プロトコルはガスに関して非常に効率的になります。

ダイナミックプライシング

ダイナミックプライシング 価格計算は、需要と供給に基づいたスマートコントラクトによって行われ、ユーザーにとって一番良い取引を促進します。この機能は、オークションで特に便利です。

条件付き注文

条件付き注文 ユーザーは注文に特定の条件を設定して、取引からの収益を最大化できます。

追加のRFQサポート

追加のRFQサポート プロトコルにより、見積もり要求「RFQ」(特定量の仮想通貨を購入または販売するための注文) を実行できます。

マルチチェーン

マルチチェーン このプロトコルは、Ethereum、BNB Chain、Polygon、Gnosis、Avalanche、Fantom、Ethereum L2ネットワーク(OptimismとArbitrum)で動作します。

BINANCE (バイナンス) のストップリミット注文のメリットと使い方を画像付きで解説

BINANCE (ストップロス注文 バイナンス) ストップリミット注文のメリットや使い時

  • 損切りのための売りのストップリミット注文
  • 上昇トレンドに乗るための買いのストップリミット注文

損切りのための売りのストップリミット注文

損切りを行うことで損失を限定することができるため、 レバレッジ取引やスポット取引などリスク管理が必要な取引ではより重要 です。

そこでストップ価格を51万円、リミット価格を50万円に設定してストップリミット注文を行います。このストップリミット注文により、イーサリアム (ETH) の価格が55万円から51万円に下がると、50万円で売る指値注文が市場に出されます。

上昇トレンドに乗るための買いのストップリミット注文

ストップリミット注文は、 上昇トレンドに乗るために買い注文を入れたい時 にも使えます。

例えば、1ETH=45万円のときにイーサリアム (ETH) のチャートをテクニカル分析した結果、1ETHが50万円を超えた場合に上昇トレンドが始まると推測できたとします。そこで、ストップ価格を50万円、リミット価格を51万円に設定してストップリミット注文を行います。これで、イーサリアムの価格が50万円に達した場合、51万円で購入する指値注文が市場に出されます。

こうすることで、 相場を見ていなくても買い注文から利益確定の決済まで自動で行う ことができます。

BINANCE (バイナンス) では、逆指値注文 (ストップリミット注文) と指値注文を同時に出すOCO取引も可能です。

ビットコイン購入のタイミングを見極める、ストップロスを利用したビットコイン・トレーディング手法

Stop loss trade 1

上図はビットコイン円の日足チャートです。水色の水平線がサポートラインとして機能していましたが、青色の○印のタイミングで下方ブレイクしています。節目を突破すると値動きが大きくなっていることがわかります。

Stop loss trade 2

こちらもビットコイン円の日足チャートです。水色の水平線が何度もサポートラインとして機能していることがわかります。しかし、1つ目の○印のタイミングで下方ブレイクし、価格は急落する動きとなりました。

Stop loss trade 3

上図は2つ目のチャートと同様です。まず、1つ目の○印で反発しました。これにより、2つ目の位置まで到達した時に、「再び、ここで止まるだろう」と考えるトレーダーがロングポジションを構築します。特に、レバレッジをかけて大金を賭けるトレーダーは、エントリーの段階で損切りポイントを決めています。この例で言えば、水色の水平線を割れた付近が妥当な損切ポイントとなりそうです。

②節目のブレイクを利用したトレード手法

  • IFO(IF-DONE-OCO)注文:ある水準に到達したらエントリーし、その後損切りと利益確定の注文も同時に出す方法

Stop loss trade 6

こちらは先ほどのビットコイン円の日足チャートを拡大したものです。緑の○印で、1,000,000円の節目をブレイクして相場が走っています。ストップロスの売りが発動し、一気に850,000円付近まで15%急落すると、まもなく戻した格好です。

Stop loss trade 4

こちらもロールリバーサルの背景があり、サポートをブレイクすると相場が下方向に走っています。暗号資産の世界では、このような値動きが頻繁に見られます。是非色々なチャートをチェックして見てください。

③テクニカル指標と組み合わせる

Stop loss trade 5

この場合、RSIはまだ「売られ過ぎ」の範囲内に到達していないので、自信を持ってショートポジションを構築することができます。仮にRSIで30以下の売られ過ぎのラインまで低下していた場合、あまり下落しない結果になっていたかもしれません。

学生時代にFX、先物、オプショントレーディングを経験し、FXをメインに4年間投資に没頭。その後は金融業界のマーケット部門業務を目指し、2年間で証券アナリスト資格を取得。あおぞら銀行では、MBS(Morgage Backed Securites)投資業務及び外貨のマネーマネジメント業務に従事。さらに、三菱UFJモルガンスタンレー証券へ転職し、外国為替のスポット、フォワードトレーディング及び、クレジットトレーディングに従事。金融業界に精通して幅広い知識を持つ。証券アナリスト資格保有 。Twitter : @sweetstrader3 / Instagram : @fukuokasho12

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる