ビットコインの始め方

分析方法や分析ツールについて解説

分析方法や分析ツールについて解説
そのままではデータが計測されないため、適宜トラッキングタグの設定や計測IDの設定を行います。

コホート分析とは?意味や活用法などを徹底解説!

Webマーケティングの分析手法の1つ「コホート分析」。ECを始めとしたWebサイトの分析に広く用いられていますが、詳しい意味や活用法までは知らないという方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、コホート分析とは何かという疑問について、分かりやすく解説します。
コホート分析とは? 分析方法や分析ツールについて解説 分析方法や分析ツールについて解説
コホート分析とは、ユーザーを条件ごとにグループ化し、サイトでの行動や定着率を分析する手法をいいます。
コホートは英語で「仲間」や「グループ」を意味する言葉。コホート分析では共通項のあるユーザーをグループにして分析することで、サイトの分析やユーザーの行動を詳細に把握し、マーケティング施策に役立てることができます。
例えば、
9月1日からセッションを開始したユーザー
春のキャンペーンを利用したユーザー
といったグループを抽出。その中から、
2週間以内に再訪したユーザーの割合は?
コンバージョンに至った割合は? 分析方法や分析ツールについて解説
といった条件でくくり分析を行うことができます。
コホート分析では自社サイトのユーザー定着率が分かる
コホート分析では、自社サイトを訪れたユーザーの定着率を把握することができます。
定着率とは、サイトを再訪した割合や商品を再購入した割合を意味します。リピート率やリピートユーザーといった言い方が分かりやすいですが、ECサイトではこうしたリピーターの存在が売上を大きく左右します。
サイトを再度訪れ、商品を購入するということは、サイトや商品への満足度が高いということ。こうしたユーザーは今後も継続してサイトを利用する可能性が高く、サイトのLTV向上に大きく貢献してくれます。
つまり、コホート分析を通じて自社サイトの定着率を把握し、改善や施策の投入を施していくことが、サイトの集客や売上アップに繋がるという訳です。
サブスクやSNSマーケの普及がコホート分析の価値を高める
近年、定額料金でサービスを使い放題で利用できるサブスクリプション(サブスク)モデルが人気を集めています。サブスクはサービスへの定着率が重要な指標で、コホート分析を活用するには持って来いのビジネスモデルといえます。これまでもECで人気を集めてきた定期通販やリピート通販でも、コホート分析は幅広く活用されていますが、今後はサブスクの普及によりさらなる需要が生まれるでしょう。
また、SNSマーケティングの普及も、コホート分析の価値をより高めています。SNSでは、投稿への反応や滞在時間、コンバージョンへ至った割合などを細かく分析し、改善することが不可欠です。コホート分析を使えば、SNSのコンテンツをグループで区切って詳細に分析できるため、効率的なPDCAサイクルを回すことができるでしょう。
コホート分析の活用法は?
コホート分析は、無料で高精度なアクセス解析を利用できる、Googleアナリティクス(GA)で簡単に行うことができます。実際に2013年9月にGAでコホート分析がリリースされて以降、この分析手法が広く用いられるようになりました。

そこでここからは、コホート分析の活用法について具体的な例を取り上げてご紹介します。
活用法1.ユーザーが減少したタイミングを知る
1つ目は、ユーザーが減少したタイミングを知るという方法。
例えば、サイトを訪れたユーザーが訪問日から3日後に減少する傾向にあるとします。この傾向が分かれば、3日目に新しいコンテンツを投入したり、ユーザーに対してメールマーケティング等を通じてアプローチすることで減少率を軽減することができます。
こうしたアプローチでサイトへの定着率が向上していけば、コンバージョンに至るケースも増加し、売上アップに繋がるでしょう。
活用法2.キャンペーンの反応を知る
2つ目は、キャンペーンに対しての反応を知る方法です。
ECサイトでは定期的にキャンペーンやセールを実施しますが、この期間に訪れたユーザーをグループ化してコホート分析を行うことで、キャンペーンの効果や反応を知ることができます。また、キャンペーンのタイミングで流入したユーザーが、どの程度リピートユーザーに変化したかを分析できれば、施策の有効性や改善策を明確にすることができるでしょう。
活用法3.セッション時間を分析する
3つ目は、セッション時間を分析する方法です。
セッション時間とは、ユーザーがサイトにアクセスしてからサイトを離れるまでの時間です。コホート分析では、このセッション時間やどのタイミングで減少するかといったデータを分析することができます。
例えば、セッション時間が減少するタイミングが分かれば、コンテンツのボリュームを増やすといった施策や、内部リンクを増やし滞在時間を長くするといった施策を検討できます。
また、セッション時間が短いグループの傾向が分かれば、コンテンツの方向性とユーザーのニーズの乖離が見えてきます。どのようなコンテンツがよく読まれ、興味や関心を引き付けるのか知ることができるでしょう。
まとめ
今回は、コホート分析とは何か?という疑問や実際の活用方についてご紹介しました。
コホート分析は、サイトを訪れたユーザーを条件ごとにグループ分けし、行動や属性を分析する手法をいいます。とくにサイトへの定着率を知るには効果的で、ECサイトのようにリピートユーザーの存在が売上に大きく影響するビジネスモデルとは相性が良い分析手法といえるでしょう。
PRECSのカートシステム「リピスト」なら、単品通販やD2Cに強いサイトを構築できます。リピーターを獲得し、売上に繋がるサービスをお探しなら、ぜひリピストにご相談ください。

BIツール入門講座
データ分析ツール ExcelとBIツールを徹底比較

Excelでは誰もが手軽にデータ入力を行うことができます。さらに関数やマクロ、ピボットテーブル(グラフ)などを使用すれば、入力結果の集計やレポート作成も容易に行うことができます。
一方で、データ分析・解析に特化した「BIツール」も世間一般では広く認知され、たくさんの企業で利用されています。つまり、Excelでもデータ分析はできるにも関わらず、わざわざBIツールを購入し利用している企業が多数存在するということです。
ExcelとBIツールの違い、BIツールを導入するメリットとは一体何でしょうか。

BIツールの得意なこと

1 さまざまなデータを組み合わせてデータ集計や分析を行う

2 大量データ集計

3 最新データの即時共有

Excelは「少量データを手軽に」可視化できる

BIツールは「大量データを分析して知見を得る」ために使う

自社に求められる「分析」の形を明確にする

  • データドリブン経営とは?メリットや導入ステップ、BIツール活用方法などを解説
  • 営業分析とは?データ指標や手法を解説
  • 予算管理の基本と効率化の方法を解説
  • 経営分析とは?迅速な経営判断に欠かせない経営分析の方法を解説
  • ETLとは?ETLの3つの機能と必要性
  • データ集計の方法を解説!Excelに代わる効率化ツールとは?
  • 売上分析とは?売上分析の手法とよくある課題と解決策
  • 予実管理とは?予実管理の方法とよくある課題の解決策
  • BIツール導入による「迅速な意思決定」が企業の成長を加速する!
  • BIツールで業務効率化するには~勤怠分析のステップ
  • ビッグデータ活用のポイントとその将来性とは?
  • 経営ダッシュボードのメリットと作成ポイントとは?
  • 脱Excel、本当に必要?ExcelとBIのベストな関係
  • データ活用におけるツール選びのポイントとは?
  • ExcelとBIツール、何が違う?~データ分析にBIツールを使うメリット~
  • BI導入ユーザーに聞く!「BIツールの良かった点・困った点」
  • 経営分析を見える化!ダッシュボード作成はまずここから!
  • データ可視化の基本ステップ
  • 身近なデータで始められる!
    データ活用がもたらすメリットとは
  • 実現は難しい?ダイバーシティ経営を成功させる3つのポイント
  • 話題の「働き方改革」!BIはどう貢献できる?

BIツール導入に失敗しないためにチェックしておくべきポイントとは

「ビッグデータ」や「IoT」などの言葉の普及とともに、
「データをビジネスに有効活用し、企業の成長を加速させよう」というメッセージが
多く出回っています。
企業の持つさまざまなデータを有効活用するためには、BIツールは大変役立つツールです。
しかし、BIツールを使いこなし、データを事業成長に活かすことができている企業は
決して多くないというのも、一方では事実です。

「BIツールで何を実現しようとするのか不明確だった」
「ツール選定時に、機能チェックの見落としがあった」
「導入に気を取られ、運用についてまで確認しきれなかった」

本資料では、BIツールを導入する際に検討しておくべき13のチェックポイントをご紹介します。
ぜひ、貴社のBIツール選定にご活用ください。

アクセス解析とは?基本から分析方法まで徹底解説!

■SEO課題を自動抽出する 上位表示支援SEOツール

アクセス解析で何がわかるのか

・どんなユーザーが訪問しているか(性別、年齢、興味関心、地域など)

・ユーザーがどこからサイトを訪問しているか(検索、広告、外部リンクなど)

・ユーザーが最初に訪れたページはどこか

・ユーザーがどのページで直帰(最初に見たページでサイトを離れること)したか

・ユーザーによく見られているページはどこか

・ユーザーがどこでコンバージョンしているか

・ユーザーがどのページでサイトを離脱したか

アクセス解析におすすめのツール

Googleアナリティクス

Googleアナリティクスは、Googleがフリーで提供しているアクセス解析ツールです。無料であるにも関わらず、トップクラスの機能性を誇り、日本の上場企業の75%が導入しているとも言われます。
これを活用することで、記事ごと・ユーザー層別・時期別など、セグメントに分けたアクセス状況を細かく分析することが可能になります。

2つ目は、中上級者の高度な要求にも対応できる種類豊富なレポートを有していることに加え、Google AdWords、Google AdSense、Google タグマネージャ などGoogleの他のWebマーケティングツールと連携し、掛け合わせることでより深い分析ができることです。任意の項目のみでカスタムレポートを作成することも可能なので、対象サイトの分析項目・KPIに合わせた指標でサイトを 評価 できるのも魅力です。

Google Search Console

Google Search Console(グーグルサーチコンソール)とは、クローラー(=検索エンジンのロボット)がどのようにサイトを認識しているかを確認・管理できる、無料ツールです。検索キーワードのクリック数や表示回数といった検索パフォーマンス、インデックス状況やクロール状況、外部 / 内部リンクの状況など、SEO対策において重要な要素やエラー状況を画面上で直接確認することができます。

TACT SEO

「TACT SEO」は、キーワード調査や日々の順位計測、サイト内のSEO課題の発見などSEO対策を行うために必要な機能が一つになったツールです。広告代理店やweb制作会社など、Webのプロも営業時の提案資料作成や既存顧客向けの報告書の作成に活用。

アクセス解析ツールは様々なものがありますが、まずは無料のサービスを用いて分析を始めることをおすすめします。より高度な分析を実施したい場合は、 有料 のアクセス解析ツールを検討してみてください。

アクセス解析をする前に

サイトで達成したいゴールを明確にする

サイトのゴールが明確ではないままアクセス解析をしてしまうと、アクセス数は増えたが肝心のコンバージョンに全く繋がらなかった、という事態が起こってしまうことも。
サイト運営チーム内で、 「サイトのゴールは何なのか」の認識を事前にすり合わせておきましょう。

Googleアナリティクスとは?登録方法や使い方を完全解説

SEARCH WRITE

また、もしすでにGoogleアナリティクスを使っているが、有効に数字を見ることが出来ていないという方は、弊社開発のSEOツール「SEARCH WRITE」を触ってみてください。どの記事を改善すべきかが一目で分かるため、初心者の方でも正しいSEOの手順を踏むことができるようになっています。

【3STEPでわかる】Googleアナリティクスの設置方法

ステップ1:Googleアカウント登録

Googleアカウントの作成

ステップ2:Googleアナリティクスの登録

Googleアナリティクスへようこそ

1:アカウント名(必須)

2:アカウント設定:データ共有設定

Google のプロダクトやサービス、ベンチマーク、テクニカル サポート、アカウント 分析方法や分析ツールについて解説 スペシャリスト

Googleアナリティクスの設定

3:プロパティの設定

2020年10月に公開された「Google アナリティクス 4 」のみを導入する場合には、プロパティ名にに4文字以上の任意の名称を指定します。

ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成

従来のGoogleアナリティクスのプロパティとレポートを利用したい場合は、「詳細オプションを表示」をクリック。「ユニバーサル アナリティクス プロパティの作成」の横のスライダーをオン(青)にします。

4:ビジネスの概要

5:利用規約の同意

ステップ3:トラッキングコードを設置

こちらで最後のステップになります。

トラッキングコードは、「ウェブストリームの詳細」ページの「タグ設定手順」の項目で確認できます。そちらをウェブサイトのHTMLソースコードに設置してください。

  1. 表示されたコードをコピーをする。
  2. HTMLのファイルソースの<head>タグの直後に設置する。
  3. コピーしたトラッキングコードを、トラッキングするWebサイトのすべてのHTMLのファイルソースに設置する。
  4. 設置し忘れたページが存在すると適切なデータが計測できませんので、最後にもう一度設置忘れが無いか確認する。

グローバルサイトタグ入門編|設置の手順や設置場所について解説

設置が完了しているか確認する

ステータスから確認

トラッキングID

リアルタイムレポートから確認

リアルタイムレポート

アナリティクスの基本操作「レポート」6つ

リアルタイムレポート

リアルタイムレポート

・サマリー:今のホームページの流入経路、訪問下図や閲覧 ・地域:国ごと、都道府県ごと、市区町村ごとの訪問分布
・トラフィック:「オーガニック検索」「ソーシャル」などの流入方法
・コンテンツ:どこのページが見られているのか ・イベント:イベントの設定を行った場合にダウンロード数や外部リンクのクリック数など
・コンバージョン:目標の設定を行った場合に目標の達成数

  1. 目的のビューを表示します。
  2. レポートを開きます。
  3. リアルタイムをクリックします。
  4. 確認したいメニューをクリックします。

オーディエンス

オーディエンスレポート

・サマリー:ホームページへ訪問したユーザーの概要
・アクティブユーザー:指定期間内に一回以上訪問のあったユーザー
・コホート分析:特定の日に訪問したユーザーのその後の訪問割合
・ユーザー属性:ユーザーの性別や年齢などの属性ごとのデータ
・インタレスト:訪問ユーザーの興味関心内容 ・地域:どの国、都道府県、市区町村からの訪問
・行動:新規とリピーターのデータ ・モバイル:訪問ユーザーのデバイスの種類とスマホの種類

  1. 目的のビューを表示します。
  2. レポートを開きます。
  3. オーディエンスをクリックします。
  4. 確認したいメニューをクリックします。

集客レポート

・サマリー:ホームページへ訪問する経路と数、割合の概要
・すべてのトラフィック:訪問経路ごとの詳細データ ・Google広告:Googleアドワーズの成果
・サーチコンソール:サーチコンソールのクリックや平均掲載順位
・ソーシャル:ソーシャルメディアの影響
・キャンペーン:オーガニック検索のキーワードなどその他情報

  1. 目的のビューを表示します。
  2. レポートを開きます。
  3. 集客をクリックします。
  4. 確認したいメニューをクリックします。

行動レポート

・サマリー:サイト内でのページビュー、滞在時間などの行動概要
・行動フロー:訪問してからサイト内の行動状況
・サイトコンテンツ:サイト内のページごとの詳細な行動
・サイト速度:サイトのページごとの表示速度
・サイト内検索:サイト内検索の利用状況
・イベント:外部リンクのクリックなど設定したイベントの発生状況
・サイト運営者:運営者のページやURLの詳細
・ウェブテスト:ページ内メニューのクリック割合

  1. 目的のビューを表示します。
  2. レポートを開きます。
  3. 行動をクリックします。
  4. 確認したいメニューをクリックします。

コンバージョン

コンバージョンレポート

・目標:設定した目標の達成状況
・eコマース:ネットショップの商品販売状況
・マルチチャンネル:流入チャンネルごとのコンバージョン概要

  1. 目的のビューを表示します。
  2. レポートを開きます。
  3. コンバージョンをクリックします。
  4. 確認したいメニューをクリックします。

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)とは?

Google Analytics 4 プロパティ(GA4)は、「アプリ + ウェブ プロパティ(ベータ版)」のアップグレード版として登場した、新たなプロパティです。

Google Analytics 4 プロパティの特徴

Google Analytics 4(GA4)の特徴のひとつに、ウェブサイトとアプリ、またはその両方の解析ができる点が挙げられます。

  • アプリや動画など、ページの概念がないものの計測も可能
  • アプリ・ウェブサイト間の移動もユーザーごとに解析できる

Google Analytics 4のメリット

    分析方法や分析ツールについて解説 分析方法や分析ツールについて解説
  • ウェブとアプリをまたぐケースでも分析可能
  • 異なるプラットフォームでもデーターが分断されない
  • 機能学習により行動の自動予測や分析も可能に
  • 生データの取得とBigQueryへのデータエクスポート

集計データが分断されずに解析可能に

機能学習により行動の自動予測や分析も可能

  • コンバージョンの確率(可能性)
  • 離脱の確率(可能性)

生データの取得とBigQueryへのデータエクスポート

Google Analytics 4のデメリット

  • レポートの見方が変わるので慣れるまで大変
  • 一部レポートは未実装のため不便さを感じる場合も
  • トラッキングコードは別途埋め込む必要があるケースも
  • アップデートにより情報収集が追い付かないことも

GA4の導入方法

新しいGoogleアナリティクス4プロパティの作成

    分析方法や分析ツールについて解説
  • アカウントの管理をクリック
  • 目的のアカウントが表示されているか確認
  • プロパティ列の最初にある「GA4設定アシスタント」を選択
  • 分析方法や分析ツールについて解説
  • 設定アシスタント画面の「ようこそ」をクリック
  • 「プロパティを作成」をクリック
  • アカウントの管理をクリック
  • 目的のアカウントが表示されているか確認
  • プロパティの項目の一番上「+プロパティを作成」をクリック
  • プロパティ名の入力とタイムゾーン、通貨の選択
  • 必要に応じてユニバーサルアナリティクスの作成の有無を選択
  • ビジネス情報の入力(業種、規模、利用目的)をして作成

そのままではデータが計測されないため、適宜トラッキングタグの設定や計測IDの設定を行います。

すでにGoogleアナリティクスのトラッキングタグを貼り付けている場合には、旧アナリティクスへGA4の計測IDを設定して、それぞれを連携させればOKです。

GA4に今すぐ切り替えるべき?

現在はユニバーサルアナリティクスとGA4、どちらも併用して利用できますが、2023年7月1日にユニバーサルアナリティクスのサポートが終了するとアナウンスがありました。(2022年3月17日現在)
ユニバーサル アナリティクスのサポートは終了します – アナリティクス ヘルプ (google.com)

Google アナリティクス のヘルプ コミュニティなども活用しつつ、いつGA4がデフォルトのプロパティとなっても困らないよう、機能やレポートに少しずつ慣れておくと安心でしょう。

もっと簡単にWebサイトの重要指標を計測するには?

SEARCH WRITEトップ

Googleアナリティクスは、多くの指標が観測でき、カスタマイズが自由自在にできます。慣れれば細かい指標まで確認できて非常に役に立つツールですが、自由度が高く細かい指標まで取得している故に初心者にとっては使いこなすには、少し難易度が高いツールです。

SEARCH WRITE管理画面

SEARCH WRITE

Googleアナリティクス360とは?

Googleアナリティクスとの違い

1.一月あたりの最大ヒット数

1つ目の違いは「1月あたりの最大ヒット数」です。
ヒット数とはページのデータがリクエストされた回数です。

Webサイトは通常、画像やHTMLなどの複数のファイルで構成されています。
そのため、ページを開くには全てのファイルをサーバーに要求しなければいけません。その要求したファイルの数を合計した数値がヒット数です。

Googleアナリティクス360では、月10億ヒットまで利用できます。
無料版では月1000万ヒットまでしか利用できないため、大規模なサイトを運営する大企業の場合はGoogleアナリティクス360を利用しているケースもあります。

2.利用できるツール

・非サンプリングレポート
→サンプリングされていないデータを閲覧、抽出できるレポート

・BigQuery Export
→アナリティクスのすべてのデータを対象にクエリを実行できる、開発者向けツール 分析方法や分析ツールについて解説

・データドリブンアトリビューション
→どのキーワードやキャンペーンがコンバージョンに貢献したのかを分析するツール

業務の可視化にはどんなメリットがある? 方法やツールについて解説

業務の可視化にはどんなメリットがある? 方法やツールについて解説


BPMやRPAの導入のために、業務可視化を行う企業も多いです。BPMとは、Business Process Management(ビジネス・プロセス・マネジメント)の略称で、業務プロセスのPDCAサイクルを回して業務効率を高めるアプローチのことを指します。なお、PDCAサイクルとは、Plan(計画)、Do(実行)、Check(確認)、Act(改善)を繰り返すことで業務改善を行うという取り組みです。


また、RPAとは、Robotic Process Automation(ロボティック・プロセス・オートメーション)の略称で、定型作業をソフトウェア型のロボットに代行させ、自動化することを指します。RPA導入の際には、どの業務をロボットに任せるのか検討するために、業務の可視化が必要不可欠です。また、導入後の効果測定や改善点の洗い出しを行う際にも、業務が可視化されている必要があります。

業務可視化の方法

スキルマップの作成

プロセスマップの作成

業務可視化ツールの活用

ツールを用いて可視化すべき業務とは?


まず挙げられるのが営業業務です。SFA(Sales Force Automation:営業支援システム)で顧客情報や営業の進捗状況などを管理・分析できます。経理業務もツールで経費の分析をすることで、部門や項目ごとに数値の増減を可視化できます。経費削減できそうな項目も見つけやすくなるでしょう。生産管理業務においては、各部門で分散しがちな情報をツールで一括管理し、グラフや表でわかりやすく表示し、共有できます。法務業務(契約業務)もツールで可視化できます。顧客との契約フローや関連書類、進捗状況や担当者などをツールで可視化することによって、業務をよりスムーズに進められ、漏れも防げるでしょう。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる