FXのメリット

投資ブローカーとは何ですか

投資ブローカーとは何ですか
https://www.trusted-broker-reviews.com/wp-content/uploads/2019/11/online-broker.jpg 0 0 アンドレ・ウィッツェル https://www.trusted-broker-reviews.com/wp-content/uploads/2019/11/online-broker.jpg アンドレ・ウィッツェル 2020-12-11 14:12:36 2022-03-31 09:25:25 ブローカ

プライムブローカーとは?特徴やリスクを徹底解説!

コラム

この大規模な損失はプライムブローカー業務が原因です。プライムブローカーについて、役割やリスク等を詳しく解説します。

プライムブローカーの役割とは

・カストディアン

・アドミニストレーター

投資ブローカーとは何ですか 投資ブローカーとは何ですか Hedge Fund Alertから作成

プライムブローカーが運用会社に信用を供与する関係上、運用会社はプライムブローカー自身の信用力も高いところを利用しようとすることがこの背景です。野村ホールディングスも24位にランクインしていますが、現在は欧米の金融機関が多くのシェアを占めています。

プライムブローカーのリスクとは

その一方で運用規模や取引回数が拡大するほど運用会社から売買手数料など多額の手数料収入を得ることが出来るため、高額の手数料を支払ってくれるファンドにはリスクの高い取引であっても執行してしまうことがあるようです。

アルケゴスのポジション清算について

プライムブローカー間のやり取り

レバレッジ

複数の金融機関から資金を借り入れて行うレバレッジ取引は、自己資金以上の投資効果を見込めることから使い方によっては有効な投資方法です。

過大なレバレッジはファンドの破綻リスクを高めることになるため、投資対象や運用方法によって適切なレバレッジ比率は異なります。

アルケゴスは少数の株式に集中投資するというリスクの高い運用を行っているにも関わらず、レバレッジ比率は8倍前後と非常に高い水準でした。

レバレッジも含めた総ポジションは500億ドル以上とも言われており、市場に甚大な影響を与える結果となりました。

2020/3/6-2021/3/26(週次)

ファミリーオフィス

アルケゴスは投資信託やヘッジファンドと異なり、ファミリーオフィスという形態をとっています。これは多数の投資家の資金を預かって運用するものではなく、家族の資産のみ運用する投資会社です。

自己資金のみでの運用を実行するため、過度なリスクを取った運用を行ってしまったのではないでしょうか。

投資信託やヘッジファンドはファミリーオフィスと違い投資家の資金を受け入れることから、運用残高を拡大させるためにパフォーマンスだけでなくリスク管理にも細心の注意を払っています。運用会社の破綻を避けるため、投資対象やレバレッジは適切に管理されています。

LTCMの破綻

1993年に設立されたLTCM(Long Term Capital Management)は発足後年率40%超のリターンを連発し、あっという間に世界トップクラスの巨大ヘッジファンドに成長しました。

イタリア国債やドイツ国債といった債券を対象に裁定取引を行う運用手法を取っていましたが、他の金融機関に運用を真似され、運用残高の拡大に伴いマーケットインパクトも増大したことから以前ほどのリターンは得られなくなっていきました。

これによりレバレッジ比率は上昇し、20倍を超える高水準となりました。債券の値動きは株式より小幅とはいえ、非常にリスクの高い運用といえます。

ファンド選びの注意点

ファンドラップとは?投資商品としての特徴をわかりやすく簡単に説明!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

一番安全な資産運用はどれ?低リスクで安全な投資手法7選!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

投資ファンドとは何かわかりやすく解説!公募や私募の意味、ファンドの仕組みや種類を紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

貯金8,000万円で資産運用!おすすめのポートフォリオや資産形成シミュレーション

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

投資信託が儲からない理由!儲かる人の割合は意外と多い?

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

金投資はおすすめしない?純金積立などの運用方法のメリット・デメリットを紹介!

ヘッジファンドダイレクト株式会社 コラム編集部

ヘッジファンドダイレクト

本サイトは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたのもので、金融商品の取得勧誘・販売等を目的としたものではありません。本資料作成においては万全の注意を払っておりますが、本資料に含まれる情報の正確性、更新性に関しては弊社は一切保証していません。また、当該評価は過去の一定期間の実績を分析したものであり、将来の運用成果等を保証したものではございません。銘柄の選択、投資の最終決定は、ご自身の判断でなさるようにお願い致します。【著作権に関するお願い】当社およびその関係会社が当社Webサイトで提供する文書・映像・音声・その他の著作物および当DVDは、著作権法、およびその他の法律により保護されています。当社の文書での許諾なく、これらの一部又は全部をそのまま又は改変して転載・転用・送信・上映等により利用することは、その目的が営利か非営利か、その手段が電子的か否か、またメディアの如何を問わず禁止します。「引用」を行う場合には、必ず出典ページへのリンクを併用してください。当サイトへのリンクは自由です。著作権に関する詳しい情報は、公益社団法人 著作権情報センター著作権相談室までご確認ください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる