テクニカル指標

レバレッジ効果とは

レバレッジ効果とは
初心者

レバレッジ

テコの原理で収益拡大を狙う レバレッジ(leverage)とは「テコ」を意味し、「レバレッジ効果」「レバレッジ率」の略としても使われる言葉です。経済用語としては「借入金などを用いて少ない資本でも高い利益率を実現すること」を意味します。例えばFX取引では最大25倍のレバレッジをかけることができます。つまり10万円しか持っていなくても、最大250万円まで取引に投入できるということです(国内の個人口座の場合。ただしレバレッジが25倍になる代わりに損する可能性も25倍になるので、ハイリスク・ハイリターンな取引となります)。
自己資金では手が出ない物件も狙える 不動産投資においてもレバレッジは効果を発揮します。例えば自己資金1,000万円で物件を購入して60万円の年間収益を得れば、利回りは6%です。一方、1,000万円の自己資金に2,000万円の借入金をプラスして年間収益180万円を得られる物件を買ったとすると、やはり利回りは6%。ところが、借入金2,000万円の年間利息額が60万円かかったとしても(金利3%)、得られる実質収益は120万円になります。つまり、自己資金のみで物件を購入した場合と比較して倍の収益が得られることになるのです。利回りは12%に上昇します。
不動産投資を行う人の多くは借り入れた資金で物件を購入します。レバレッジは自己資金からの出費を節約するだけでなく、大型物件の入手も可能にしてくれます。このため物件を即金で支払う余裕があったとしても融資を受けて投資することが正解とされることが多いのです。レバレッジは投資先として不動産を選択する大きな理由になるでしょう。 金利には注意が必要 不動産投資では物件をよく吟味して購入し、一定の入居者を確保できるように努めます。概ね計画通りに行けば、長期的にはFXよりも安全な投資になるでしょう。しかし、金利は個人の努力とは関係なく変動します(変動金利の場合)。例えば先の例で金利が3%から6%に上がったとすると、年間利息額は120万円。すると年間収益180万円から利息を差し引くと60万円しか儲からないことになり、自己資金で物件を購入した場合と変わらなくなってしまいます。借入金の返済を考えると「自己資金で購入していたほうが良かった」ということになります。
固定金利にする手もありますが、固定金利は一般的に変動金利より金利が高く、繰上返済や解約ができないというデメリットがあります。ただし金利が変わらない固定金利は計画的に運用するという点では変動金利より有利です。
不動産投資においてはレバレッジ効果や借入金額、金利などを熟考して運用することが重要だと言えるでしょう。

不動産投資レバレッジ効果とは?

不動産投資レバレッジ効果とは

不動産投資の成功率

初心者

不動産投資の成功率は?

節税のために不動産投資!余計な損失につながる

初心者

節税のために不動産投資!余計な損失につながる

不動産経営に必要な知識とスキル

初心者

不動産投資に必要な資格

不動産投資の7大リスク

初心者

レバレッジ効果とは

03-5778-9888

お問い合わせはこちら

〒107-0062 東京都港区南青山5-4-35 たつむら青山811
営業時間 / 10:00〜19:00 定休日 / 水曜

toggle navigation

不動産会社の大きなレバレッジ効果

レバレッジ効果とは「テコの原理」のことです。つまり、小さい力で大きな効果をもたらす
という意味で、不動産投資に置きかえると「小さい資金で投資効果を上げ、
さらに収益性を高める」ということになります。
具体的には、自己資金と借入金を併用することで、見た目の利回り以上の収益を
得ることができるというものです。

例えば、1000万円の自己資金があったとします。その1000万円で、年間80万円の
家賃収益が見込める物件を購入したとすると、利回りは8%です。しかし、1000万円を
頭金として、年間240万円の家賃収益が見込める3000万円の物件(借入れ2000万円)
を購入したとしましょう。「見た目の利回り」は同じく8%ですが、収益は3倍に跳ね上がっています。
これが、「レバレッジ効果」といわれるもので、より積極的な不動産投資の考え方です。

不動産投資ローンを組むことによって、全額自己資金でなくても投資ができることから、
少ない投資金額で高い利回りを得る、つまりレバレッジを効かせることができます。
ご自分の自己資金以上の投資が大きくできるのは不動産投資であるとお分かり頂けましたでしょうか。

不動産投資と聞くと「資産家」や「お金持ち」、「高所得者」の人だけがやっていると思われがちで、
自分には遠い話だと考える方が多くいらっしゃいます。しかし、実際のところ賃貸物件オーナーの
約40%は会社勤めと並行して不動産投資を行なっています。

年齢構成についても40代が最も多く、次に30代の方が多く、比較的若い30代・40代が積極的
に不動産投資を行なっています。不動産投資はしばしば「若いうちは手を出せない」
「お金持ちがやるもの」というイメージとなっていますが、実際には不動産投資の敷居は徐々に
低くなっており、30代・40代の「サラリーマン大家」が増えてきています。

月々の所得が安定していれば、融資を受けやすくなっています。興味はあるけど自分には
遠い話だと決めつけてしまい、なかなか行動に移せなかった方も、弊社が全てサポートさせて頂きます。
何もしないよりもまずはご相談ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる