FXを極めよう

ボリンジャーバンドの収縮

ボリンジャーバンドの収縮
知識

【リペイントなし】ボリンジャーバンドのバンドウォークやスクイーズが始まるとアラートが鳴るインジケーター

f:id:beck0607jp:20211107175510p:plain

f:id:beck0607jp:20211107033801p:plain

BB_Analyzer_2.03_alerts_nrpは売買サインを出してくれるのですが、それがちょっと特殊な言い方をしています。バブルアップやソーセージダウンというようなアラートがなります。

上昇(買い)のシグナル

f:id:beck0607jp:20211107180125p:plain

下降(売り)のシグナル

f:id:beck0607jp:20211107180534p:plain

また、この色合いが見ずらいと感じた場合、色を変えると思うのですがその場合は注意が必要で「パラメータの入力」で色を変更してください。「色の設定」で変更しても色は変わりません。

f:id:beck0607jp:20180712050543j:plain

また、「バンドのスクイーズでアラート」を鳴らしたい場合は、「alertsSqueeze」を「true」にしてください。

ボリンジャーバンドのバンドウォークで全1000パターン検証した【FX手法検証第1弾】

ボリンジャーバンドに興味のある人

本記事はFXの手法検証の前に、手法と検証パターンについて詳細に解説する。検証結果を見る前に、本記事を熟読していただくことで検証結果から実践的なノウハウを読解できるようになるだけでなく、検証エクセルの効果的な活用方法についても理解していただける。

シンプルにボリンジャーバンドを解説する【遅行トレンド指標】

  • 1980年代にジョン・A・ボリンジャーによって考案されたFXテクニカル手法
  • トレンド系のテクニカル指標
  • 利用するのは移動平均線と標準偏差
  • 平均を基本として数値のばらつき具合を表す指標
  • ボリンジャーバンドでは標準偏差によって1σ(ボリンジャーバンドの収縮 シグマ)と2σを定義する
  • -1σ~+1σの間に価格が収まる確率は68.2%
  • -2σ~+2σの間に価格が収まる確率は95.45%

ボリンジャーバンドの概要図

±2σに約95%の確率で価格が収まるため、ラインに触れた瞬間に「逆張り」する指標と思われがちだが、実際はトレンド系インジケーターの為、目線は順張りが基本

ボリンジャーバンドとは?基本パターンやFXでの活用法を解説

FX、ボリンジャーバンド、合いキャッチ画像

FX分析方法

ボリンジャーバンドを使うと、視覚的にトレンドの状態が把握できるため、トレードの優位性が高められます。

本記事では、 ボリンジャーバンドの基礎知識考案者が基本戦略として推奨している「順張り」での活用方法 を紹介します。

ボリンジャーバンドについて

ボリンジャーバンドは、 相場の振れ幅(ボラティリティ)を一定期間の価格データから測定し、今後の価格変動範囲を予測し、チャート上に表示するインディケーター です。

FX、ボリンジャーバンドとは?

  • +1σ~-1σ内に価格が収まる確率は68.3%
  • +2σ~-2σ内に価格が収まる確率は95.5%
  • +3σ~-3σ内に価格が収まる確率は99.7%

上記から、ほとんどの確率で+3σ~-3σ内に価格が収まると予想できます。
※ただし、急な相場の変動後時などは、バンド内に収まらないこともあります。

ボリンジャーバンド2つのパターン

ボリンジャーバンドには、 スクイーズエクスパンション の2つの基本パターンがあります。

スクイーズ

スクイーズとは、下図のように バンドが収縮した状態 ボリンジャーバンドの収縮 になっていることをいいます。

FX、ボリンジャーバンド、スクイーズ

バンドが スクイーズの時は、売りと買いが拮抗し、レンジ相場になったことを視覚的に示唆 してくれます。

エクスパンション

エクスパンションとは、 上下のバンドが拡大している状態 です。

FX、ボリンジャーバンド、エクスパンション

バンドが エクスパンションの時は、相場が強いトレンド状態ということを視覚的に示唆 してくれます。

エクスパンションは、スクイーズ後に発生することが多くあります。

ボリンジャーバンドを用いた順張りトレード(具体例)

FX、ボリンジャーバンド、トレード例、スクイーズ

前章で説明した通り、スクイーズ→エクスパンションになることが多いため、 スクイーズを見つけることで、レンジ相場からトレンド相場への切り替わりに備えます。

FX、ボリンジャーバンド、トレード例、エントリー、利確

スクイーズの相場を見つけたら、エクスパンションへ移行するのを待ち、 エクスパンションを起こしバンドをブレイクした方向へエントリー します。

そして、 バンドが閉じ始めたら、利確 します。

トレンドの状態が一目でわかるボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドの使い方で有名なものは、 スクイーズエクスパンション です。

ボリンジャーバンドの幅について考える【拡大・収縮】

どこで推移するのかは、相場の状況によります。

このバンドウォークは、+1σ~+2σ辺りで推移しているので、 +1σ付近で押し目買いを検討 します。


・価格が±1σ~±2σ or ±2σ~±3σ辺りで推移
・バンドの幅が広がっている

トレンドが発生している時は、ミドルラインを超えた(割った)時の値動きもよく見る

②の買いでは、やや下ヒゲが長い場合は買い圧力が強い場合がある ので、価格を戻してくる可能性があります。
ヒゲが長いほど、それは顕著に値動きに現れることがあります。

DMM FXは国内FX口座数No.1!

ナナトレ!のサイト経由で口座開設すると最大20,000円のキャッシュバック特典! DMM.com証券のDMM FXは、※ 国内のFX口座数第1位。 業界最狭水準スプレッドや初心者からプロまで使える取引ツールが魅力のFX会社です。短期トレードに最適。(※2017年1月末時点)

FXネオはFX取引高5連続世界第1位!

ナナトレ!のサイト経由で口座開設すると最大30,000円のキャッシュバック特典! GMOクリック証券のFXネオは、 FX取引高5連続世界第1位。 高機能取引ツールやスマホアプリも使えます。短期トレードも、スワップを活かした中長期投資も◎。DMM FX等と組み合わせて口座開設をする事で、短期・中長期用と、資金管理が容易に。

外為ジャパンは1000通貨取引が全通貨で可能!

ナナトレ!のサイト経由で口座開設すると最大20,000円のキャッシュバック特典! 外為ジャパンは業界最狭水準スプレッド&取引ツールも快適でPCやスマホで楽々トレード。 1,000通貨より全通貨で取引可能 だから初心者からプロまで幅広く選ばれている!

ボリンジャーバンドの見方・使い方とは|初心者の方へ分かりやすく解説

ボリンジャーバンドの見方と使い方

知識

ブタくん

ボリンジャーバンドとは

ボリンジャーバンドは、ジョン・A・ボリンジャーさんが考案したテクニカル指標で、相場の値動きの振れ幅(ボラティリティ)を予測しチャートに表示するものだよ。

ブタくん

略してBBボリバンっとも呼ばれたりするよ。

ボリンジャーバンド

今回は株価チャートを確認・分析する際におすすめしたい無料チャートツール「Trading view」について記事を書きました。どのチャートツールを使えばいいのか悩んでいる方や「Trading view」というツールは聞いたことはあるが、どの様な機能・使い方をすればいいのか知らない方に参考になる内容となっています。

ブタくん

標準偏差とは

ブタくん

標準偏差

ボリンジャーバンドとは 統計学の標準偏差を利用し、高い確率で+2σ ~ -2σの間(バンド)で株価が動くだろうという予測をもとに一般的に使用されています。

ボリンジャーバンドの見方

ボリンジャーバンドの見方

真ん中のミドルライン(平均移動線)を中心として、そこから 上がり過ぎ下がり過ぎ を上下のバンド(線)で表しています。

つまり、 この帯は 平均移動線からどれぐらい偏りがあるのか視覚的にパッと分かるものになります

また、相場があまり動かない レンジ相場 ボリンジャーバンドの収縮 では、ボリンジャーバンドの上と下の バンド幅が狭まります

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる