FX戦略編

オプション入門編

オプション入門編
オプショントレードの基礎(初心者向け)

通貨オプション入門

通貨オプション入門

◆数式を使わずに通貨オプションの価格メカニズム、トレーディング手法を完全理解。本書を読めば、グリークス(オプション価格に影響を与える諸要素を表すギリシャ文字)はもう怖くありません。プットとコールとフォワードがどのような関係にあるかも明快に理解できます。 オプション入門編
◆複雑な合成オプション、エキゾチックと呼ばれる特殊な条件がついたオプションについても、具体的な取引例と図表を使ってていねいに解説します。本書は、マーケットで取引されている合成オプション、エキゾチックのほぼすべてを網羅しています。
◆リスク管理、契約書実務も徹底解説。現在では古くなった原著の記述については、監訳者が補足的な解説を付すことで、マーケット参加者にとって利用しやすいものになっています。本書は、新たに通貨オプションの取引にかかわる人にとって最適な、信頼性の高い教科書です。

第1章 基本
定義/プレミアム(オプション料)/コールとプット/権利行使/オプション・タイプ/権利行使価格(ストライク・プライス)/本源的価値
第2章 マーケット
店頭取引(OTC取引)
第3章 オプションの特性
外国為替ポジション/ロング・コール(コールの買い)/ロング・プット(プットの買い)/コールおよびプットの同時売買(ストラドル)/ショート・オプション/原資産ポジション
第4章 プット・コール・パリティ
合成オプション/プット・コール・パリティの実例/他の合成オプション
第5章 オプションの組合せ(組合せオプション)
取引所(通貨オプション)戦略/OTC(通貨オプション)における戦略
第6章 オプション・プライシング
価格決定要因/ボラティリティ/本源的価値/時間的価値/価格表示の様式/価格付けのまとめ/〈翻訳者による第6章の追記〉/価格計算システム
第7章 オプション取引のリスク
デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ロー(もしくはファイ)/ラムダ/ベータ/オメガ/その他のリスク指標
第8章 オプション・ポートフォリオのヘッジとトレーディング
デルタ・ニュートラル・コンセプト/オプション・レプリケーション(複製)/ネイキッド・ヘッジ/ガンマ・ニュートラリティ(ガンマの中立化)/ガンマ対セータトレーディング/ボラティリティ・トレーディング/ローについて/権利行使期日に近づくことによる効果/オメガをヘッジする
第9章 店頭取引における市場慣行
ボラティリティのクォート/権利行使手続/その他の慣行
第10章 アクティブ・ポートフォリオのマネジメントとコントロール
デルタ/ガンマ/ベガ/セータ/ガンマ、ベガ、セータの総合管理/ローの管理/期日集中の管理/全体のブックサイズ/オプション料支払管理/日中管理(Intra-Day Control)/オメガ管理
第11章 オプション入門編 日本における通貨オプション取引等に係る規制
Ⅰ 金融先物取引法時代
金融先物取引法の成立/金融ビッグバンと規制緩和/一般顧客を相手方とする店頭取引の台頭と規制範囲の拡大
Ⅱ 金融商品取引法下における規制
金融商品取引法の成立/金融商品取引法における基本的な行為規制/金融商品取引法の国際的適用範囲/通貨オプション取引等に係る主な金融商品取引法の改正
Ⅲ 自主規制団体による自主規制
一般社団法人金融先物取引業協会/自主規制規則等/通貨オプション取引等に係る主な自主規制等
Ⅳ 近年の動向等
第12章 通貨オプションに適用される契約条件
ロンドン・インターバンク通貨オプション市場(LICOM)用語集/国際通貨オプション市場(ICOM)用語集/国際スワップ・ディーラー協会(現国際スワップ・デリバティブ協会/ISDA)/市場の選好/基本契約書―その要旨/1997 International Currency Options Market(ICOM)Terms/市場慣行(Market オプション入門編 practice)/ICOMで合意するべき特定の事項のリスト(Schedule of Certain Matters to オプション入門編 be Agreed)/バリア・オプションの追加規定(The Barrier Option Addendum)/1997年版ICOMの影響(Impact of 1997 ICOM)/〈翻訳者による第12章の追記〉外国為替取引・外国為替系デリバティブ取引の契約書における二元体制の問題/ISDAマスター契約への統合と残された課題/1998 FX and Currency Option Definitionsの概要/Schedule Part6の概説/通貨オプション取引の分類/通貨オプション取引のコンファメーション オプション入門編
第13章 エキゾチック・オプションとその未来
バミューダ(ミッド・アトランティックまたはウィンドウ)・オプション/チューザー・オプション/パワー・オプション/コンパウンド・オプション/フォワード・スタート(ディレイド、ディファード・スタート)・オプション/アベレージ・レート(アジアン・AVRO)・オプション/バリア(トリガー)・オプション/デジタル(バイナリー、ベット)・オプション/コンティンジェント(ペイレイター)・オプション/ルックバック(オプティマル、ミニマム/マキシマム)・オプション/クリケット・オプション/ラダー(ラチェット)・オプション/シャウト・オプション/マルチファクター・オプション/未来を考える

バイナリーオプション おすすめ業者ランキングサイト

当サイトはこれからバイナリーオプションを始める方の「失敗しない業者選び方」と「勝てる方法」をサポートします。

バイナリーオプションのステップアップガイド【超入門編】

バイナリーオプション入門編

これからバイナリーオプション始める方に向けてステップアップガイドを作成しました。大きく3つに分けて ・超入門編・準備編・実践編 と3ステップの形で解説しています。

  • 為替相場の基本知識
  • バイナリーオプションの基本知識
  • バイナリーオプションの魅力
  • バイナリーオプションのリスク

為替相場の基本知識

  • 株よりもFXかバイナリーオプションがいいと言われる理由
  • 為替市場の仕組みを理解しバイナリーオプションで活かそう

バイナリーオプションの基本知識

  • 通貨には投資家の性格によって特徴がある
  • バイナリーオプションとは?
  • バイナリーオプションの専門用語とは?
  • 国内業者と海外業者の業者の違いとは?

バイナリーオプションの魅力

  • バイナリーオプションのルールを解説
  • バイナリーオプションは自分で損失をコントロールしよう

バイナリーオプションのリスクについて

  • バイナリーオプションのリスクを回避する為の対策方法
  • 出金拒否なる場合がある

口座開設が多いバイナリーオプション業者ランキング

ハイローオーストラリア

ハイローオーストラリア、HighLow-Australia

ペイアウト率が高く 最大2.30倍 で多く稼げます。出金は早く 最短1日 で完了し、 マーシャル諸島 のライセンスを取得し安全性が高いです。以下の関連記事は1ヵ月検証し勝率75%で+27万円の利益を出したになります。

  • 関連記事 【勝率75%】ハイロー30秒で安定して利益を出す方法

theoption

ザオプション

他の業者より キャンペーンが豊富 でお得に始めれるのが特徴です。また 分析機能付き取引画面 で戦略的な取引ができます。サポートが チャット対応 しており丁寧に教えてくれます。以下の関連記事は1ヵ月で勝率71%で+55万円の利益を出した攻略法になります。

  • 関連記事 【勝率71%】スマホだけを使ってザオプションを攻略

ゼン・トレーダー

ゼン・トレーダー

2018年より運営を始めている 比較的新しい新鋭のバイナリーオプション業者 です。500円から取引できることもあり、 ビギナーには嬉しい仕様 となっています!取引プラットフォームもカッコ良く使いやすいです。

実務家のためのオプション取引入門

4.1. ワンステップ二項分布モデル
4.1.1 無裁定議論
4.1.2 リスクニュートラルバリュエーション
4.2. マルチステップ二項分布モデル
4.3. 二項分布モデルにおけるオプションの早期行使
4.4. ボラティリティの導入
4.5. ブラックショールズモデル
4.5.1 ブラックショールズモデルのコンセプト
4.5.2 二項分布モデルのブラックショールズモデルへの収束
4.5.3 ブラックショールズモデルの仮定
4.6. モンテカルロシミュレーション
●4章のまとめ
●章末問題
Coiumn4 ブラック、ショールズ、マートンの「真の」功績

5章 ボラティリティとは

5.1. ヒストリカルボラティリティ
5.2. ボラティリティの感覚的理解
5.3. インプライドボラティリティ オプション入門編
5.3.1 インプライドボラティリティとは
5.オプション入門編 3.2 インプライドボラティリティのあやうさ
●5章のまとめ
●章末問題
Coiumn5 ノーベル賞受賞者のヘッジファンドLTCM

6章 ボラティリティサーフィス

6.1. ボラティリティスマイル
6.1.1 スキュー(歪度)
6.1.2 カートシス(尖度)
6.1.3 ボラティリティスマイル
6.1.4 ボラティリティスマイルの理由
6.2. タームストラクチャ
6.3. ボラティリティサーフィス
●6章のまとめ
●章末問題
Coiumn6 ならず者のオプション取引

第7章 スプレッド

7.1. ストラドル
7.2. ストラングル
7.3. コールスプレッド
7.4. プットスプレッド
7.5. バタフライ
7.6. バイライト
7.7. マリードプット
7.8. リスクリバーサル
7.9. コンボ
7.10. リバーサル・コンバージョン
7.11. ボックス
7.12. コールカレンダー/プットカレンダー/ストラドルスワップ
7.13. ジェリーロール
●7章のまとめ
●章末問題
Coiumn7 熟練オプショントレーダーの頭の中

8章 グリーク

8.1. デルタ
8.2. ガンマ
8.3. セータ
8.4. ベガ
8.5. ロー
8.6. 配当リスク
8.7. グリークによる損益計算
8.8. グリークの規格化
8.9. デルタヘッジの実際
●8章のまとめ
●章末問題
Coiumn8 シナリオシミュレーション

9章 グリークの視点からのスプレッド

9.1. ストラドル
9.2. バタフライ
9.3. カレンダースプレッド
●9章のまとめ
●章末問題
Coiumn9 ボックスによる資金調達

10章 コールとプットの等価性

10.1. プットコールパリティの体感
10.2. 一般のポートフォリオに見るプットコールパリティ
●10章のまとめ
●章末問題
Coiumn10 世界最大のオプションマーケット

11章 オプションアービトラージ

11.1. スクリーン上に存在するアービトラージ
11.2. スプレッドと組み合わせたアービトラージ その1
11.3. スプレッドと組み合わせたアービトラージ その2
●11章のまとめ
●章末問題
Coiumn11 デルタをめぐる争い

12章 アメリカン型オプションの早期行使

12.1. コールの早期行使
12.2. プットの早期行使
12.3. 配当スプレッド
12.4. 金利スプレッド
●12章のまとめ
●章末問題
Coiumn12 配当スプレッドに対する批判とメリルリンチの失敗

13章 トレーダーの視点

13.1. フォワードボラティリティ
13.2. イベントボラティリティ
13.3. ボラティリティサーフィスの比較
13.4. リアライズドボラティリティとインプライドボラティリティの比較
●13章のまとめ
●章末問題
Coiumn13 インタラクティブブローカーズの誤算

14章 VIXとは

14.1. ボラティリティ商品としてのオプションの欠陥
14.2. バリアンスストリップ
14.3. VIXとは
14.4. その他のボラティリティデリバティブ
●14章のまとめ
●章末問題
Coiumn14 VIX をマニピュレートせよ

【オプション入門編】権利行使価格について深く考えてみた

権利行使価格と利益

オプショントレードの基礎(初心者向け)

権利行使価格とは、教科書的には
「オプション取引で、オプションの買い手が権利を行使する際にあらかじめ決められた原資産の価格のこと」
のように書かれていますが、これではよく意味が分かりません(笑)

従って、今度もまた動画で説明します!
どうやったら分かりやすいか工夫しましたので、
初心者 の方に見ていただけると嬉しいです

権利行使価格とは、ちょっと乱暴な言い方ですが、
「SQ時にこの価格に届いていなければ、利益を得られる価格」です。
逆に言うと、「この価格に届いてしまうと損失」になってしまう価格でもあります。

例を挙げると、日経平均24,000円の時に
権利行使価格25,000円のコールを売った場合、
SQまでに日経平均が25,000円に届かなかったら利益総取りです。
25,000円でも23,000円でも同じ利益 です。
逆に、25,000円を超えてSQを迎えた場合損失になります。
(厳密には、最初にプレミアムを得ているので25,000円をちょっと超えたあたりが損益分岐点です。)
25,000円をどれくらい超えてきたかで、損失額が変わります。
つまり、25,100円と26,000円では損失額が全く違います。

では、思いっきり遠くの権利行使価格を売っておけば有利なのか? オプション入門編 オプション入門編
というとそういうわけではありません。
確かに、日経平均24,000円の時に、18,500円のプット(3月限)を売れば
凄く有利な気がします。
なんせ5,500円も離れているので3月13日のSQまでに到達する可能性がほぼゼロです。

実際こういうやり方をしていると、勝率99%も夢ではありません。
でも「有利な方法」かというとそれは違います。
勝率99%でも残りの1%の負けで、今まで得た利益を全て吹っ飛ばしてしまう からです。
従って、勝率は高いのは事実ですが、
有利な方法かといえばそうではありません。
結局、得た利益を全て飛ばすので±ゼロです。
±ゼロで終わればまだ運がいい方で、多くは元金も失って退場してしまいます。

これは、コールでも同じことが言えます。
プットと比べて暴騰リスクは少ないですが、
コールはプットと比べて相対的に近いところを売らないと利益になりません。
プットは大暴落で一気に退場者が出るので目立ちますが、
コールは相対的に近いところを売らないといけないので、
大きな急上昇があれば、遠くを売っていたとしても結構追い込まれます。
僕が日経225オプションで損失になったのは、このコール売りの方が多いです。

プットほど怖さが無く、安易にコール売りをした時に
予想もしない大幅な上昇がきて損失になることは多々ありました^^;
なので、安易なコール売りもやらない方が良いですね!

【知識0スタート】バイナリーオプション入門⑦・手順⑦【初心者向け】

12,000円実質無料

バイナリーオプションおすすめ業者は?
お得に始めたい初心者はザオプション。利益を出せるようになった中級者はハイローオーストラリアという使い分けが良いのかなと思います。下記の記事でもとても簡単に解説しています。
» 【厳選2社限定】バイナリーオプションのおすすめ海外業者【初心者・中級者向け】

バイナリーオプション【初心者向け/入門編】

入門①バイナリーオプション【初心者はどんなパソコンを選ぶ?】

また、チャートを20通貨ペア前後表示するなど、負担がかかるようなことをしなければ全く問題ないです。

しかし、それでも気になると言うことであれば、個人的にオススメするのはWindows製品が良いかと。

入門②バイナリーオプション【初心者がつまずく専門用語一覧】

  • 【BO・バイオプ】➡【バイナリーオプションを短縮して読んだ用語(バイナリーなど)】
  • 【ペイアウト倍率】➡【勝利したときの利益の割合のことを示している】
  • 【ボラティリティ】➡【チャート上の値段の幅や長さのことをボラと言ったりする】
  • 【レンジ】➡【チャート上の相場の流れが横ばいや上下にギザギザ動いていること】
  • 【トレンド】➡【チャート上の相場の流れが上昇か下降一方に勢いが向いている状態】
  • 【チャート】➡【取り付きする銘柄(通貨ペア)の値段を数値化し、点と点を結んだもの】
  • 【ローソク足】➡【チャート上に出てくる細長い四角オブジェクトのこと】
  • 【テクニカル分析】➡【ローソク足を確認しパターンや過去の傾向から分析すること】
  • 【ファンダメンタル分析】➡【経済指標などの経済的に影響する指標を元に分析すること】
  • 【レジスタンス・サポートライン】➡【取引する人達の思惑が集まり多く感じられる場所】
  • 【インディケーター】➡【MT4/MT5の場合には、MQL4/MQL5などで開発されたシステム】
  • 【MT4・MT5】➡【相場を分析するために使われる分析用アプリツール】
  • 【TradingView】➡【相場を分析するために使われる分析用アプリツール】
  • 【ThinkTrader】➡【過去の検証するために使われる分析用アプリツール】
  • 【エリオット波動】➡【ラルフ・ネルソン・エリオットが提唱したテクニカル理論】
  • 【フィボナッチR/E】➡【フィボナッチ数から導くテクニカル分析の分析標準ツール】
  • 【ダウ理論】➡【チャールズ・ダウが提唱した市場での値動きを評価するための理論】

他にも詳しく知りたい方はこちらの用語集をご確認ください。
» 【完全版】バイナリーオプション初心者必見【用語集①】

入門③バイナリーオプション【初心者向けの本ってある?】

正直にいます。
バイナリーオプションの本はありますが、僕は一冊も勝っていません。
本はあるのですが、バイナリーオプションの深掘りした本は存在しません。※あくまでも個人の感想です。

入門④バイナリーオプション【初心者におすすめな勝ち方とは】

これが僕が考える初心者におすすめな勝ち方です。

入門⑤バイナリーオプション【初心者が始めるBOの危険性について】

結論から言えば、バイナリーオプションはギャンブル的取引をしてしまうと危険。
また、投資先として活用される場合も本来は良いサービスだとしても周囲からのイメージはあまり良いものと言えないのが今現場のバイナリーオプションかと思います。

なので、詐欺も横行しているので、見極めが重要です。

安全なのは自分で調べて自分で学んで自分から進んで始めたものだけ信用しましょう。
※自分の資産は自分で守れば危険性は大幅に回避できます。

また、危険性や不安解消のヒントとしてこちらの記事【不安解消】バイナリーオプション初心者が気になる危険性について【まとめ】を参考にしてみてください。

入門⑥バイナリーオプション【初心者向けの勉強方法とは】

バイナリーオプションの勉強をするなら動画とブログの2つのみ。
本で勉強する人もいるかもですが、正直ネット上に無料で落ちている情報をかき集めれば本以上の情報が落ちています。

  • ※動画で勉強するならこちらの記事
    » 【本質重視】バイナリーオプション勉強【動画学習の厳選情報まとめました】
  • ※ブログで学習するならこちらの記事
    » 【本気版】バイナリーオプション攻略必勝法【正直に言います】

ざっくりとした大まかな流れはこちらの記事バイナリーオプション初心者の勉強【準備/方法/実践】まとめで解説。

入門⑦バイナリーオプション【初心者におすすめな通貨ペア】

初心者が気になる部分

  • 通貨ペアはどこがいいの?
  • ペイアウト率が一番高いのは?
  • 短期でかつためにはどうすればいいの?

経験者が気になる部分

  • 通貨ペアは値動きが安定している通貨のみ
  • ペイアウト率より損切りのマスターが最優先
  • 長期的に勝てるようになってから短期をマスターするべき

また、通ペアのおすすめについてお話している記事がバイナリーオプションの初心者におすすめ通貨ペア【結論からお話します】になります。
参考にしてくれたら幸いです。

ザオプションを始めようか悩んでいる人へ

「BO初心者だからなぁ……」という初心者向けがBOのザオプションです。理由は12,000円分の取引が実質無料なので、その金額分は安心して本番練習できます。詳しい内容はこちら記事をどうぞ。
»【評判⑪選+口コミ】ザオプション【安全性と評価(メリット/デメリット)】

12,000円実質無料

実質無料の1万2千円でリアル取引でスキルUP!
ザオプションでは初回入金キャンペーンによる7,000円キャッシュバックがあるため、合計で12,000円が受け取れます。
» ザオプションの無料口座開設はこちら

BOはFX入門として最適です

12,000円実質無料

バイナリーオプションおすすめ業者は?
お得に始めたい初心者はザオプション。利益を出せるようになった中級者はハイローオーストラリアという使い分けが良いのかなと思います。下記の記事でもとても簡単に解説しています。
» 【厳選2社限定】バイナリーオプションのおすすめ海外業者【初心者・中級者向け】

バイナリーオプション【初心者向け/入門編】

【お知らせ】BOチャート関連まとめ記事

FXの専門用語を覚える前にやるべきことは1つ「チャート分析スキル」

学習

FXは覚えることが多くて大変です

理由は、技術やテクニックうんぬんではなく、専門用語の「ピップス (pips)」や「 ロット(Lot)」はもちろんのこと、MT4などのチャート操作も覚える必要があります

学び方は人それぞれ自分に合う効率化を追求しよう

これって覚える順番(優先順位)を変えれば、効率よく学べるので?

結論投資では、操作や専門用語よりも、チャート分析の技術を先に習得するのが先決だと考えました。

チャート分析スキルを効率よく上げるには?

チャート分析

ですが、海外BO業者で、独自の連携したチャートを提供している会社はザオプションのみで、数多くの分析スキルを学ぶには、10秒チャートで学習するのが効率的です。

理由は、本質的な分析方法を身につけることが目的だからです。それを覚えたら、長期足に変えるだけで、確実に勝率は上がります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる