海外FXの始め方とは

資産形成の新しいカタチ

資産形成の新しいカタチ
出典:日本証券業協会『平成30年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)』
※ 日本全国の20歳以上の男女7,000人を対象にした訪問留置法による調査。平成30年6月15日~7月29日に実施。
※ n数=6,534は、金融商品保有者(預貯金・信託のみ:5,229、預貯金・信託以外の金融商品あり:1,305)。

年5%のリターンで月1万積み立て続けても足りない?リアルな資産形成の思考

2021年11月18~20日、“資産形成の新しいカタチ 明日から実践できる、貯める・増やすコツがここにある”をテーマに、オンラインイベント「マネーフォワード Week」が開催されました。「今からでも遅くない!積立投資ではじめる資産運用(協賛:マネックス証券)」をテーマに、株式会社Money&You 取締役でファイナンシャル・プランナーの高山一恵氏が、投資初心者に向けて資産運用の基本的な考え方について講演しました。本記事では、内容を一部抜粋・編集して紹介します。

最近更新した著者

「美しすぎる金融アナリスト」として話題となり、全国各地で個人投資家向けセミナーやIRセミナーに登壇。投資教育をライフワークとしている。 ZAI、SPA、マイナビ、FX攻略.com、DIME、ワッグルなどメディア掲載、連載の実績も多数。IRセミナーの構成作家やプロデュースも手がける。著書に『最強アナリスト軍団に学ぶ ゼロからはじめる株式投資入門 』(講談社)、『はじめての株価チャート1年生 上がる・下がるが面白いほどわかる本』 (アスカビジネス)資産形成の新しいカタチ がある。 タレントとしてはNHK eテレ「イタリア語会話」のほか、au・東芝エレベーターなどのCMや大河ドラマ出演など出演多数。現在も第一三共株式会社のキービジュアルなどを務める。

NEO企画代表。ファイナンシャルプランナー、AFP、日本年金学会会員。徳島県生まれ。大学卒業後、出版社に勤務。1997年にNEO企画を設立。出版プロデューサーとして数々のベストセラーを生み出す。新聞・雑誌・Webなどで「お金」をテーマに幅広く執筆。著書に『コワ~い保険の話』(宝島社)、『最新版 保険はこの5つから選びなさい』『老後資金は貯めるな!』(河出書房新社)。共著に『金持ち定年、貧乏定年』(実務教育出版)。監修には別冊宝島の年度版シリーズ『生命保険 実名ランキング』など多数。

家事の効率化、家庭の省エネなどを専門にテレビ、雑誌、講演などで活動。時短家事、100円グッズ、便利グッズ、業務 用食品の情報にも精通し、生活用品や便利 グッズの企画にも携わる。Honda、イオン、東芝など大手企業や日経新聞、時事通信などでの連載実績も多数。

共創による社会貢献の新たなカタチはじめます~社会貢献と資産形成を両立する選択肢を提供~

株式会社丸井グループ(本社:東京都中野区、代表取締役社長:青井 浩、以下丸井グループ)は、五常・アンド・カンパニー株式会社(本社:東京都渋谷区、代表執行役:慎 泰俊、以下五常・アンド・カンパニー)、およびクラウドクレジット株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:杉山 智行、以下クラウドクレジット)との共創を進化させ、両社のプロジェクトへの投融資を通じた社会貢献と、お客さまの資産形成を両立する新たな選択肢を提供いたします。このたびの取り組みを通じ、より多くのお客さまに社会課題解決への参加の機会をご提供し、より大きな社会的インパクトにつなげてまいります。

■ 一人ひとりの想いを届ける「応援投資」


■ 社会貢献と資産形成の両立をかなえる社債
《エポスカード会員さま向け社債》
エポスカード会員さま向け社債は、証券会社が販売・顧客管理する従来の社債とは異なり、丸井グループが直接お客さまへ販売し、顧客管理も行います。ブロックチェーン技術の仕組みを利用することで、エポスカード会員さま限定で、お一人でも社会貢献の取り組みに参加いただける選択肢の提供が可能になります。また、お客さまからお預かりしたお金が、“実際どのように活かされているか”を当社ウェブサイトまたは統合報告書で、レポートにて定期的にお知らせする「ストーリー」をお届けし、社会貢献への参画を実感していただきます。そして、金利の一部をエポスポイントにてお支払する、新しい投資の形となっています。このようなセキュリティトークン社債(以下デジタル債)の公募は、証券会社を除く事業会社として、国内初の取り組みとなります。


2種類の社債はどちらもソーシャルボンド(※1)としての発行を予定しており、野村證券がソーシャルボンド・ストラクチャリング・エージェント(※2)を務めます。ソーシャルボンドの適格性については、第三者評価として、ESG評価会社であるSustainalytics(サステイナリティクス)より、セカンドオピニオンを取得しております。
※1 社会的課題の解決に貢献するプロジェクトに資金使途を限定した社債
※2 ソーシャルボンドのフレームワークの策定およびセカンドオピニオン取得の助言などを通じて、ソーシャル ボンドの発行支援を行う者


<五常・アンド・カンパニー 代表執行役 慎 泰俊氏コメント>


<クラウドクレジット 代表取締役 CEO 杉山 智行氏コメント>

<丸井グループ 代表取締役社長 代表執行役員 CEO 青井 浩コメント>

《エポスカード会員さま向け社債の概要》
年限 :1年
発行額 :1億円程度
発行時期 :未定
利率 :年1%(うち一部をエポスポイントで支払うことを想定)
募集 :丸井グループによる自己募集
販売対象 :エポスカード会員のみ
その他 :※譲渡制限あり
※フィナンシャル・アドバイザーは野村證券株式会社

《個人投資家さま向け社債の概要》
年限 :3年(予定)
発行額 :13億円
発行時期 :2022年3月(予定)
利率 :未定(仮条件:年0.20%~年0.40%)
※詳細はお近くの野村證券の本支店へお問い合わせください
主幹事 :野村證券株式会社

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる