デモトレード

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説

●大陰線(陰の寄り付き坊主)
最安値からは少しは戻したものの、大きく安値で終値を迎えております。

株の基本の基本!チャートって何?わかりやすく解説します

アップロード画像0440050

単純移動平均線とは何か


引用:SBI証券

  • 12/1 100円
  • 12/2 105円
  • ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
  • 12/3 103円
  • 12/4 100円
  • 12/5 102円
  • 12/6 108円
  • 12/7 115円

12/6の移動平均線(12/1~12/5の平均)=102円
12/7(12/2~12/6の平均)=103.6円
12/8(12/3~12/7の平均)=105.6円これらの数値を結ぶと、5日の移動平均線になります。

これで何がわかるかというと、
大まかな株価のトレンド(上がってるか下がってるか)を知ることができます。

また、この移動平均線から株価が大きく離れた場合、移動平均線の近くまで株価が修正される動きをすることが多く、売り・買いのタイミングを見るためにも使われます。

RSIとは今の株価は買われすぎているのか、売られすぎているのか、ということを教えてくれる指標です。

RSIとは何か

引用:SBI証券

70~80%以上で買われすぎ20~30%以下で売られすぎと判断します。

一目均衡表

ちょっと複雑ですが、売りと買いの均衡によって、 ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
「いつチャートが変化し、いつまで上昇or下落するのか」
ということを調べるものです。

一目均衡表とは何か

引用:SBI証券

ボリンジャーバンド

ボリンジャーバンドとは、予測され得る株価の値幅を示す表です。

ボリンジャーバンドとは何か

引用:SBI証券

このバンドの中からローソク足が飛び出すと、株の買いすぎ・売られすぎの判断ができます。

うわっ…私の頭の中、初心者過ぎ…?

でも大丈夫です!

「くっさ!! なんか湿った臭さ!!! 」

ローソク足や一目均衡表も、株を始めたときは ロゼッタストーンとかヒエログリフ 級の難解さに見えましたが、

少し慣れてきたら フリガナなしの般若心経 くらいにはなりました


いやフリガナなしの般若心経も読めないですが、でもまだこう、「何て書いてるのか知らんけど漢字」ってわかるじゃないですか?

初心者の為に分かりやすく図解!ローソク足の種類

money

大陽線(陽の丸坊主)


●大陽線(陽の丸坊主)
上髭が無いので、高値のまま終値を迎え、
そのまま次のローソク足に移動した事を意味しております。
チャートが上昇に向かっている強気な相場であると言えます。

大陽線(陽の大引け坊主)


●大陽線(陽の寄付き坊主)
始値から一度は値下がりしたがその後高値になり、そのまま終わり値を迎えおります。
この状態も相場は強気であると判断できます。

大陽線(陽の寄付き坊主)


●大陽線(陽の寄り付き坊主)
上昇中に出てくるローソク足ではあるが、一度高値から値下がりして終値を迎えているので、今後値下がりの可能性は否定が出来ないので少し注意が必要。
特に上ひげが長い場合は要注意です。

コマ(陽の極線)


●コマ(陽の極線)
形の小さい陽線のローソク足です。
値上がりして終値を迎えていますが、勢いも無く、この後どう動くか分かり難い為、
今後の展開が読みづらいローソク足です。
これが出てきた場合は少し様子見をした法が良いかもしれません。

カラカサ(陽線)


●カラカサ(陽線)
値は一度下がったが、最後は値上がりして終値を迎えています。

主に相場の(上昇・下降の)転換期のサインと言われており、
安値の部分で出てきたら上昇のサインですが、
高値部分で現れた場合は値下がりの可能性が考えられます。

トンカチ(陽線)


●トンカチ(陽線)
一度は大きく値を上げたが、最終的にはそこには届かず、値上がりが小さい状態で
終値を迎えています。

カラカサと同じで転換期のサインと言われており、
高値部分で現れたら天井(最高値)を示す場合が多く、
そこから下降に転換する可能性がありますので注意が必要です。

トンボ


●トンボ
一度は値が下がったが、終値は始値と変わらなかった場合に出てきます。

大陰線(陰の丸坊主)


●大陰線(陰の丸坊主)
髭が無く、大きく値下がりした陰線。
チャートは下降に向かっており、そのまま下がり続ける可能性が高いです。

大陰線(陰の寄り付き坊主)


●大陰線(陰の寄り付き坊主)
最安値からは少しは戻したものの、大きく安値で終値を迎えております。

大陽線(陰の大引け坊主)


●大陽線(陰の大引け坊主)
一度は値を上げたが下がってしまい、値は下降したまま終値を迎えております。

コマ(陰の陽線)


●コマ(陰の陽線)
陽線でのコマと意味はほぼ同じで、これが出たら様子見をおすすめします。
安値は付けたが、レートの動き自体は小さく、今後の展開は読みづらいです。

カラカサ(陰線)


●カラカサ(陰線)
一度は値を大きく下げたが上げ戻され、下げ幅が小さいまま終値を迎えた陰線。

トンカチ(陰線)


●トンカチ(陰線)
一度は値を上げたが押し戻され、結局安値で終値を迎えております。

トウバ


●トウバ
一度は値を上げたが押し戻され、始値と終値が同じだった場合に出てきます。

寄せ線

最後に陽線でも陰線でも無いローソク足がありますので、ご紹介します。

●寄せ線
値動きがほとんど無く、始値と終値が同じだった場合に登場します。

傾向ですので、絶対にそうなるとは言い切れませんが、ローソク足を
見る際の必須知識となりますので、しっかりと把握して
今後の参考にして頂ければと思います。

ローソク足チャートの見方とは?初心者にもわかりやすいよう徹底解説

アイキャッチ画像21 ローソク足チャート 白黒

FX

  • そもそもチャートとは何か
  • 様々なチャートの種類
  • ローソク足チャートの見方
  • ローソク足チャートの見方とは?初心者にもわかりやすいよう徹底解説:まとめ

そもそもチャートとは何か

FXにおける チャート とは、 為替レートの値動きを時系列に沿って図表 するものです。
横軸に時間 をとり、 縦軸に為替レート をとります。

チャート

横軸の時間 は 左から右 に行くにつれ、 過去から現在 へ向かいます。
縦軸の為替レート は 下から上 へ向かうにつれて、 レートが高く なります。

横軸の時間の 右端 は 必ず現在の時間 となります。
横軸が 未来の時間を指し示すことはありません 。

一方、 縦軸の為替レート は 下限は0 ですが 上限はありません 。

つまり、 チャート は 過去から現在までの為替レートの値動きを図表するもの と言えます。

様々なチャートの種類

  1. ローソク足チャート
  2. バーチャート
  3. ラインチャート

上記の他に特殊なチャートとして「 ポイントアンドフィギュア 」というものがあります。

これは縦軸に値段(為替レート)をとり、 横軸に時間をとらない チャートです。

上昇を「×」下落を「〇」で表し、 大局的な値動きを捉えるのに有利 と言われています。
しかし現在ではデフォルトで搭載している取引プラットフォームも少なく、
あまり使われていません。

ローソク足チャート

ローソク足チャート

ローソク足チャート は 四本値からなるローソク足を用いたチャート です。
形状がローソクに似ていることからローソク足と呼ばれます。

海外では Candle Stick Chart(キャンドルスティックチャート) とも呼ばれます。

四本値とは、 始値・終値・高値・安値のこと を指します。

四本値の名称意味
始値(はじめね) 始め に取引された価格
終値(おわりね) 最後 に取引された価格
高値(たかね)取引された中で 最も高い 価格
安値(やすね)取引された中で 最も安い ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説 価格

日本生まれのテクニカルであるローソク足は、
四本値を含むため情報量が多く、値動きを細かに把握しやすい という特徴があります。

バーチャート

バーチャート

バーチャートも ローソク足チャート同様に 四本値からなるバーを用いたチャート (※1)です。 ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説
その形状がバー(棒)であることからバーチャートと呼ばれます。

ローソク足は日本生まれですがバーチャートは海外生まれです。
特徴はほぼローソク足と同じで 四本値を含み情報量が多く、値動きを細かに把握しやすい ことです。

ラインチャート

ラインチャート

ラインチャート は 終値を結んだラインで表されるチャート です。

これまで解説したローソク足チャートやバーチャートとは異なり、
含んでいる情報は終値のみ です。

しかしそれゆえに シンプルな形状となり視認性も非常に高く 、
パッと見で値動きが把握しやすい 特徴があります。

ローソク足チャートの見方

ローソク足チャートの見方1.ローソク足とは

ローソク足には 陽線 と 陰線 ローソク足の見方を初心者にわかりやすく解説 があり、それぞれ以下の画像の通りの構成になっています。

ローソク足 説明

陽線 とは、 始値よりも終値が高い価格を付けた ローソク足のことです。
逆に 陰線 は、 始値よりも終値が安い価格を付けた ローソク足のことです。

それぞれのローソク足の 始値から終値まで を「 実体 」と言います。

実体を構成する 始値と終値だけ が、ローソク足の中で 最初と最後という時間情報を持っています 。

また、 実体以外の部分 を「 ヒゲ 」と呼びます。

ヒゲは実体のどこについているかで呼び方が異なり、
実体の上 についているヒゲを「 上ヒゲ 」、 実体の下 についているヒゲを「 下ヒゲ 」と呼びます。

ローソク足チャートの見方2.時間軸とは

時間軸 とは、 始値から終値を付けるまでの時間 のことです。

よって、 ヒゲは始値から終値の間に形成された ことになります。

また、時間軸を1日に設定したチャートを 日足 、1時間であれば 1時間足 、
5分であれば 5分足 などと呼びます。

基本的に 時間足が長ければ長いほどローソク足1本分の信頼性は高くなり ます。

USDJPY_ローソク足_日足

USDJPY_ローソク足_1時間足

USDJPY_ローソク足_5分足

時間軸の長いチャート は 全体像をつかみやすく なっています。
一方、 時間軸の短いチャート は 細かい値動きをつかみやすく なっています。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる