FXを極めよう

ビットコイン先物市場での取引を学ぶ

ビットコイン先物市場での取引を学ぶ

図1:米国、10年と5年物ブレークイーブンインフレ率、BTC対円とナスダック指数の指数化チャート(2021年12月31日終値を100として算出) 日次 出典:FRED、bitbank.cc、yahoo financeより作成

ビットコインはウクライナショックを切り抜けたか--ビットバンクが解説

図1:米国、10年と5年物ブレークイーブンインフレ率、BTC対円とナスダック指数の指数化チャート(2021年12月31日終値を100として算出) 日次 出典:FRED、bitbank.cc、yahoo financeより作成


図1:米国、10年と5年物ブレークイーブンインフレ率、BTC対円とナスダック指数の指数化チャート(2021年12月31日終値を100として算出) 日次 出典:FRED、bitbank.cc、yahoo financeより作成

注目したいのは、市場の期待インフレ率を示すブレークイーブンインフレ率(Breakeven Inflation Rate :BEI)の動きだ。

この間、ビットコインの先物市場では、ポジション維持の手数料にあたる資金調達率(Funding Rate :FR)がマイナスに振れることが頻発した(図2)。FRがマイナスに振れることは、未所有の有価証券を売る“ショートポジション”が蓄積されていることを示し、相場が安値圏で揉み合う中、巻き戻しのエネルギーも蓄積されていた。ショートポジションは閉じる際に、反対売買で“買い”の圧力が生まれるという特徴がある。

図2:BTC対円、BTC先物資金調達率チャート 日次 出典:bitbank.cc、Glassnodeより作成


図2:BTC対円、BTC先物資金調達率チャート 日次 出典:bitbank.cc、Glassnodeより作成

図3:BTC対円チャート 日足 出典:bitbank.ccより作成


図3:BTC対円チャート 日足 出典:bitbank.ccより作成

あなたにおすすめの記事

  • 仮想通貨取引所のビットバンク、ミクシィから70億円の資金調達 2021年09月03日 07時00分
  • 英国、独自のNFTを2022年夏までに作成へ 2022年04月05日 10時07分
  • オーストラリア政府、仮想通貨取引所のライセンス制度を計画 2022年03月22日 13時42分
  • 働き方や会議、メタバースへの従業員の意識は?--マイクロソフト調査と「Teams」新機能 2022年03月23日 07時00分
  • MacとiPadで新機能「ユニバーサルコントロール」を使う--マウスとキーボードを共有 2022年03月19日 08時30分

-PR- 企画特集

  • B2B取引のEコマース化によるメリットを徹底調査~業務効率改善やコスト削減など具体的な効果…
  • 【事例】導入初年度に売上高が30億円から37億円に!劇的なV字回復を働き方改革で実現
  • IT人材不足が継続、DXに取り組む企業は内製化へ
  • 事例から学ぶデータドリブン、弾力性に富むビジネスを実現する4つの戦略と手法
  • 契約書類のペーパーレス化を実現—弁護士監修の電子契約サービス「クラウドサイン」
  • これまでのようなオフィスが本当に必要ですか?「つながりの時代」の新しい選択肢

デジタル製品主要記事

ZDNet Japan 注目ヘッドライン

金融のアクセスランキング

  • 1 暗号資産詐欺の被害額、米国で2021年以降に10億ドル超
  • 2 「NFTブームは終わった」?--終焉説を信じるべきでない理由
  • 3 「Bored Ape Yacht Club」の新たなメタバースはNFTの進化を示す

編集部おすすめの記事

本日の主要記事

The Japanese edition of 'CNET' is ビットコイン先物市場での取引を学ぶ published under license from ビットコイン先物市場での取引を学ぶ A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET ビットコイン先物市場での取引を学ぶ Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are the copyright properties of ビットコイン先物市場での取引を学ぶ A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures Company.

ビットコイン先物市場での取引を学ぶ

Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or ビットコイン先物市場での取引を学ぶ republication without written permission.

The Japanese edition of 'CNET' is published under license from A Red Ventures Company., Fort Mill, SC, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.ビットコイン先物市場での取引を学ぶ com' are the copyright properties of A Red Ventures Company. or its suppliers. Copyright (c) A Red Ventures Company. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' and 'CNET News.com' are trademarks of A Red Ventures ビットコイン先物市場での取引を学ぶ Company. 個人情報保護方針 利用規約 訂正 運営会社 広告について

当サイトは最新ブラウザでの閲覧を推奨します。 Copyright (c) 2022 ASAHI INTERACTIVE, Inc. All rights reserved. No reproduction or republication without written permission.

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]

ビットコイン/仮想通貨投資の始め方を徹底解説|始める手順を初心者にもわかりやすく解説

仮想通貨の始め方

引用元:Trading View提供のチャート

このように、世界中の関心が高まり市場として現在も大きく伸びているので、非常に将来の市場も大きく期待できるというわけですね。

ブロックチェーンに対する理解を深めることができる

ブロックチェーン

  • 分散型台帳で監視を行い、取引を管理する仕組みでセキュリティが非常に高い
  • データ改ざんが事実上不可能と言われており、で安全性が高い仕組み

このブロックチェーンを使った「スマートコントラクト(契約の自動化)」は不動産の賃貸契約で利用されているだけでなく、世界の大手銀行でもブロックチェーンを活用したコスト削減を進められています。

少額から投資を始めることができる

1BTCの価格が350万(2021年1月)と出ているため、初心者が手が出しにくいと思っている人も多いと思いますが、 ビットコイン投資は少額から始めることができます。

大手取引所のbitFlyer(ビットフライヤー)なら0.001BTCから購入可能

ビットコイン先物市場での取引を学ぶ 仮想通貨投資は現在において注目されている投資分野 ですので、まだ始めていない方は今日から始めてみてください。

\ 1円から投資可能!/

ビットコインが無料で貰える仮想通貨の始め方

先ほどまでは仮想通貨投資を始めるために最適な取引所を紹介していましたが、ここでは無料でビットコインを貰える方法について紹介します。

リスクをかけずに仮想通貨投資を始める方法になりますので是非参考にしてください。

その方法とは ビットコインが貰えるポイントサイト「ビッコレ」を活用すること です。

ビッコレ

ビッコレでは他のポイントサイトとは違い買い物や広告案件によって手に入れた報酬を全てビットコインで支払われます。

そのため、 誰でも無料でビットコインを稼ぐことができる方法 ビットコイン先物市場での取引を学ぶ なのです。

現在では登録だけで100円分のビットコインを無料で獲得することができますよ。

\ ビットコイン先物市場での取引を学ぶ 無料で100円分のBTCもらえる!/

ビットコイン(BTC)/仮想通貨に関するよくある質問(Q&A)

初心者が仮想通貨投資を始めるのは危険ではないのですか?

本人確認を厳重に行っているからこそ、なりすまし等によるリスクを防いでいます。

また、以前はセキュリティが脆弱でハッキングという被害が多かった印象がありますが、 現在は多くの取引所で強固なセキュリティを実施しているので安全 です。

自分が保有している仮想通貨はコールドウォレットと言われるオフライン上に保管されるので、インターネット上の第三者からアクセスされる心配はありません。

いくらから仮想通貨投資を始めることができますか?

1BTCの価格が300万円以上で取引されていると聞くと、そんな大金出せないと思うかもしれませんが、 ビットコインは0.0001BTCなどのように指定できるため、少額でも購入できます。

仮想通貨投資は500円〜1000円で始められる

スマホからでも仮想通貨を始められますか?

特にbitFlyerや コインチェック はアプリの使いやすさに定評がありますので、まずは試してみるといいでしょう。

仮想通貨を始めるために必要なものは何ですか?

ビットコインの購入に手数料がかかりますか?

ビットコインの購入に手数料がかからないことが多いですが、 販売所の場合、スプレッドに差があるため、取引所で購入するよりも割高になってしまいます。

ビットコインや仮想通貨の手数料を確認頂けると、詳しいスプレッドの仕組みや手数料について理解することができます。

ビットコイン(BTC)/仮想通貨投資の始め方まとめ

bitFLyer toppage

ビットコインや仮想通貨投資は数百円から取引ができるため、普通の株取引よりもハードルが低く、初心者の方でも始めやすいです。

しかし、価格変動が大きく、あまり大きな額から初めてしまうと、大損してしまう可能性がありますので、 まずは少額から取引を始めることをおすすめ します。

経験者が語る あの「ビットコインバブル」

左からAさん(36歳)、Bさん(35歳)、Cさん(36歳)。3名とも都内の企業に勤める会社員

ビットコインではなく、他のコインにも投資

――当時、どんな暗号資産に投資していましたか?

Aさん: ビットコインの価格が8万円くらいだったときに、およそ250万円分のビットコインを購入しました。その後、アルトコインと呼ばれるリップル、イーサリウムやその他のマイナーな草コインにも投資していましたね。投資額は全部で700〜800万円くらいだったと思います。

Bさん: ビットコイン先物市場での取引を学ぶ 私は2017年12月ごろに暗号資産への投資をはじめました。価格がだいぶ上がってしまっていたビットコインには手を出さず、リップルに500万円くらい投資しました。その他にはトロンなど。ロシアの取引所にも登録して、そこでしか扱っていないような怪しげなコインも買っていました。すべて合わせたら700万円くらい。

Aさん: ビットコインが100万円を越えたくらいのころだよね。

Bさん: リップルなんて最初に投資したときは80円だった。250万円分くらい買ったら、価格が一気に上がったので、もう250万円くらい追加したんですよ。取得単価の平均は100円〜120円くらい。それが300円くらいまで上がって「おーっ」となっていたら…。まぁ…。いまに至る…。

Cさん: 僕も2017年の12月の頭くらい。その時にネムとイーサリアムを買いました。バイナンス(※海外の暗号資産取引所。世界有数の規模を誇る)で扱っているコインのアルファベットの語呂を見て「これ上がりそうだな」と10銘柄くらいを10万円ずつ買って、一発を狙いにいきました。あと2018年の年明けにイーサリアムの価格が安定していたので、さらに技術的な部分も一応調べて、そこに500万円くらい入れました。合計の投資額は1000万円くらいですかね。

Aさん・Bさん: フルスイングしてるなぁ(笑)

暴落後、資産価値はどれくらいに?

――みなさん、暴落後はそのまま塩漬け状態だそうですが、価値はどれくらいになったんですか?

Aさん: ネム、リップル、草コインは放置。全体で当初の投資額の10分の1くらいになったと思います。

Bさん: なんか、空気がどんよりしてきた…。私は500万円分あったリップルが、いまは150万円分くらいになっていると思います。他のコインに投資した100万円くらいは、まあなくっているんじゃないかな…。もはや、取引所のIDとパスワードですら覚えていない。

Cさん: IDとパスワード忘れるのはやばいよ。

Bさん: ほらスマホを変えると、認証が必要で、取引所に問い合わせをしなければいけないんだけど、それすらもめんどくさくてやっていない。もう思い出したくない…。

Cさん: 僕は当初の投資額の3分の1くらいになっていますかね。イーサリアムは5年とか10年保有してもいいかなと思っています。技術面や基軸通貨で使われていたりするので、それなりに実用化に向けた何かがあるんじゃないかと。

寝ても覚めてもスマホを見ていたあの頃

――壮絶な下落を経験されているんですね…。つらいかもしれませんが、2017年末から2018年はじめのあの頃を思い出していただけますか?

Cさん: 正直、売りどきがわからなくなっていました。当時の暗号資産はすぐに何倍にもなった。自分で、「損切り」も利益を確定させるポイントも決めていなかったので。

Aさん: 当時ってやっぱり、寝ても覚めてもスマホの画面を見ていたんですよ。起きて最初にみるのも、暗号資産の価格なんです。寝ている間に1.5倍とか2倍とかになったり、目が覚めたら100万円プラスになっていたりということがあったので、ずっと見ちゃう。当時を振り返れば、元本だけでも抜ければよかったと思いますね。残りは寝かせておけばいいんだから。

Bさん: でも、あの上がり方を見ていたら抜けないよね…。

Aさん: 僕、堅実派だから、僕ひとりだったら抜くんですけど、まわりがみんな投資していて、儲かっていたから、自分だけ損しちゃうかなと思って抜けなかった。

Bさん: それ堅実派とは言わないから(笑)

Cさん: 振り返れば、損を出さずに済んだポイントがいくつもありました。損する人がいて儲かる人がいるわけだから、どこかで何か(暴落)が起こるぞみたいな予感はあった。

Aさん: そんな話はしていたね。そもそもバブルのときって、僕もこの二人に情報操作されていた。二人は強気なんですよ。「大丈夫、大丈夫」って(笑)。

Cさん: お前結構心配してたよな。

Aさん: バブルがはじける1週間くらい前に、急激に落ちて急激に上がった時があったよね。僕はその時に一回売っているんです。でも二人は「大丈夫」って売らなかった。せっかく元本割れしないように売ったのに、その数時間後にまた上がってるじゃないですか。僕は震えながらお風呂場でスマホの画面を見てました。その後、もう一回買い直して、そのまま持ち続けたんですけど、今度は下落が止まらず…。この3人のなかでは一番損していると思います。

みんなが儲かることはない

――みなさんがある種の熱狂の中にいたんだと思います。結構な額をつぎ込んでいる印象があります。

Aさん: 最初は自分のなかで無くなってもいい額を投資していたんです。自分の資産の1割未満とか。それを突っ込んだときに3日間とか4日間で2倍になったら、もうちょっとお金を入れたくなりますよね。

Bさん: そういうことだよね。あとは、儲けたい額からの逆算ですよね。たぶんその時は5億円くらいほしかったんでしょうね(笑)。5億あったら引退できそうだし。

Cさん: 多分、今までにはない金額が見えてしまったんだと思います。この上がり方でいったらどこまでいくの?あっという間に億万長者になれるかも!という感じで。

Aさん: バブルの前半、ビットコイン価格が高騰した1カ月で運用を終わらせたら儲かったはずなんです。でも、周りがみんな儲かると言っているときに、自分だけ全部売ってしまうのは難しい。

――改めて、当時を振り返って学んだことはありますか?

Cさん: 全員が儲かることはない、ということを改めて学びました。ほかの人と違う視点をいかにもつか。あとは、自分が何のために買っているかを考え、いくらで損切りするかといったルールを設けているか。改めて投資をするのに大切なことを教えられました。

Bさん: 何かしらの優位性がないと厳しいなと思いました。早く暗号資産投資を始めたひとは、早く始めたこと自体が優位性だと思います。安いときに買ったとか。それがないとただのギャンブルになってしまう。

Aさん: 人生に一度あるかないかのチャンスだったと思うんです。なので、やるかやらないかで言ったらやってよかったかなと。

Bさん: すごく前向きだな!

Aさん: だって、あの高揚感はすごかったよ、やっぱり。

宝くじを買う感覚で

――ちなみに、これから暗号資産投資を始める人にアドバイスはありますか?

Aさん: 自分の資産のうちでできる範囲内なら良いと思います。それと、どんな投資も元本だけは回収しようということですかね。元本を回収できれば、余裕が生まれる気がしますし。運用って、結局余裕がある人が勝つのかなと思っていて。

Bさん: 宝くじ買う感覚でやったほうが良いかもしれないですね。宝くじに500万円突っ込むかといったら突っ込まないですよね。何も見通しが立たないじゃないですか。上がるのか、下がるのかわからない。

Cさん: 宝くじよりはわかるんじゃない?

Bさん: 倍率の話ね。感覚的には上がるか下がるかは半々でどっちにもいく可能性があるので、暗号資産に関しては宝くじに近い感じがしている。いまから買うのなら、資産の多くを注ぎ込むようなフルスイングはおすすめしません。

Cさん: あとその仮想通貨がどのような目的で作られているのかを理解し、投資の価値があると思って買うべき。それでダメでも納得がいくと思うんです。自分なりの知識や確信をもって投資するのが大切だなと感じています。

Bさん: お金持ちになりたいと意志をもって行動し続けるのはすごく大事。だけど、すぐに成功できるとかはないなと思っていて、この投資だったら投資の道で勝つにはそれなりの経験と努力が必要だなと思っています。

CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報CoinPost|仮想通貨ビットコインニュース・投資情報

AGF ブレンディ カフェラトリー スティック 濃厚ヘーゼルナッツラテ 7本6箱 【 スティックコ

04/15 06:15

04/15 ビットコイン先物市場での取引を学ぶ 11:51

AGF ブレンディ カフェラトリー スティック 濃厚ヘーゼルナッツラテ 7本6箱 【 スティックコ

04/11 12:18

スムーズなお取引のため nanamistoreショップ情報 を必ずご確認ください。
ご購入した方は上記をご了承いただけたと判断させていただきます。

電話は対応しておりません。QPOSTにてお問い合わせ下さい。







原材料:植物油脂、水あめ、インスタントコーヒー、砂糖、デキストリン、乳糖、脱脂粉乳、食塩、乳たん白 / pH調整剤、カゼイン(乳由来)、香料(乳由来)、安定剤(加工でんぷん)、乳化剤、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、微粒酸化ケイ素、調味料(アミノ酸等)商品サイズ(高さx奥行x幅):13.4cmx3.8cmx8.5cm内容量:7本x6箱コク深いコーヒーと濃厚ミルクに、ヘーゼルナッツの風味を合わせたこだわりのヘーゼルナッツラテ1杯1杯がいつも新鮮な個包装タイプ

BTCC ビットコイン先物市場での取引を学ぶ - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引 [iPhone]

BTCC Global Limitedが配信するiPhoneアプリ「BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引」の評価や口コミやランキング推移情報です。このアプリには「ファイナンス」などのジャンルで分類しています。APPLIONでは「BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引」の他にもあなたにおすすめのアプリのレビューやみんなの評価や世界ランキングなどから探すことができます。

BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引

BTCC Global Limited 無料 iPhone対応 ファイナンス 64bit

BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引のおすすめ画像1

BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引のおすすめ画像2

BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引のおすすめ画像3

BTCC - ビットコイン・仮想通貨(暗号資産)先物取引のおすすめ画像4

10年安全運営の仮想通貨取引所BTC ETH ADA XRP

「BTCC」は、BTCC Global Limitedが配信するファイナンスアプリです。

使い方や遊び方

~アプリ特有の便利機能~
【デモ取引】暗号資産初心者でも安心!無料で使用できるデモ取引機能で、バーチャルマネーを使い実際のマーケットでゼロリスクで取引を学ぶことができます。さらに必要な機能(入出金)では初心者ガイドもあります。
【ロスカットシステムとアラート】忙しいときにも相場情報が手に入るように、アラートをカスタマイズすることができます。気になるプロダクトと価格を設定しておくと、チャンスを逃すことなく、目的価格になるとプッシュ通知としてお知らせいたします。
【マーケットウィジェット】好きな取引ペア・プロダクトにカスタマイズしたウィジェットで、いつでもどこでもらくらく相場の動きに注目することができます。
【クレカ入金】BTCCでの仮想通貨の購入はネットショッピングのように簡単で、Visa、マスターカードですぐに購入ができます。
【トレーディング計算】コストとP&Lを手軽に算出でき、より効率のいい投資を実現してくれます。
【追証なしの安心システム】0以下の損失が出てしまった場合、証拠金を追加することがなく、入金の金額より損がでるリスクがありません。

~キャンペーン&ボーナス~
BTCCに口座開設して、無限のボーナスを獲得するチャンスを掴みましょう!
【新規登録限定】口座開設で10USDTのボーナスが獲得できます。
【高額リベート】お友達にBTCCを紹介すると最大一人につき 500USDT のリベート獲得可能。紹介するほど多くのリベートを獲得でき、またリベートは取引にも出金にも使用可能です。
【定期的にキャンペーン開催】入金、両替、取引ボーナスキャンペーンなど、より取引を楽しんで頂けます。口座開設をしてお見逃しなく!

~BTCCのここがおすすめ~
BTCCはイギリスに拠点を置く取引所で、米国、カナダとヨーロッパでライセンスを取得している取引所です。
【11年実績】世界で運営時間No.1の仮想通貨取引所であり、セキュリティ対策が完備しており、安心してご利用いただけます。 ビットコイン先物市場での取引を学ぶ
【誰もが利用できる】初心者向けのデモ取引を始め、リクイディティの高いマーケットやVIPプログラムなど、取引の経験とスタイルに応じてプロダクトとサービスを提供しております。
【公正な価格】個別取引所の市場操作を回避し、価格は複数の主要な仮想通貨取引所からの価格を総合し構成されています。
【柔軟な取引環境】レバレッジの選択肢が多く、最大150倍レバレッジを提供し、最低3USDTで取引を行うことができます。
【低い手数料】取引手数料最低わずか0.ビットコイン先物市場での取引を学ぶ 03%で業界最低水準。入金、コイン交換の手数料も無料で取引コストを大幅にカットできます。

【BTCCの紹介】
世界で運営時間No.1の仮想通貨取引所として、BTCCは2011年に設立した以来安定した、信頼ができる暗号資産取引を誰もが簡単に利用できることをモットーにサービスを提供しております。現在は主にBTCビットコイン、ETH イーサリアリムなどの人気ペアの仮想通貨先物取引を提供しております。公正な価格とトップレベルの流動性を保ち、BTCCは世界にマーケットを拡大しております。
快適な取引ができる環境を提供できますよう、日々精進してまいりますので、よろしくお願いいたします。
免責事項:すべての投資には、リスクが伴います。すべての人に適しているわけではありません。ご自身のリスクの範囲内で取引されることを強くお勧めします。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる