FXのやり方始め方

ストップ注文(逆指値注文)とは

ストップ注文(逆指値注文)とは

指値注文とは?

指値注文が出されると、すぐにオーダーブックに掲載されます。しかし、コイン価格が指定された指値価格 (またはそれ以上) に達しない限り、充填されることはありません。例えば、10枚のBNBを$600で売りたいが、現在の価格は$500であるとします。BNBの売り指値注文を$600で出すことができます。BNB価格が目標価格以上になると、市場の流動性に応じて注文が実行されます。もし、他のBNBの売り注文が先行している場合、システムはそれらの注文を先に実行します。お客様の指値注文は、その後残りの流動性で満たされます。

ストップロスと指値注文

指値注文 と 逆指値注文 の違いは、前者が設定した指値 (またはそれ以上) ストップ注文(逆指値注文)とは で約定するのに対し、後者は現在の成行価格で (成行注文として) 約定することです。ただし、市場価格の変化が早すぎると、トリガー価格とは大きく異なる価格で注文が成立する可能性があるので注意が必要です。

ストップリミットと指値注文

例えば、BNBが$600で取引されているときに、成行価格を$590に設定して売りのストップリミット注文を出したとします。つまり、BNBが$590まで下がった場合、システムは自動的に指定した指値 (例えば$585) で売りの指値注文を設定します。ただし、ご注文を確実にお受けすることはできません。市場の動きが速すぎると、注文が成立しない可能性があります。

ストップリミットとストップロス注文

指値注文はいつ使用するのか?

  • 成行価格以外の特定の価格で売買をしたい時;
  • あなたは、すぐに購入や売却を急ぐ必要はありません;
  • 含み益を確保したい、あるいは潜在的な損失を最小限に抑えたい時; (DCA) の効果を得るために、注文を小さな指値に分割したいです。

バイナンスで指値注文を行う方法

1. バイナンス アカウントにログインし、上部ナビゲーションバーの [トレード] にアクセスします。[クラシック] または [アドバンス] のいずれかの取引ページを選択します。この例では、[クラシック] を使用します。

3. スクロールダウンして [現物] ボックスに移動し、[上限] を選択します。そして、購入したい価格と量を設定します。また、パーセンテージボタンをクリックして買い付け金額を設定することもできますので、残高の25%、50%、75%、100%の指値売却注文を簡単に出すことができます。[BNBを購入] をクリックして確認してください。

オープン注文を管理するには、スクロールダウンして [オープン注文] に進みます。指値注文は、市場価格があなたの指値価格に達した場合にのみ実行されます。成行価格が設定した価格に達しない場合、指値注文はオープンのままとなります。

ストップ注文(逆指値注文)とは

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になると約定します。

例)売り注文の場合
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になると約定します。

トリガー注文

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、122.00円のトリガで買付の注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、買付注文が発注されます。

例)売り注文の場合
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、118.00円のトリガで売却の注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、売却注文が発注されます。

If Done注文

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円の指値で売却の第2注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で売却注文が成立します。

例)売り注文の場合
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.ストップ注文(逆指値注文)とは 00円の指値で売却の第1注文、118.00円の指値で買付の第2注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で、売却注文が成立します。その後、【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で買付注文が成立します。この場合は、先に【売気配】(買付レート)が118.00円になったとしても、注文は成立しません。

OCO注文

例)買い注文の場合
現在の米ドル/円の【売気配】(買付レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル118.00円の指値で買付したいが、1米ドル122.00円を超えたらさらに円安が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル118.00円以下になったら指値で買付、または1米ドル122.00円以上になったらトリガで買付」といった注文を一度に出すことができます。
米ドル/円の【売気配】(買付レート)120.00円のとき、118.00円の指値で買付の第1注文、122.00円のトリガで買付の第2注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が118.00円以下になった時点で、第1注文の買付注文が成立し、第2注文の買付注文は取消されます。また、【売気配】(買付レート)が122.00円以上になった時点で、第2注文の買付注文が成立し、第1注文の買付注文は取消されます。

例)売り注文の場合
1米ドル120.00円の買ポジションを保有しており、現在の米ドル/円の【買気配】(売却レート)が1米ドル120.00円で、「1米ドル122.00円の指値で売却したいが、1米ドル118.00円より下落したらさらに円高が進むだろう」と予測した場合に、「1米ドル122.00円以上になったら指値で売却、または1米ドル118.00円以下になったらトリガで売却」といった注文を一度に出すことができます。
米ドル/円の【買気配】(売却レート)120.00円のとき、122.00円の指値で売却の第1注文、118.ストップ注文(逆指値注文)とは 00円のトリガで売却の第2注文をする場合
⇒【買気配】(売却レート)が122.00円以上になった時点で、第1注文の売却注文が成立し、第2注文の売却注文は取消されます。また、【買気配】(売却レート)が118.00円以下になった時点で、第2注文の売却注文が成立し、第1注文の売却注文は取消されます。

IfDoneOCO注文

例)買い注文の場合
米ドル/円の【売気配】(買付レート)122.00円のとき、120.00円の指値で買付のIF注文、Done注文として122.00円の指値で売却のOCO第1注文、118.00円のトリガで売却のOCO第2注文をする場合
⇒【売気配】(買付レート)が120.ストップ注文(逆指値注文)とは 00円以下になった時点で、買付注文が成立します。その後、【買気配】(売却レート)が122.00円以上、または118.00円以下になった時点で売却注文が成立します。

トレール注文

1.米ドル/円が98.00円のときに買ポジションに対して、トレール幅を10pipsに設定(執行基準価格97.90円)
2.為替レートが思惑通りに動いたため、執行基準価格の追随を開始します。
3.相場が不利な方向に変動しましたが、執行基準価格はそのままです。
4.相場が有利な方向に変動したので、再び執行基準価格の追随を開始します。
5.その後相場が急落し、トリガー注文執行基準価格に到達したためトリガー注文が執行されました。

「逆指値注文」を英語に翻訳する

An execution information generation unit (14), when starting transaction processing corresponding to each of the order information groups, sets the first order to be valid, the ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは second order to be invalid, and the stop order ストップ注文(逆指値注文)とは to be invalid.

Provided are a market transaction supporting device and a market transaction supporting method with which the price of a stop order can be determined appropriately.

As a result, even in situations where a stop-limit order could easily be executed with a comparatively small value for the ストップ注文(逆指値注文)とは price spread indicated by price spread information (3111), it is possible to hold a new position again and again as long as it is determined that the predetermined conditions are satisfied indicating that the market price is moving in the direction of increasing profit.

Also, the buy stop-order price for cutting losses is set on the basis of the highest price (ceiling price) within a temporary rising period from when the market price temporarily rises in a ストップ注文(逆指値注文)とは downward trend to when the market price falls again and ストップ注文(逆指値注文)とは drops below the level before the temporary rise.

Cons of stop orders When selecting your stop order level, it is important to realise that this is no guarantee of execution - basic stop orders can incur slippage when opening and closing positions if there are large movements or gaps in the market.

In case the Stop Loss order has not been initially set, but the Trailing Stop mode has, the Stop Loss order is set automatically at the price of position opening when the profit becomes equal ストップ注文(逆指値注文)とは to the distance specified in the mode.

Linked stop loss and take profit orders are automatically removed when the position is closed or the pending order is cancelled.

When the stop order is promised, the order information generation unit (16) invalidates the corresponding second order.

これらは通常、テクニカル分析と組み合わせて用いられます。IG証券では、取引画面の指値から注文レートの水準でリミット注文かストップ注文かどうかをシステムが自動的に判別するシステムを採用しています。逆指値注文の長所と短所 逆指値注文の長所 逆指値注文は、常に市場を監視することなくポジションのリスク管理ができる便利な注文方法です。

When trading with IG, stop orders and limit orders are referred to simply as stops and limits, and they are a built-in feature of our trading and cons of stop orders Pros of stop orders Using a stop order is ストップ注文(逆指値注文)とは a great way to manage your positions without having to constantly monitor the markets and be there at the exact ストップ注文(逆指値注文)とは moment of execution.

The first order price, the second order price, and the stop order price are set to different values for each of the order information groups.

Provided is a transaction management device capable of executing a ストップ注文(逆指値注文)とは plurality of if-done-orders in parallel with a simple operation.

Further, when the second order is promised, the order information generation unit (16) cancels the stop order and validates a first order corresponding to the next order information group.

指値注文が異なる金額で取引されています ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは - support.zaif Zaifでは現在逆指値注文がございませんので、取引価格よりも不利な価格での指値注文を入れられた場合、注文が成行のように処理され、設定値とは異なる価格での取引がおこなわれる場合もございます。

My limit price orders are being processed as market orders. - support.zaif(English) Zaif currently does not support reverse price limit orders. If you have a limit price order with a value that is disadvantageous to the current market price, it will be transacted as a market order.

In addition, the order information generation unit (16) validates the second order and the stop order when the first order is promised.

「逆指値注文」「逆指値成行注文」機能提供開始のお知らせ / Launching "ストップ注文(逆指値注文)とは Stop Limit Order" and "Stop Market Order" functions

bitbank, inc. (Head ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは office: Shinagawa-ku, Tokyo, President: Noriyuki Hirosue) is pleased to announce that "Stop Limit Order" and "Stop Market Order" functions will be available from Monday, September 27, 2021 Japan Standard Time (JST).

What is “Stop Order” ?

Stop Order is an order to "buy when the market price rises to a specified price or above” or "sell when the market ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは price falls to a specified price or below“. It is ストップ注文(逆指値注文)とは ストップ注文(逆指値注文)とは called "Stop Order" because it is the opposite order method of "buy at the specified price or lower" and "sell at the specified price or higher" which are normal limit orders.

The Difference between “Stop Limit Order” and “Stop Market Order”

A Stop Limit Order can place a "Limit Order" when reaching the trigger price, whereas a Stop Market Order will place a "Market Order". In addition, a ストップ注文(逆指値注文)とは Stop Limit Order will not be executed at a price less favorable than the price specified in the Limit Order, but a Stop Market Order may be executed at a price that deviates from the trigger price. Also, note that a Stop Limit Order may not be executed depending on price movement conditions.

How to Use

"Stop Limit Order" and "Stop Market Order" are available via the ストップ注文(逆指値注文)とは bitbank’s smartphone app, website, and bitbank API. Detailed FAQ and API documentation will be released after the launch.

Revision of our Information Memorandum and Pre-Contract Document

With the addition of ストップ注文(逆指値注文)とは the ordering methods, we will revise the content of the Information Memorandum and Pre-Contract Document as listed in the URL below.

Updated on : Monday, September 27, 2021 (JST)

Notable areas that will be updated

    1. Trading rules / Order types
    1. Understanding the risks / Risk of slippage

Share this post

bitbank career

  • ベーシックアテンショントークンとは

金融庁のホームページに記載された暗号資産交換業者が取り扱う暗号資産(仮想通貨)は、当該暗号資産交換業者の説明に基づき、 資金決済法上の定義に該当することを確認したものにすぎません。
金融庁・財務局が、これらの暗号資産(仮想通貨)の価値を保証したり、推奨するものではありません。
暗号資産(仮想通貨)は、必ずしも裏付けとなる資産を持つものではありません。暗号資産(仮想通貨)の取引を行う際には、以下の注意点にご留意ください。

<暗号資産(仮想通貨)を利用する際の注意点>

暗号資産(仮想通貨)は、日本円やドルなどのように国がその価値を保証している「法定通貨」ではありません。インターネット上でやりとりされる電子データです。
暗号資産(仮想通貨)は、価格が変動することがあります。暗号資産(仮想通貨)の価格が急落したり、突然無価値になってしまうなど、損をする可能性があります。 暗号資産交換業者は金融庁・財務局への登録が必要です。当社は登録した暗号資産交換業者です。
暗号資産(仮想通貨)の取引を行う場合、事業者から説明を受け、取引内容をよく理解し、ご自身の判断で行ってください。
暗号資産(仮想通貨)や詐欺的なコインに関する相談が増えています。暗号資産(仮想通貨)を利用したり、暗号資産交換業の導入に便乗したりする詐欺や悪質商法に御注意ください。

当サイトにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツは一般的な情報提供を目的に作成されたものであり、特定のお客様のニーズ、財務状況または投資対象に対応することを意図しておりません。また、当コンテンツはあくまでもお客様の私的利用のみのために当社が提供しているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツ内のいかなる情報も、暗号資産(仮想通貨)、金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品の売買、投資、取引、保有などを勧誘または推奨するものではなく、当コンテンツを取引または売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。
当コンテンツは信頼できると思われる情報に基づいて作成されておりますが、当社はその正確性、適時性、適切性または完全性を表明または保証するものではなく、お客様による当サイトのコンテンツの利用等に関して生じうるいかなる損害についても責任を負いません。
当社は当コンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、執筆者によって提供されたいかなる見解または意見は当該執筆者自身のその時点における見解や分析であって、当社の見解、分析ではありません。
当社は当コンテンツにおいて言及されている会社等と関係を有し、またはかかる会社等に対してサービスを提供している可能性があります。また、当社は当コンテンツにおいて言及されている暗号資産(仮想通貨)の現物またはポジションを保有している可能性があります。
当コンテンツは予告なしに内容が変更されることがあり、また更新する義務を負っておりません。
当コンテンツではお客様の利便性を目的として他のインターネットのリンクを表示することがありますが、当社はそのようなリンクのコンテンツを是認せず、また何らの責任も負わないものとします。

暗号資産(仮想通貨)は、移転記録の仕組みに重大な問題が発生した場合やサイバー攻撃等により暗号資産(仮想通貨)が消失した場合には、その価値が失われるリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は、その秘密鍵を失う、または第三者に秘密鍵を悪用された場合、保有する暗号資産(仮想通貨)を利用することができず、その価値を失うリスクがあります。
暗号資産(仮想通貨)は対価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り代価の弁済のために使用することができます。
外部環境の変化等によって万が一、当社の事業が継続できなくなった場合には、関係法令に基づき手続きを行いますが、預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)をお客様に返還することができない可能性があります。なお、当社はユーザーに預託された金銭および暗号資産(仮想通貨)を、当社の資産と区分し、分別管理を行っております。

ストップ注文

ストップ注文は損失を確定させる損切り注文としての機会が多いでしょう。 現在保有しているポジションに対して、レートが反対方向へ動くと損失が拡大します。 ストップ注文を行うレートの決め方は、トレーダーによって違います。 ①保有したポジションから10%逆に動いたら損切り。 ②チャート分析から〇〇円より下がったら損切り。 ③必要保証金率が〇〇%になったら損切り。 と、自分のトレードスタイルに合わせて、ルールを決めておくと良いでしょう。

利益を確定させる場合

ストップ注文は損切りだけでなく、利益を確定させる場面でも行います。 現在、保有しているポジションに利益が出ています。 しかし、この後重要な経済指標の発表があるとします。 その結果によっては、現在よりも利益がさらに出るかもしれないし、損失が出るかもしれません。 そうなる前に早めに注文を行い、ストップ注文で利益を確定させることもあります。 このようにストップ注文は利益を確保しながらも、リスクに備えるといった使い方もできるのです。

レンジブレイクで新規ポジションを保有する場合

ストップ注文は、「レンジブレイク」の時にも使うことがあります。 ストップ注文(逆指値注文)とは 100円から102円を行ったり来たりと、波打ちながらチャートが動いている時は、「レンジ相場」と呼びます。 しかし、レンジ相場はどこまでも続く訳ではありません。 どこかでレンジから飛び出して、上昇や下降トレンドを形成します。 このレンジ相場からトレンド相場に変わることを、「レンジブレイク」と呼びます。 102円を超えて上昇トレンドが発生すると予測した場合は、103円でストップ注文を行います。 うまくトレンドに乗った場合は、ストップ注文が約定することになります。

ストップ注文は決済時に必ず使おう

FXで利益を出すためには、利益を確定させる注文だけでは良い成績を残すことはできません。 いかに損失を小さく抑えることができるか? 積み重ねた利益は、1度の急激な相場変動で消えてしまうこともあります。 ストップ注文での損切りは欠かすことはできません。 利益を出すこと以上に大切なことです。 新規注文と同時に、ストップ注文を行うことも有効なリスク管理です。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる