口座開設アプリ

ビットコインはどこで買うべき

ビットコインはどこで買うべき
・将来性が1番あると考えたからです。イーサリアムは第4段階のセレニティへの大型アップデートにより、マイニング方式がプルーフオブステーク(PoS)に変わるためコストの大幅な削減が行われ、過去のアップデート時同様価格上昇が見込まれています。さらに最終アップデートということで過去アップデート時以上に関心を集めており、2021年から2022年にかけて注目されると考えます。また、分散型金融プロジェクト(DeFi)の開発もイーサリアムによって行われており、DeFi市場規模拡大とともに価格上昇が起こりえます。念願のETF上場を果たせればさらに注目が集まるとも考えます。 (10代・学生・6ヵ月以内に投資開始)
・ビットコインは決済機能だけだが、イーサリアムはスマートコントラクトや分散型アプリケーションの開発等で活用でき将来的価値が高いからです。 (50代・自営業・6ヵ月以内に投資開始)

チャート・インジケーターの見方

そして、異なる期間を指定することで複数の単純移動平均線を表示させて、それらの相関関係からトレンド予測を立てることも可能です。 指標となる「シグナル」のなかでも重要なものが2つあります。1つ目は買いシグナルである「ゴールデンクロス」と売りシグナルである「デッドクロス」があります。 期間の短い単純移動平均線が期間の長い移動平均線を上に越えるとゴールデンクロス、逆に、期間の長い単純移動平均線が期間の短い単純移動平均線を上に越えるとデットクロスの状態になります。 ゴールデンクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、下落後に出ることが多く、価格が上がりやすくなります。 反対にデットクロスは短期的な平均が長期的な平均を上回る状況で、これまで取引されていた価格を短期間で割り込むシグナルとなり、価格が下がりやすくなります。

パラボリック

転換点はSAR(Stop and Reverse / ストップアンドリバース)とも呼ばれており、SARを繋げたものがパラボリックの放物線となります。 一般的に、値動きが大きく、トレンドが発生している市場に向いており、値動きの小さく、トレンドの発生していない市場ではSARが頻発するためあまり向いていません。

パラボリックに活用するためにまず途転について整理します。途転とは自身が持っているポジションを反転させること指します。 例えば、1BTCの買いポジションを決済するとき、2BTCの売りポジションを新たに保有することで常にポジションを持つなどが挙げられます。 上昇トレンドでは買い建玉を保有、下降トレンドでは売り建玉を保有しますが、パラボリックを活用した途転買い・途転売りでは、保有ポジションを切り替える際にトレンドが転換するSARでシグナルを活用し効率的な取引が可能になります。 パラボリックを活用して常に一定のポジションを保有しておくことで、買いのポジションのみを扱う取引や売りのポジションのみを扱う取引よりも、ポジションを保有していない期間を最小限に抑えることが可能となり、売買の機会を増やすことができます。

MACD (マックディー)

MACD(マックディー)は「Moving Average Convergence Divergence」の略で、日本語では「移動平均収束拡散」と訳されます。 「単純移動平均線」とコンセプトは似ていますが、MACDの特徴は以下の2つになります。 1つ目は2つの移動平均を利用して価格のトレンド分析することです。 2つ目は単純移動平均線よりも直近の価格変動をより重視した「指数平滑移動平均線」をベースにしていることです。

MACDのメリットとしては、単純移動平均線よりも直近の価格変動を重視しているため、売買サインが早く現れることにあります。 売買のサインは単純移動平均線と同じく「ゴールデンクロス」と「デッドクロス」となり、MACDがシグナルを上回る(ゴールデンクロス)と買い、MACDがシグナルを下回る(デッドクロス)と売りのサインとなります。 また、ヒストグラムはMACDからシグナルを引くことで産出されるため、ゴールデンクロスの場合はマイナス圏からプラス圏に、デッドクロスの場合はプラス圏からマイナス圏に転じるため、価格の推移が見やすい指標になっています。

ビットコインの買い方・購入方法を完全ガイド!【3ステップで簡単】~初心者が失敗しないために気をつけるべきこと~

ビットコイン_入金方法

けて、上のメニューバーから振込入金のボタンをクリックします。

ここで、注意すべきポイントです!「振込先名義人名」は、必ず指定された文字列を守ること。
「振込依頼人名義」の下に文字列が表示されるので、それをメモで控えておき、振込時に間違いのないよう入力しましょう。

もし、「振込先名義人名」を変更し忘れてしまうと、入金が反映されません。
そうなると、一度DMM Bitcoin(DMMビットコイン)のサポートに連絡しなければならなくなるので、注意してください。

    ビットコインはどこで買うべき
  1. 入金メニューの選択
  2. 入金方法の選択
  3. 金額の記入など

ビットコイン_アプリから入金

まずは、左側メニューにある 【入金・入庫】→【日本円の入金(クイック入金)ビットコインはどこで買うべき 】 を選択しましょう。

ビットコイン_入金の方法

メニューから 「即時入金」 を選択し、好きな金融機関を選択しましょう。

最低入金金額は5000円 となります。

ビットコイン_入金完了

③ビットコインを購入する

ビットコインを購入できる交換所には、「取引所」「販売所」の2種類があります。

取引所

    ビットコインはどこで買うべき
  • ユーザー間で売買を行うところ。株式投資などの経験者には馴染みがあると思います。

販売所

  • 運営する会社と直接売買する場所です。取引所より少し割高になりますが、シンプルで確実に取引をすることが可能です。

今回はビットコイン販売所でも大手の『bitFlyer(ビットフライヤー)』を参考に販売所での買い方を見ていきましょう。

暗号資産(仮想通貨)の注文は ビットコイン販売所 に入り、 希望数量を設定 し注文、そして 注文内容を確認 ビットコインはどこで買うべき するだけ!
とても、簡単にできるので、初心者の方におすすめです!

  1. ビットコイン取引所に入る
  2. 希望数量を設定
  3. 注文内容を確認

こちらでは『bitFlyer(ビットフライヤー)』の画像を用いて、詳しく注文方法を解説していきます。

パソコンの場合でのビットコインの購入手順

ビットコイン_販売所_注文方法

ビットコイン販売所」をクリックします。

ビットコイン_注文_希望数量

買いたい数量を入力すると「日本円参考総額」の欄に価格が表示されます。

間違いなければ「コインを買う」の赤いボタンをクリック。

ビットコイン_注文_内容の確認

「6秒以内に注文を実行してください。」と表示されるので焦らずに「注文実行」の黄色いボタンをクリック。

スマホアプリの場合でのビットコインの購入手順

スマホの場合もパソコンと同様に、 通貨を選択 し、 数量を設定 、そして 注文内容を確認 するだけでビットコインの購入ができます。

ビットコイン_注文_選択

上部のタブが「販売所」になっていることを確認して、赤枠で囲ったビットコインをタップします。

ビットコインはどこで買うべき ビットコイン_取引所_注文_希望数量

買いたい数量を入力して「買う」をタップ。

ビットコイン_取引所_注文

注文内容を確認して「注文確定する」をタップ。

取引所に比べて購入手順が少なく、シンプルな買い方ができることがわかります。

暗号資産(仮想通貨)の取引量で選ぶなら、 マネックスグループ傘下で取引手数料無料 の「Coincheck」がおすすめ!

ビットコインの購入におすすめな取引所3選!

ビットコイン_購入_取引所

取引所・販売所からビットコインを購入する際には、どの取引所で取引するか選択することになります。

  1. 会社の信頼性・セキュリティ
  2. 入金方法の種類と入金手数料
  3. 取引手数料
  4. 取引量
  5. 取り扱い通貨数

最もオススメなのは、取引手数料が無料で、スマホアプリが使いやすい「Coincheck(コインチェック)」です。

ビットコインを購入する際のおすすめ取引所 1位:Coincheck(コインチェック)

Coincheckは、あのマネックス証券などを手がける一部上場企業「マネックスグループ」の傘下にある取引所。

国内最多である「14種類」もの暗号資産(仮想通貨)を取り扱っており、 全ての通貨の手数料が無料 なんです!

さらになんと、Coincheckならビットコインを「 ビットコインはどこで買うべき ワンコイン(500円) 」という超少額から買うことができます。

これからビットコインを始めたいな…」という方にとって、 Coincheckは登録必須な取引所 です。

ビットコインを購入する際のおすすめ取引所 2位:bitFlyer(ビットフライヤー)

さらに『ビットコイン取引量国内No.1※』を誇っており、取引のしやすさも抜群!

※ Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含 む)

ビットコインを購入する際のおすすめ取引所 3位:GMOコイン

スマホアプリもリリースされており、『使いやすさ』と『手数料の安さ』を両取りできる取引所です!

「億り人」に憧れ、全資産200万円を仮想通貨につぎ込んだ30歳独身男の末路【マネーの失敗学】

マネーコンサルタント/(株)Money&You代表取締役 頼藤 太希さん ビットコインはどこで買うべき 慶應義塾大学経済学部卒業後、外資系生保にて資産運用リスク管理業務に従事。2015年に(株)Money&Youを創業し、現職へ。女性向けお金の総合相談サイト「FP Cafe」、女性向けマネーメディア「Mocha」などを運営。マネーに関するコラム執筆、書籍の執筆・監修、講演など日本人のマネーリテラシー向上に努めている。著書は「つみたてNISAでお金は勝手に増えていく!」(スタンダーズ)、「やってみたらこんなにおトク! 税制優遇のおいしいいただき方」(ビットコインはどこで買うべき きんざい)など多数。日本証券アナリスト協会検定会員。ファイナンシャルプランナー(AFP)

30歳会社員、ビットコインなどの仮想通貨投資の相談

【B男さんの情報】
・30歳独身
・職業:メーカー勤務 営業職
・年収:420万円
・貯蓄:普通預金に20万円
・仮想通貨:ビットコイン40万円相当、リップル40万円相当
・50万円のマイニングマシン購入済

今さら聞けない!? 仮想通貨(暗号通貨)についておさらい

Bitcoin

仮想通貨とは、通貨のような価値を持ったデジタルデータです。暗号技術を用いた通貨なので、「暗号通貨」とも呼ばれ、海外ではこちらの方が一般的。よく、仮想通貨とビットコインは別物であるという勘違いがありますが、ビットコインはあくまで仮想通貨の一つです。

「億り人」になれるチャンス到来!? ほぼ全財産の貯金200万円を投資

さて、本題に戻りますが、メーカーに勤めているB男さんは全財産のほとんどである200万円の貯金を仮想通貨に投資したとのこと。200万円の内訳は、150万円を仮想通貨であるビットコインとリップルに半分ずつ、50万円はビットコインをマイニングする機械『マイニングマシン』の購入に使いました。

聞いてみたところ、仮想通貨で1億円の資産を稼いだという通称「億り人」が世にたくさん出てきたことで、自分も「ワンチャンス大儲け」できるのではないかと思ったとのことでした。

ご相談時には、ビットコインの価格は100万円を切るかどうかというタイミングでした。当然ながら、B男さんの仮想通貨の資産は半分以下に。ほぼ全財産だったので、換金するにできない(したくない)状態です。

また、マイニングマシンについては、知人伝いで投資家専用のLINEグループに招待され、「このマイニングマシンを購入すれば、毎日2000円分のビットコインを作るので、1年くらいで投資額を回収できるし、ビットコインの価格上昇もあるので、ほぼリスクなしで儲かります」と言われ、購入してしまったとのことでした。

しくじりに学ぶ【1】リスクの高い資産運用は、余剰資金で行うのが鉄則

B男さんの“しくじり”は、自分のほぼ全財産をリスクの高い資産へと投資してしまったことです。仮想通貨は将来に期待できるとはいえ、値動きの予想は難しく、非常にギャンブル性の高い資産。大きく儲けられる可能性があるということは、大きく損をする可能性もあり、諸刃の剣というわけです。つまり、全財産を仮想通貨にしていたら、全て失う可能性が高いということ。

では、残った総資産の9割はどうすべきなのかというと、現金預金、定期預金、財形貯蓄、インデックス型の投資信託、iDeCo(個人型確定拠出年金)、つみたてNISA、純金積立などを活用して、安定成長・長期運用を行うと良いでしょう。総資産の9割でコツコツと安定成長を目指しているからこそ、1割で積極的な投資ができるのです。

なお、B男さんの「30歳・年収420万円で全財産が200万円」というのは少ない方なので、毎月の支出の見直しが必須でもあります。毎月の手取り収入のうち2割は、「自動的に」「強制的に」「給料が入った瞬間に」貯蓄できる仕組みを活用し、残ったお金でどうにか暮らすようにすれば、自ずと無駄遣いが減り、支出は抑えられます。毎月の貯蓄には、ここでも財形貯蓄、iDeCo、つみたてNISAなどを積極的に活用すると良いでしょう。

しくじりに学ぶ【2】「絶対に儲かる投資」は存在しない

仮想通貨だけでなく、投資全般にいえるのですが、「絶対に儲かる方法」というものは絶対にありません。詐欺師は、「あなただけ特別」「このチャンスをつかんでほしい」などと言葉巧みにすり寄ってきますが、もしそんな方法があるのなら、自分で勝手に実践していればいいのです。

わざわざ人に教える必要もありません。あなたを勧誘した人は、勧誘することで、いくらかのマージンをもらう仕組みになっていることが大半です。特に、知らない人ばかりが集まった専用のLINEグループなどに招待された場合は要注意。こうした怪しい話には、絶対に乗らないようにしましょう。

頼藤さんの新著『3000円を積み立てる仮想通貨入門』(standards)

はじめてでもうまくいく! 月3000円で始めるいちばんやさしい投資術!
仮想通貨のしくみ・最新の動向・具体的な投資の方法・通貨選びの考え方・値動きのポイント・ すでにお金を増やしている仮想通貨投資家へのインタビューまで幅広く網羅。 仮想通貨に投資したい!という方が知っておきたいことが全部わかります!
>>詳細はこちら

【ビットコイン取引所7選】1年間利用したおすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所

この記事は2021年5月9日更新しました。
この記事は2021年4月9日更新しました。
この記事は2021年3月10日更新しました。
この記事は2021年3月8日更新しました。
この記事は2021年2月22日更新しました。
この記事は2021年1月8日更新しました。
この記事は2020年9月15日更新しました。
この記事は2020年7月27日更新しました。
この記事は2020年6月15日更新しました。
この記事は2020年6月5日更新しました。
この記事は2020年4月4日更新しました。
この記事は2020年2月29日更新しました。
この記事は2020年2月8日更新しました。
この記事は2020年2月2日更新しました。
この記事は2019年12月24日更新しました。
この記事は2019年12月23日更新しました。
この記事は2019年12月12日更新しました。
この記事は2019年12月10日更新しました。
この記事は2019年10月2日更新しました。
この記事は2019年7月2日更新しました。
この記事は2019年6月29日更新しました。
この記事は2019年4月5日更新しました。
この記事は2019年3月4日更新しました。
この記事は2019年2月27日更新しました。
この記事は2018年10月24日更新しました。
この記事は2018年10月3日更新しました。
この記事は2018年1月18日更新しました。
この記事は2018年1月5日更新しました。
この記事は2017年12月26日に更新しました。
この記事は2017年12月8日に更新しました。
この記事は2017年12月1日に更新しました。
この記事は2017年11月1日に更新しました。
この記事は2017年10月12日に更新しました。
この記事は2017年8月15日に更新しました。
この記事は2017年7月5日に更新しました。
この記事は2017年6月21日に更新しました。
この記事は2017年6月1日に更新しました。

【2021年最新】5年間利用した信頼のおける暗号資産(仮想通貨)取引所とレンディングサービスについて

こんにちは、里丸(@sato__yusuke)です。

2019年4月5日に新しく記事を書きました。そのまま読み進めるとビットコインの価格や詐欺の対処法などの歴史が学べます。少し長いと感じた場合は、3分理解おすすめ暗号資産(仮想通貨)取引所の記事を読んでいただいても構いません。

【ビットコイン取引所6選】3分理解おすすめ仮想通貨取引所

平成から令和へ。

「ビットコインを買ってみたいんだけど、どこで買えばいいの?」

「ビットコインの価格が上がりすぎて今から買っても大丈夫なの?」

「そもそもどこで買えるの?」と、

どこの暗号資産(仮想通貨)取引所でビットコインやその他の暗号資産(仮想通貨)を買えばいいのか分からず、買えないままになっている人は多いです。

私も1半前は、どこでビットコインを買えばいいのか分からず悩んでいました。

そんな初心者の為に、今回私自身が2016年1月からビットコインについて調べ、実際に暗号資産(仮想通貨)取引所で購入してみた信頼のできるおすすめ取引所を8選、厳選して紹介していきます。

最近は、たくさんの暗号資産(仮想通貨)取引所が出てきているので、上記の暗号資産(仮想通貨)取引所を使い分けて、口座開設をしていれば問題ありません。

またユーザーの増加に伴いサーバーが落ちてしまって取引が数分から数時間、できなくなってしまう取引所もあるので、リスクヘッジとしていくつかおすすめ取引所口座を持っておくと良いでしょう。

ビットコイン(暗号資産(仮想通貨))の価格

ビットコイン分裂

今回も分裂して値段が下がるとまで言われていましたが、下がらずにビットコインだけが上がっています。

ビットコインの上げかたには少し恐怖さえ覚えます。急激な上げには急激な下げがあるのでその見極めが重要で、個人的な見解でいうと、上げ続けている場合には買いません。

【追記】2017年10月12日20:33時点で、MONAが爆発して値上がり(243.5円)しています。bitFlyer(ビットフライヤー)にもコイン上場をした影響もあるようですが、ここまで値が上がりすぎると必ず市場の反発が起こります。

11月にはビットコインの分裂もるようで、・ビットコイン ・ビットコインキャッシュ ・ビットコイン2X・ビットコインゴールドになるようです。

またMONAコインをもっと詳しく知りたい方は、MONA Coinテレグラムに入ることをおすすめします。

Monacoin Japan

Monacoin 日本語版telegramです。 英語版「English channel is here 」 https://t.me/monacoin Monacoin project公式サイト…

上がりすぎという有識者の方もいれば、まだまだこれからという有識者もいます。

→2017年12月8日:ビットコインの価格は上がり過ぎで、一時250万円を突破しました。

昨日の12月7日にはショート組の売り買いがビットコインやリップル、その他の暗号資産(仮想通貨)でも見受けられました。

「どこで買えばいいのか」
「買うタイミングを逃してしまって、いつ買ったらいいのかタイミングが分からない」

また逆に詐欺のイベントなどもあり、知識の無い初心者をターゲットにしている内容が多く、「日利1%で儲かります」「月利●%で稼げます」など様々な手法を用いたイベントや勧誘が横行しています。

詐欺の見極め方

私個人的には「儲かる」「稼げる」という言葉に全く魅力を感じず、テクノロジーに惹かれているという理由が一番大きな行動要因になっています。

見極め方について、オンラインサロン「ビットコイン研究所」を運営している大石さんのブログで「暗号資産(仮想通貨)詐欺(詐欺コイン)の最も簡単な見分け方、7つのポイントという記事がありましたのでご紹介。

識者たちの声

さて先日も、ビットコインの分裂に感じた中央集権とその理由そして主観的感想という記事を書いたのですが、個人的に「投資」というよりは「投機」という側面がまだ強いという風に書きました。

ハッカー文化

ここで「ハッカー」について、ビットコインとブロックチェーンの思想で分かりやすい解説があったので引用します。

ビットコインは今買うべき!? 個人投資家が注目する暗号資産(仮想通貨)銘柄ランキング

1位:ビットコイン(BTC) (122票) ビットコインはどこで買うべき
2位:イーサリアム(ETH) (49票)
3位:リップル(XRP) (48票)
4位:ビットコインキャッシュ(BCH) (22票)
5位:アイオーエスティー(IOST) (ビットコインはどこで買うべき 7票)
5位:エンジンコイン(ENJ) (7票)
7位:ネム(XEM) (6票)
8位:オーエムジー(OMG) (5票)
9位:モナコイン(MONA) (3票)
9位:ライトコイン(LTC) (3票)
9位:リスク(LSK) (3票)
9位:クアンタム(QTUM) (3票)
13位:ベーシックアテンショントークン(BAT) (2票)
13位:イーサリアムクラシック(ETC) (2票)
13位:ステラルーメン(XLM) (2票)
16位:テゾス(XTZ) (1票)
その他 17票
「その他」と答えた方の注目する暗号資産(仮想通貨)銘柄
コンパウンド(COMP) 、バイナンスコイン(BNB)、アトム(ATOM)、ドージコイン(DOGE)、トロン(TRX)、Chia、Decred(DCR)

【質問2】2021年になぜその暗号資産(仮想通貨)銘柄に注目していますか?

<ビットコイン(BTC)と答えた方>

・2017年以降の下げ相場でもある程度底堅く推移しており、これから仮想通貨を購入するにしても、下げ幅が小さい可能性が高いからです。2021年に入ってから相場の過熱感がさらに増しており、直近700万越えの高値を付けたのち100万幅以上の強い下げがあったことからも、いつ再びバブルが崩壊してもおかしくないと考えます。しかし、1年以上保有し続けると考えたときに、今からアルトコインに手を出しても、その値段を維持できるとは考えにくい。値下がった場合に再びATHとなる可能性も現状考えにくいと思うからです。 (20代・学生・2016〜2017年に投資開始)
・一時暴落してしまったが、持ち直すどころかこのコロナの状況下でも高値を更新し続けているため。 アメリカの巨大企業の資本も入ってきているので、値上がりが期待されるます。今後も需要が拡大していけば、さらに価格は上がると思います。 (40代・会社員・2018〜2019年に投資開始)

<イーサリアム(ETH) と答えた方>

・将来性が1番あると考えたからです。イーサリアムは第4段階のセレニティへの大型アップデートにより、マイニング方式がプルーフオブステーク(PoS)に変わるためコストの大幅な削減が行われ、過去のアップデート時同様価格上昇が見込まれています。さらに最終アップデートということで過去アップデート時以上に関心を集めており、2021年から2022年にかけて注目されると考えます。また、分散型金融プロジェクト(DeFi)の開発もイーサリアムによって行われており、DeFi市場規模拡大とともに価格上昇が起こりえます。念願のETF上場を果たせればさらに注目が集まるとも考えます。 (10代・学生・6ヵ月以内に投資開始)
・ビットコインは決済機能だけだが、イーサリアムはスマートコントラクトや分散型アプリケーションの開発等で活用でき将来的価値が高いからです。 (50代・自営業・6ヵ月以内に投資開始)

<リップル(XRP) と答えた方>

・訴訟問題でずっと下火になっていましたが、この4月から復活する傾向にあるからです。大手企業の提携や各銀行提携等、どんどん話が進んでいます。また外国への送金の早さ、手数料の安さは魅力的で今後かなり使われるのでは、と見込んでおります。 (30代 会社員・2020年から投資開始)
・長らく停滞していたが、ここ最近、ほかの仮想通貨の上昇に引きずられるように上昇傾向を見せているため。大手証券会社(SBI)がバックにいるという話もあり、価値はいい加減下げ止まったと考えてよいかと。他の仮想通貨は、ビットコインやイーサリアムに引きずられるように、一時的な上昇を見せていますが、リップルだけはほとんど上場せずに、いつか爆発的に上昇するのではないかと考えます。 (30代・会社員・2016〜2017年から投資開始)

【上記以外の銘柄を答えた方】

<ビットコインキャッシュ(BCH)と答えた方>

・ビットコインに連動して上昇が期待できるのに、まだ上がっていないため。今後上がる可能性が高いと考えています。 (40代・無職・2018〜2019年から投資開始)
・他の暗号資産よりも取引手数料が比較的安価で利用しやすいため、注目度が高いと考えます。 (40代・会社員・2018〜2019年に投資開始)

<アイオーエスティー(IOST) と答えた方>

<エンジンコイン(ENJ) と答えた方>

・eスポーツが人口が増えていることもあり今後価格上昇が見込まれるため。オンラインゲームのプラットフォームでの売買に利用できるコインなので、期待できます。 また、コインチェックに上場したことにより安全性が確保されるのも理由です。 (40代・会社員・6ヵ月以内に投資開始)

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる