FX初心者

ハイローオーストラリアで本人確認書類の提出

ハイローオーストラリアで本人確認書類の提出
①居住国:お住いの国を選択・基本通貨の確認【日本(JPY)】
②お名前(漢字):氏名を全角文字で入力(ひらがな可) ハイローオーストラリアで本人確認書類の提出
③お名前(カナ):指名の読みをカナ入力
④メールアドレス:登録するEメールアドレスの入力と再確認入力
※キャリアメール(docomo、au、Softbank)のアドレスは使えないこともあります。
⑤パスワード:ログイン用のパスワードの設定と再確認入力
※(半角英数で大文字、小文字を含めた6字以上、10字以内で入力。例: ABcd1234 )

ハイローオーストラリアの口座開設方法を初心者でも分かるように解説

口座開設方法を初心者でも分かるように解説

取引方法

開設作業は 5分程度 で完了します。

  1. 必要な情報を入力
  2. 本人確認書類をアップロード
  3. 本人確認審査を待つ(何もすることはないですが…)

当然、 口座開設は 無料 で行なえますし、年会費などの維持費も 無料 です。

準備するもの

  1. メールアドレス
  2. 運転免許証・パスポート・マイナンバーカードのどれか本人の顔写真付きの書類データ
  3. 公共料金支払いの領収書などの住所・氏名、郵送元が明記された郵送物のデータ

ハイローオーストラリア運営会社からキャンペーン情報などがメールで届くので、 メールアドレスはハイローオーストラリア専用のアドレスを作成することを強くお勧めします。

顔写真付きの書類は運転免許証・パスポート・マイナンバーカードの3種類のみ有効です。

本人確認書類データの作成

  • 一部でも隠されたもの
  • 斜めから撮影されたもの
  • 余白がわずかでも欠けたもの
  • 写真や文字が不明瞭なもの、判読できないもの
  • 縦置きのもの
  • 背景が明るすぎる場所で撮影されたもの

運転免許証・パスポート・マイナンバーカード

カバーを外した鮮明且つカラー原本の画像を1~3MBで撮影してください。

住所変更や結婚等で姓が変わることは多々あります。その場合には裏面に訂正された新しいものが表示されるので住所や名前が変わった方は必ず裏面も忘れないように撮影しましょう。

マイナンバーカードで本人確認書類データを作成する場合は通知カードは不可なので気を付けてください。

必ずパスポート写真欄住所自書欄を撮影しましょう。

郵送物書類

氏名、現住所、発行社名の記載のある紙媒体の請求書、明細、領収書等やPDF文書( スクリーンショットや手紙、年賀状、宅配便伝票不可 )で、封筒の場合、中身の書類を出して広げ、余白も欠けることなく全体を撮影してください。

  • 発行から6か月以内のもの
  • 電気・ガス・水道など公共料金
  • 政府市区町村発行の通信等、納税通知書 ねんきん定期便、選挙投票通知
  • 固定、携帯電話、インターネット、生命保険、銀行、クレジットカード明細等(PDF可)

最後に作成した『本人の顔写真付きの書類データ』と『郵送物書類データ』が先程説明した『本人確認審査で非承認になる条件』に該当していないか確認してください。

ハイローオーストラリア口座開設ページへアクセス

ハイローオーストラリア口座開設ページ

名前・メールアドレス・パスワードを入力

口座開設画面①

  • 居住国:『日本(JYP)』になっていると思うので、変更しなくて大丈夫です。
  • お名前(漢字):姓と名を漢字で入力してください。
  • お名前(カナ):姓と名をカタカナで入力してください。
  • メールアドレス:メールアドレスを入力してください。
  • 確認:上記画像では表示されていませんが、上欄のメールアドレスを入力すると確認用メールアドレス欄が表示されるので、上欄と同じメールアドレスを入力してください。( ペーストはできません )
  • パスワード:『数値』『大文字と小文字のアルファベット』の3種類が含まれ、6文字以上10文字以内で設定してください。パスワードは 忘れないように必ずメモで残しておくようにしましょう。
  • パスワードを再入力:上記画像では表示されていませんが、上欄のパスワードを入力するとパスワードを再入力欄が表示されるので、上欄と同じパスワードを入力してください。( ペーストはできません )

全て入力後、『 次へ:追加情報の入力 』をクリックしてください。

住所・生年月日などの個人情報を入力

口座開設画面②

  • 郵便番号: 半角ハイフンありで入力してください。 入力すると補助機能で『都道府県』と『市区・郡町村名』の候補が表示されるので選択してください。
  • 都道府県:補助機能で都道府県が選択されていればそのままで大丈夫です。
  • 市区・郡町村名:補助機能で入力されていればそのままで大丈夫です。
  • 町・字名:住んでる町以降の住所を入力してください。
  • 丁目・番地:丁目・番地を入力してください。
  • 建物名: 任意です。
  • 生年月日:yyyy/mm/dd形式で入力してください。1986年1月1日生まれの方は『1986/ 0 1/ 0 1』のように月と日は ゼロ埋めで入力しないとエラーになります。
  • 性別:『男性』か『女性』を選択してください。
  • 電話番号:半角数値 ハイフンなし で入力してください。 ハイフンがあるとエラーになります。

『全ての法的書類を十分理解した上で、同意・承諾します。』にチェックを入れて『 照合作業を実施 』をクリックしてください。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる