初心者向けFXトレード

スワップ計算機

スワップ計算機
アンケート投稿

第15章 swap 領域

Linux の スワップ領域 は、物理メモリー (RAM) が不足すると使用されます。システムに多くのメモリーリソースが必要で、RAM が不足すると、メモリーの非アクティブなページがスワップ領域に移動します。スワップ領域は、RAM が少ないマシンで役に立ちますが、RAM の代わりに使用しないようにしてください。スワップ領域はハードドライブにあり、そのアクセス速度は物理メモリーに比べると遅くなります。スワップ領域の構成は、専用のスワップパーティション (推奨)、スワップファイル、またはスワップパーティションとスワップファイルの組み合せが考えられます。 Btrfs はスワップ領域を サポートしない ことに注意してください。

過去数年、推奨されるスワップ領域のサイズは、システムの RAM サイズに比例して増加していました。しかし、最近のシステムには通常、数百ギガバイトの RAM が含まれます。結果として、推奨されるスワップ領域は、システムのメモリーではなく、システムメモリーのワークロードの機能とみなされます。

表15.1「システムの推奨 swap 領域」 では、システムの RAM の容量別に推奨されるスワップパーティションのサイズと、システムがハイバネートするために十分なメモリーが必要かどうかを示しています。推奨されるスワップパーティションのサイズは、インストール時に自動的に確定されます。ハイバネートを可能にするには、カスタムのパーティション分割段階でスワップ領域を編集する必要があります。

表15.1「システムの推奨 swap 領域」 の推奨では、メモリーが少ないシステム (1 GB 以下) で特に重要になります。このようなシステムで十分なスワップ領域を割り当てられないと、不安定になる問題が生じたり、インストールしたシステムが起動できなくなる可能性があります。

表15.1 システムの推奨 swap スワップ計算機 領域

システム内の RAM の容量 推奨されるスワップ領域 ハイバネートを許可する場合に推奨されるスワップ領域
⩽ 2 GB RAM 容量の 2 倍 RAM 容量の 3 倍
> 2 GB ~ 8 GB RAM 容量と同じ RAM スワップ計算機 容量の 2 倍
> スワップ計算機 8 GB ~ 64 GB 最低 4GB RAM スワップ計算機 容量の 1.5 倍
> 64 GB 最低 スワップ計算機 4GB ハイバネートは推奨されない

ご使用のシステムが 表15.1「システムの推奨 swap 領域」 に記載されている境界線上 (RAM が 2GB、 8GB または 64GB) になる場合、swap サイズやハイバネートへの対応を決める際は適宜判断してください。システムリソースに余裕がある場合は、スワップ領域を増やすとパフォーマンスが向上することがあります。

スワップ領域として割り当てたファイルシステムおよび LVM2 ボリュームは、変更時に 使用しない でください。システムプロセスまたはカーネルがスワップ領域を使用していると、スワップの修正に失敗します。 free コマンドおよび cat /proc/swaps コマンドを使用して、スワップの使用量と、使用中の場所を確認します。

システムを rescue モードで起動している間に、スワップ領域を変更する必要があります。『 Red Hat Enterprise Linux 7 Installation Guide 』 の Booting Your Computer in Rescue Mode を参照してください。ファイルシステムをマウントするように指示されたら、 スキップ を選択します。

15.1. スワップ領域の追加

場合によっては、インスト-ルした後にさらに swap 領域の追加が必要になることもあります。たとえば、システムの RAM 容量を 1 GB から 2 GB にアップグレードするときに、スワップ容量が 2 GB しかないとします。メモリーを大幅に消費する操作を実行している場合や、大量のメモリーを必要とするアプリケーションを実行する場合は、スワップ領域を 4 GB に増やすことが有益となる可能性があります。

選択肢が3つあります: 新規の swap パーティションの作成、新規の swap ファイルの作成、あるいは既存の LVM2 論理ボリューム上で swap の拡張。この中では、既存論理ボリュームを拡張することが推奨されます。

15.1.1. LVM2 論理ボリュームでのスワップ領域の拡張

Red Hat Enterprise Linux 7 は、デフォルトで、使用可能なすべての領域をインストール時に使用します。この設定を選択している場合は、まず swap 領域として使用するボリュームグループに新しい物理ボリュームを追加しなければなりません。

swap 領域のボリュームグループにストレージを追加した後に、それを拡張することができるようになります。これを実行するには、次の手順に従います ( /dev/VolGroup00/LogVol01 ボリュームのサイズを 2 GB 拡張するとします)。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる