ポジション取引戦略

サポートレベルの描写

サポートレベルの描写
[背景]ヒトco酵素Q4(Coq4)は、コエンザイムQ10(CoQ10)生合成に不可欠です。 COQ4の病原性バリアントは、小児期発症の神経変性を引き起こします。 COQ4欠乏症の臨床スペクトルと細胞の結果を描写することを目指しました。患者由来の細胞株の機能的研究が実施されました。 COQ4の4つの新規バリアントを含む、合計23の異なるバリアントが特定されました。臨床的および神経画像調査結果の相関分析により、3つの疾患パターンが明らかになりました。タイプ1:新生児脳の異常とてんかん性脳症を伴う早期発症表現型。タイプ2:明確な脳卒中様病変を伴う中間表現型。タイプ3:非特異的な脳の病理と安定した疾患コースを伴う中程度の表現型。 CoQ4バリアントの機能的関連性は、患者由来の線維芽細胞系を使用したin vitro研究によってサポートされていました。実験により、CoQ4タンパク質レベルが有意に低下し、細胞COQ10のレベルが低下し、代謝中間体6-デメトキシビキノンのレベルが上昇したことが明らかになりました。細胞ベースの研究は、COQ4バリアントの病原性特性をサポートしています。経口COQ10の補給に対する臨床反応が不十分なため、代替治療戦略が保証されています。

35mm F1.4 DG HSM | Art

開放値F1.4 大口径広角レンズの
革新的な解像美。
「フラッグシップ」に ふさわしい
最高レベルの描写性能。
別次元のクオリティを、 あなたの眼と、手に。

すべてにおいてワンランク上の クオリティを実現。
「最高」の基準を刷新する SIGMAの自信作

開放値F1.4大口径広角レンズの圧倒的な解像力。
「フラッグシップ」にふさわしい最高レベルの描写性能を。

常に最新の光学技術を採り入れ、高性能なレンズを発売してきたSIGMAの新プロダクト・ライン第一号が、このSIGMA 35mm F1.サポートレベルの描写 4 DG HSM|Artです。広角での撮影において、最高レベルの明るさと美しいボケ味を生み出す大口径F1.4の広角レンズ。浅い被写界深度を生かした撮影や、光量の少ない夕景、室内での手持ち撮影など、大口径F1.4ならではの画づくりが可能です。

開放値F1.4 大口径広角レンズの傑作

大口径ながら 軸上色収差を極限まで補正、
周辺まで高解像描写を実現。

レンズの描写に影響を与える収差のなかでも、高い描写性能の実現に欠かせない要素のひとつが色収差の補正です。色収差には、軸上色収差と倍率色収差があり、倍率色収差は画像処理で補正することができますが、軸上色収差は画像処理での補正が困難です。本レンズでは、蛍石と同等の性質を持つFLD(“F” Low Dispersion)ガラスと、SLD(Special Low Dispersion:特殊低分散)ガラスを採用し、レンズのパワー配置の最適化を行うことで、倍率色収差と同時に、ピントが合った位置からその前後のフォーカス位置におよぶ軸上色収差をも十分に補正しました。また、非球面レンズを適切に配置することにより、非点収差と像面湾曲の補正を実現。画面周辺まで解像力の高い描写を実現しています。

レンズ構成

  • FLDガラス
  • SLDガラス
  • 非球面レンズ

特殊低分散ガラス

光の波長によってガラスの屈折率が異なるため、色ごとに結像点がずれる現象を色収差といいます。望遠系のレンズで強く現れやすく、画質を悪化させる原因となっています。これらの色収差を取り除くため、色による屈折率の差が少ない凸レンズと色による屈折率の差が大きい凹レンズを組み合わせて、軸上色収差を抑えていましたが、それでもわずかな残存色収差=二次スペクトルが残ってしまいました。SIGMAは、従来方式のレンズでは取り除くことができなかった残存色収差=二次スペクトルを徹底的に除去するために、二次スペクトルの補正能力の高い特殊低分散ガラスを多くのレンズ製品に導入し、高性能化を図っています。現在、SIGMA独自の特殊低分散ガラスは、ELD(Extraordinary Low Dispersion)ガラス、SLD(Special Low Dispersion) ガラス、FLD(“F” Low Dispersion)ガラスの3種類があります。特にFLDガラスは、分散性が極めて小さく、異常分散性が高い「蛍石」と同等の性能を持つ、透過率に優れた超低分散ガラスです。これらのガラスを効果的に使用、適切なパワー配置により、残存色収差を極限まで補正し、優れた描写性能を実現しています。

【NEW】圧倒的な解像度性能と美しいぼけ描写!ソニー大口径広角単焦点レンズ「SEL35F14GM」新発売!2月12日(金)発売予定!

XDリニアモーター2基搭載!大口径レンズながらも高速・高精度・高追随かつ静粛なAF駆動が可能で、静止画はもちろんですが、動画撮影でもしっかり被写体を追いかけ続けるAF性能を発揮します。

小型な「SEL35F14GM」は、小型なフルサイズ機「α7c」とのバランスも良いですね!
24㎜か35㎜か迷うところではありますが・・・

高い近接撮影能力と美しいぼけ味を生かした豊かな表現

最大撮影倍率は0.23倍(MF時は0.26倍)、そして最短撮影距離はAF時で0.27M、MF時で0.25Mと高い近接撮影能力です!

>商品情報
α[Eマウント]用レンズ
FE サポートレベルの描写 35mm F.4 GM 「SEL35F14GM」
希望小売価格:198,530 円+税

ソニーストア価格¥180,000∔税

2021 年2月12日発売予定

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる