FX取引データ

仮想 通貨

仮想 通貨
環境認識(暗号資産BTC) ETHなどメジャーなアルトコインも含めアルトコインは軒並み直近のサポートラインを明確に割って下落してきています。BTCは高値を切り下げながらもなんとか直近のサポートラインは割らずに抵抗していますが決着は近そうな展開となっています。BTCも割ってこれば明確な反転までロングは待ちたい局面です。これだけ横軸で長く持ち合っていますので今無理にお祈りロングを持たなくてもレジサポいずれかにブレイクアウト後でも利益は十分に狙えるのではないかと思います。 こういった長期間の大きな下げ相場では主要な暗号資産が反発してもアルトコインは上げに対してそれほど追従してこない可能性もありますので長期的な仕込みではなく短期での利益を狙っている場合にはアルトコインはやや注意が必要な展開かもしれません。かなり先を見据えれば仕込み時.

初心者必見|暗号資産(仮想通貨)の買い方をわかりやすく徹底解説

【初心者向け】仮想通貨・暗号資産の買い方をわかりやすく徹底解説

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)※現在購入・売却停止中
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン (ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

bitFlyer(ビットフライヤー)

ビットフライヤー

bitFlyerは ビットコインの国内取引量が6年連続No.1 ※2 を誇る仮想通貨取引所です。 取扱通貨数は15種類。

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

暗号資産,仮想通貨,取引所,アプリ

Binanceは24時間365日サポートを受けられる、世界最大規模の取引所です。英語ではありますが、Binanceユーザー向けにブログで情報発信もしています。またBinanceではコミュニティに参加することもできます。単に取引をするだけではなく、世界中のBinanceユーザーとつながることもできるので、モチベーションを上げるのに効果的です。手数料はメイカー:-0.1%、テイカー:0.仮想 通貨 1%で、30日の取引量に応じて手数料が下がります。

アプリの特徴

・暗号資産の売買 ・チャート機能 ・ライブチャット機能(24時間対応)

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

FTXは公式サイトが日本語対応していませんが、アプリでは日本語版が存在します。FTX Payでの支払いやNFT取引など幅広いマーケットに対応している取引所です。

アプリの特徴

MXC(MEXC)

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

MXC(MEXC)は海外取引所の中でも多言語に対応しているのが特徴です。日本語にも対応しているため、スムーズに利用できます。

アプリの特徴

BaseFEX

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリのおすすめ5選|選び方やメリットを説明

BaseFEX は、ビットコインなどの先物取引ができる海外取引所です。BaseFEX では最大100倍までのレバレッジ取引が可能です。手数料はメイカー0.02%、テイカー0.06%で、30日間の取引量によって手数料が下がっていきます。また入出金手数料はかかりません。

アプリの特徴

暗号資産(仮想通貨)取引所アプリを利用するメリット

取引所アプリのメリット

  • どこでも取引できる
  • プッシュ通知機能を利用できる
  • ウィジェット機能を利用できる

メリット①どこでも取引できる

取引所アプリを利用すれば、スマホ1台でどこでも取引が可能です。相場の動きを細かくチェックして、自分のタイミングで売買できるので、利益の最大化を狙えます。一方でパソコンの場合、持ち運び可能なノートパソコンでも場所によっては使えませんし、使えてもモバイルWi-Fiが必要です。

このように取引所アプリはどこでも取引できるので、パソコンでの取引よりも利便性が高くなっています。

メリット②プッシュ通知機能を利用できる

プッシュ通知は様々な設定のもと、一定の条件で自動的に通知を送るサービスです。たとえば取引所アプリの「bitFliyer」は、会社の定める価格変動率を超えた場合にプッシュ通知を送ります。また「DMM Bitcoin」はキャンペーン等のプッシュ通知を設定可能です。

このようなプッシュ通知を自分からリサーチしなくても情報を入手できるので、情報収集の時間を減らせます。取引所アプリにはこのようなサポート機能もあるので、確認してみてください。

メリット③ウィジェット機能を利用できる

アプリを開かなくても、内部の情報を確認できる機能をウィジェット機能と言います。ウィジェットを設定することで、いちいちアプリを開く手間が省けるだけでなく、簡単に必要な関連情報を得られるのです。価格の確認もできるので取引の判断もスピードアップできます。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる