暗号資産速報

ワンタップでビットコインが買える取引所

ワンタップでビットコインが買える取引所

▲著者の保有資産。

【2022年5月最新】仮想通貨取引所おすすめランキング!510名調査からわかった暗号資産の取引会社8選

勝田健太郎の保有資産


▲著者の保有資産。

そもそも「仮想通貨取引所」とは『法定通貨』と『仮想通貨』の売買ができる場所のこと

  • 日本円などの法定通貨と仮想通貨の交換
  • ある仮想通貨と別の仮想通貨との交換
  • 仮想通貨の売買

「仮想通貨取引所」では、1,000円以下から仮想通貨やビットコインを購入できる

  • コインチェック:0.001BTC
  • DMM Bitcoin:0.0001BTC(※) ※BitMatch注文は除く
  • bitFlyer: 0.00000001BTC
  • GMOコイン:0.0001BTC
  • bitbank:0.0001BTC

仮想通貨取引をする際、初心者ならいくら用意するべき?

  • 初めて仮想通貨で勝つ確率:50%
  • ワンタップでビットコインが買える取引所
  • 2回連続勝つ確率:25%
  • 10回連続勝つ確率:0.097%

仮想通貨のプロは、「いつか負けるので負けたときに損失を最初限にする損小利大」という考え方をします。

Q「仮想通貨取引所」で取引を始めるには、まずは何からしたらいいですか?必要なものは何ですか?

安全で使いやすい仮想通貨(暗号資産)取引所を選ぶポイント5つ

安全で使いやすい暗号資産の取引所を選ぶポイント

安全で使いやすい仮想通貨取引所を選ぶポイントは以下の5つ です。

  1. 取引手数料が安いか
  2. 取引所のセキュリティが高いかどうか
  3. 取引アプリが使いやすいか
  4. 金融庁が認可した安全性の高い運営元か
  5. 取り扱う通貨数が豊富か

ポイント1.取引手数料やスプレッドが安いか

取引手数料が高いとせっかく、売買で得た利益が減ってしまいます。

ポイント2.取引所のセキュリティが高いかどうか

なぜなら、仮想通貨取引で大きな利益を出しても、安全性が低い取引所で取引をしていた場合、 個人情報や大切な資産を盗まれる可能性があるから です。

ポイント3.ワンタップでビットコインが買える取引所 取引アプリが使いやすいか

ポイント4.金融庁が認可した安全性の高い運営元か

仮想通貨の取引をする際は、 金融庁が認可済みの取引所を利用する方が安心 でしょう。

ポイント5.取り扱う通貨数が豊富か

よって、 取引所を選ぶ際は取り扱う通貨数や種類が豊富な取引所を利用するのがおすすめ です。

おすすめの国内仮想通貨取引所8選

おすすめの国内仮想通貨取引所は以下の8社 ワンタップでビットコインが買える取引所 ワンタップでビットコインが買える取引所 です。

1.最短当日から取引できる!初心者におすすめの「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

  • 24時間即日取引が可能!
  • 日本では珍しいアルトコインのレバレッジ取引が可能!
  • キャッシュバックキャンペーンでオトクに取引!

さらに銘柄は19種類と豊富なので、まだどの暗号資産に投資しようか迷っている人にとってもオススメです。

2.マネックスグループの傘下で信頼性が高い「Coincheck」

coincheck

  • 初心者でも 圧倒的に使いやすいアプリ 画面!
  • 取り扱い通貨は 日本最大級の17種類 で、たくさんの通貨に投資したい人向け!
  • 500円程度から取引可能で、少額投資ができる!

Coincheckは国内のダウンロード数が308万で、2020年上半期でのアプリダウンロード数が国内NO1です。

3.取引画面が見やすく、初心者でも取引しやすい「bitbank」

bitbank

  • 仮想通貨アプリでは国内No.1の人気!
  • リップルの取引量が世界一!
  • 取引手数料キャッシュバック中!

またセキュリティが高く、 2018年10月3日 ICORating調べにおいて国内NO1を獲得 しています。

4.最短10分で取引を開始できる「GMOコイン」

GMOコイン

    ワンタップでビットコインが買える取引所
  • 安心の 大手GMOグループ が運営!
  • 手数料が ほぼすべて無料 !
  • アプリが使いやすい ワンタップでビットコインが買える取引所 ので、初心者でも楽々操作可能!

取引ツールが使いやすいと定評があるので、取引初心者はもちろん、取引経験者も利用しやすいで しょう。

5.100円から取引をスタートできる「bitFlyer」

bitflyer

  • 暗号資産サービス初回利用率 国内 No.1 ※1
  • アプリを使えばかんたん操作で取引できる
  • 「ビットコインをもらう」でビットコインがもらえる
    ※1 暗号資産(仮想通貨)取引サービス利用者 20-59歳男女1,000人を対象に、インターネットによるアンケートを実施。
    調査実施日は2021年6月11-14日。調査機関:(株)インテージ

bitFlyerは100円から仮想通貨を売買できるだけでなく、 ビットコイン取引量も国内NO1※2で、取り扱い通貨数が15種類と豊富 です。

※2 Bitcoin 日本語情報サイト調べ。国内暗号資産交換業者における 2021 年の年間出来高(差金決済/先物取引を含む)

6.世界統一のセキュリティ基準を採用していて、安全性が高い「SBI VC ワンタップでビットコインが買える取引所 Trade」

SBIVCtrade

  • SBIグループが運営する仮想通貨取引所
  • 入金手数料と現物取引手数料が無料!
  • シンプルで使いやすい取引ツール

SBI VC Tradeは世界統一の厳格な審査基準で発行されているEV SSL証明を獲得しています。

よって セキュリティ体制が万全で、初心者でも安心して取引できる でしょう。

7.LINE Payで取引口座の入出金ができる「BITMAX」

bitmax

よって、 口座開設に必要な面倒な手間が削減されるでしょう。

8.日本円以外の法定通貨8種類で仮想通貨を売買できる「Liquid」

liquid

また、 Liquidでしか取り扱いのない独自通貨「QASH」の売買も可能 です。

暗号資産取引を始める流れは3STEP

  1. 暗号資産取引所で口座開設をする
  2. 取引口座に日本円を入金する
  3. 取引所または販売所で暗号資産を購入する

一方で取引所の場合、 利用者同士のやり取りなので、希望額分の暗号資産を購入できない場合がありますが、相場に近い価格で購入しやすい でしょう。

\キャッシュバックキャンペーン中/

自分に合う仮想通貨取引所を選ぶコツ

  • お得に取引できるキャンペーンがある
  • 用途に合わせて、2つ以上の仮想通貨取引所に登録する
  • 自分の取引方法に合った取引所を選ぶ

コツ1.お得に取引できるキャンペーンがある

キャッシュバックキャンペーンを利用すると、その分だけ 多く暗号資産を買えるので長期的に見ると運用益に差が出る でしょう。

コツ2.用途に合わせて、2つ以上の暗号資産取引所に登録する

なぜなら、 複数の取引所に口座があることで取引所のシステムトラブルで売買できないリスクを避けられる からです。

コツ3.自分の取引方法に合った取引所を選ぶ

  • 今すぐに通貨を買いたい人:販売所形式で通貨を買える取引所
  • 相場に近い価格で通貨を買いたい人:取引所形式で通貨を買える取引所
  • 少ない資本金でレバレッジをかけて取引したい人:レバレッジ取引ができる取引
  • 仮想通貨の積立投資をしたい人:積立投資サービスがある取引所

仮想通貨取引所を選ぶ際は 自分の取引方法に合った取引所を選ぶことが大切 です。

仮想通貨取引所を利用する際の注意点3つ

仮想通貨取引所を利用する際の注意点

仮想通貨取引所を利用する際の注意点は以下の3つ です。

  1. 購入した通貨を取引所にそのまま放置しない
  2. 複数の取引所で同じパスワードを使わない
  3. 英語が苦手なら、無理に海外の仮想通貨取引所を利用しない

注意点1.購入した通貨を取引所にそのまま放置しない

たとえば、以下のような 仮想通貨専用のウォレットに入れて保管する必要 があります。

  • 専用ディバイスで管理する「ハードウェアウォレット」
  • ネットと完全に切り離されている「コールドウォレット」

注意点2.複数の取引所で同じパスワードを使わない

なぜなら、 仮想通貨の盗難は個人の口座に不正アクセスをしてデータを盗むという手口が大半 だからです。

注意点3.英語が苦手なら、無理に海外の仮想通貨取引所を利用しない

  • 英語力に自信があり、ビジネスでも利用している
  • 仮想通貨の取引に慣れている
  • 日本の金融庁の認可がない取引所でも良いので、知名度が低いマイナーな通貨を取引したい

安全で安心な仮想通貨取引をしたい人や知名度があり、時価総額が高い仮想通貨を取引したい人は国内取引所を利用する ととよいでしょう。

おすすめの仮想通貨取引所に関するQ&A

おすすめの仮想通貨取引所に関するQ&Aは以下の通り です。

Q1.仮想通貨取引所の販売所形式と取引所形式って違いはなに?

販売所形式と取引所形式の違いは以下の通り です。

  • 販売所形式:仮想通貨を店から購入する「売店」
  • ワンタップでビットコインが買える取引所
  • 取引所形式:仮想通貨を客同士が売買する「市場、・バザー」

Q2.スプレッドを比較して、仮想通貨取引所を選んだ方がいい?

スプレッドとは販売所の取引仲介手数料あり、これが販売所が得る利益 です。

Q3.未成年におすすめの取引所はある?

なぜなら、海外取引所は 基本的に英語で取引をするので、トラブルがあった際に対応できないケースが考えられる からです。

ビットコインはどこで買うべき?おすすめ取引所10社厳選!手数料から取扱通貨数まで

BTC.jpeg

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・ファクトム(FCT)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・アイオーエスティー(IOST)
・エンジンコイン(ENJ)
・オーエムジー(OMG)
・パレットトークン(PLT)

コインチェックの安全性、セキュリティ

コインチェックでは安全性を高めるため、以下のような対策を行っています。
・利用者の資産分別管理
・財務情報の開示
・コンプライアンス体制の見直し

また、セキュリティ面においても、以下のような取り組みを行っています。
・マルチシグの実施
・コールドウォレットの導入
・SSLの利用
・ログイン時の二段階認証実施

2位:取り扱う暗号資産の種類がビットコインを含めて15種類「DMM Bitcoin」

DMM Bitcoin

ワンタップでビットコインが買える取引所
DMM Bitcoinの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料
入金手数料 無料
出金手数料無料

DMM Bitcoinは、ビットコインを含め15種類もの通貨が取引可能です。取引可能銘柄数でも国内事業者では4位にランクインしています。

入出金手数料や取引に必要な手数料も無料です。取引時の手数料は暗号資産取引所の中でも安いです。

DMM Bitcoinの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・ステラルーメン(XLM)
・イーサクラシック(ETC)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・クアンタム(QTUM)
・オーエムジー(OMG)
・モナコイン(MONA)
・ネム(XEM)
・シンボル(XYM)

DMM Bitcoinの安全性、セキュリティ

・オフラインウォレットでの顧客資産管理
・顧客資産と会社資産の分別
・2段階認証と生体認証の導入
・不正アクセスへの監視
・マルチシグネチャ対応
・SSL暗号化通信

3位:取引所・販売所どちらも対応「bitFlyer(ビットフライヤー)」

bitFlyer

ワンタップでビットコインが買える取引所
bitFlyerの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 0.01~0.15%
入金手数料 0円~330円
出金手数料 220円~770円

bitFlyerはビットコイン取引量が6年連続国内No.1(※)の暗号資産取引所です。ビットコインの取引量だけに絞るなら優れた取引所と言えます。

販売所方式と取引所方式のどちらでも取引できる点がbitFlyerの特徴です。また、2倍のレバレッジで取引できます。トレードスタイルに応じて使えるため、取引口座を開設しておいて損はありません。

bitFlyerの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・イーサリアムクラシック(ETC)
・リスク(LSK)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・モナコイン(MONA)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・テゾス(XTZ)
・ポルカドット(DOT)
・チェーンリンク(LINK)

bitFlyerの安全性、セキュリティ

引用元:bitFlyer

・SSL暗号化通信 ワンタップでビットコインが買える取引所
・SHA-2(SHA-256)の採用
・FW(ファイア・ウォール)による社内環境の防御
・パスワードの強度チェック ワンタップでビットコインが買える取引所
・アカウントロック機能
・マルチシグネチャ
・コールドウォレット
・顧客資産との分別管理
・ウイルスチェックとハッキングテスト

取引所取引と販売所取引の違いとは?

syougaku

4位:高い安全性を誇る「GMOコイン」

GMOコイン

GMOコインの概要
取引通貨数 14種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.ワンタップでビットコインが買える取引所 01%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 無料

GMOコインの親会社は一部上場企業でもある「GMOインターネットグループ」で、証券会社やFX取引などの事業を行っています。2倍のレバレッジがかけられる点もGMOコインの特徴です。

GMOコインの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ネム(XEM) ワンタップでビットコインが買える取引所
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・エンジンコイン(ENJ)
・テゾス(XTZ)
・オーエムジー(OMG)
・ポルカドット(DOT)
・コスモス(ATOM)
・シンボル(XYM)

GMOコインの安全性、セキュリティ

・利用者から預けられた資産の分別管理
・マルチシグの対応
・システム内への不正侵入対策
・アカウントの乗っ取り対策

5位:3通貨に絞ったハイレベルな取引所「SBI VCトレード」

SBI VCトレード

SBI VCトレードの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 無料
入金手数料 無料
出金手数料 50円~250円

取引にかかる手数料は安いため、まずはビットコインへの投資を始めたい人にはおすすめです。

SBI VCトレードの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・ライトコイン(LTC)
・リンク(LINK)
・ポルカドット(DOT)

SBI VCの安全性、セキュリティ

・内部犯行対策
・サイバー攻撃対策
・ログイン時以外の二要素認証(暗号資産出庫時など)
・デバイス認証
・暗号資産に対する盗難対策
・資産分別管理

6位:圧倒的な流動性を誇るグローバル展開の取引所「Liquid by Quoine(リキッドバイコイン)」

Liquid by Quoine

Liquid by Quoineの概要
取引通貨数 5種類
販売所手数料
取引所手数料 BTC/JPYのみ無料
入金手数料 無料
出金手数料 日本円:700円

Liquid by Quoineはセキュリティ体制を万全にすべく、お客さまの資産をすべてコールドウォレットで管理している暗号資産取引所です。インターネットに接続されていない場所で金融資産を保管するため、ハッキングリスクがありません。

Liquid by Quoineの取り扱い通貨

Liquid by Quoineの取り扱い仮想通貨は以下の4種類です。

・ビットコイン(BTC)
・イーサリアム(ETH)
・リップル(XRP)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・キャッシュ(QASH)

利用できる種類は少ないものの、キャッシュといったLiquid by Quoine独自の通貨も取引できるので、暗号通貨上級者のかたでも満足できます。

Liquid by Quoineの安全性、セキュリティ

Liquid by Quoineのセキュリティ対策には、

・2段階認証の実施
・パスワードリセットプロセスの強化
・クーリングピリオド
・IPホワイトリストの登録
・DNSセキュリティの実装
・Hawk認証プロトコルを用いたセキュリティの強化
・24時間監視体制のLiquid取引所

顧客資産の管理を全てコールドウォレットで管理している、というのもLiquid by Quoineの特徴です。そのため、万が一不正操作が行われた場合でも、暗号資産の安全性が保たれています。

7位:日本発として人気のモナコイン(MONA)を購入できる「ビットバンク」

bitbank

ビットバンクの概要
取引通貨数 15種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.05%
入金手数料 無料
出金手数料 550円/770円

業界最狭クラスのスプレッドもbitbankの強みです。頻繁にトレードをしたい人にとって、実質的な取引手数料であるスプレッドの安さは大きな魅力と言えます。

ビットバンクの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・リップル(XRP)
・ライトコイン(LTC)
・イーサリアム(ETH)
・モナコイン(MONA)
・ビットコインキャッシュ(BCC)
・ステラルーメン(XLM)
・クアンタム(QTUM)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・オーエムージー(OMG)
・シンボル(XYM)
・チェーンリンク(LINK)
・メイカー(MKR)
・ボバネットワーク(BOBA) ワンタップでビットコインが買える取引所
・エンジンコイン(ENJ)

ビットバンクの安全性、セキュリティ

・分散された鍵管理でのホットウォレット採用
・完全なオフライン環境によるコールドウォレットの導入
・バグバウンティプログラムの導入

8位:情報セキュリティ格付「A(シングルエー)」取得で安心セキュリティ―「ビットポイント」

BITPOINT

ワンタップでビットコインが買える取引所 ワンタップでビットコインが買える取引所 ワンタップでビットコインが買える取引所
ビットポイントの概要
取引通貨数 8種類
販売所手数料 無料
取引所手数料 Maker -0.02%
Taker 0.12%
入金手数料無料
出金手数料 日本円:550円~770円
BTC:0.0006 BTC

現物投資やレバレッジのほか、積立投資やレンディングなどにも対応しているのがBITPOINTの特徴です。さまざまな投資手法を考えている人におすすめします。

ビットポイントの取り扱い通貨

・ビットコイン(BTC)
・ライトコイン(LTC)
・ビットコインキャッシュ(BCH)
・リップル(XRP)
・イーサリアム(ETH)
・ベーシックアテンショントークン(BAT)
・トロン(TRX)
・エイダ(ADA)
・ジャスミー(JMY)
・ポルカドット(DOT)

ビットポイントの安全性、セキュリティ

・情報セキュリティポリシーの策定
・ログイン時における二段階認証の導入
・独自のアルゴリズムに基づいたホットウォレットの管理
・24時間の監視体制
・サイバー攻撃に対する出入口対策
・定期的な外部システム監査

初めてのビットコイン 最初の取引所を選ぶならこの基準

●アプリの使いやすさはどうか?
●手数料(スプレッド含む)は安いか?
●セキュリティに問題はないか?
●フォロー体制はどうか?

ワンタップでビットコインが買える取引所

初心者も使いやすい豊富な取り引きツールが好評! 暗号資産取引なら「DMM Bitcoin」。 取引できる暗号資産は豊富15種類(現物11種類、レバレッジ15種類)が取引可能! 初心者も使いやすい豊富な取り引きツール。 さまざまな手数料が無料! ※BitMatch取引手数料を除く 問い合わせも365日OK♪

Ico restore Ico up

はじめての仮想通貨投資におすすめです! 初めての投資なら、マネックスグループ株式会社(東証プライム上場8698)のグループ企業が運営する「コインチェック」! 仮想通貨アプリ国内最大級のダウンロード数は、累計200万を突破※! ※2017年6月~2018年1月 コインチェック株式会社調べ コインチェックが選ばれる3つの理由 国内最大級17種類の仮想通貨が約500円から購入可能 ※2021年7月現在、国内取引所のwebサイト調べ 最短10秒!スマホから簡単に購入可能 ウィジェットで簡単に価格チェック!安心して購入可能

Ico smp Ico free

ビットコインをポイント感覚でお小遣い稼ぎ♪ 「Cheeese(チーズ)」はビットコインが無料で簡単に入手できるアプリです♪ ビットコインをさまざまな方法で簡単ゲット 価格変動が大きくてなかなか買えないビットコイン。でもCheeeseなら無料でビットコインがゲットできます。 好きなメディアの記事を読んでゲット 「Cheeeseショッピング」普段の買い物でゲット 「高報酬ミッション」クリアで大量ゲット アンケート回答でゲット ギフトコードをもらってゲット 友達紹介でゲット ビットコインをかんたん送金 貯まったビットコインは、かんたんに確認&送金できます。難しい操作は必要ありません! 残高をかんたんに確認 アカウント画面でいつでも残高を確認 受け取り履歴で何をどれだけもらったかチェック 自分のウォレットに送金 アドレスを入力するだけでかんたん送金 QRコードの読み取りもOK マネックスグループ100%子会社が運営 東証一部上場のマネックスグループの知見を活かし、サービス運営を行っています。 【マネックスクリプトバンク株式会社】 東証一部上場のマネックスグループ100%子会社 暗号資産(仮想通貨)やブロックチェーンの知見を活かした新規事業を開発 業界の最新情報をさまざまなサービスとして提供中

ワンタップで ビットコインが 買える取引所 はじめてで安心して仮想通貨取引を始めるならビットバンク! 暗号資産(仮想通貨)取引における販売所サービスの提供を開始! 業界最小水準のスプレッド価格(※1)で、更に簡単に仮想通貨で有名なビットコインやリップル・イーサリアムなどの購入が可能。 1:2020年10月5日時点、ビットバンク調べ ビットバンク(bitbank)が選ばれる理由 【国内No.1(※2)の取引量を誇る仮想通貨取引所】 国内No.1(※2)の取引量を持つビットバンクなら、「売りたいときに売りやすく、買いたいときに買いやすい」。 日々の激しい値動きにも素早く対応可能な、仮想通貨トレーダーにとって最適な環境です。 ワンタップでビットコインが買える取引所 【使いやすい スマートなデザイン】 初心者にも上級者にも使いやすいユーザーインターフェース。誰でも簡単に仮想通貨を売買できます。上級者向けには、70を超えるテクニカル分析が使えるTradingViewも用意。トレンドラインや一目均衡表はもちろん、通貨ペアの比較分析も可能です。 【安心安全 最先端のセキュリティ】 第三者機関に国内No.1と認められた(※3)、鉄壁のセキュリティ。オフラインのコールドウォレットで各種仮想通貨をセキュアに管理。マルチシグでハッキングや内部犯対策も万全。お客様の仮想通貨を弊社の世界最高水準の技術と運用によってお守りします。 【日本円のリアルタイム入金が可能】 いつでも入金可能!土日を含めた24時間リアルタイム入金を実現! ビットコインやリップル、イーサリアムで入金することも可能です。 2:2021年2月14日 CoinMarketCap調べ 3:2018年10月3日 ICORating調べ ■対応通貨一覧■ ワンタップでビットコインが買える取引所 ワンタップでビットコインが買える取引所 ビットコイン イーサリアム ライトコイン モナコイン リップル ビットコインキャッシュ ステラルーメン クアンタム ベーシック・アテンション・トークン オーエムジー シンボル 暗号資産(仮想通貨)は法定通貨ではありません。また、特定の者によりその価値を保証されているものではありません。 暗号資産(仮想通貨)の価格の変動等により損失が発生する可能性があります。 暗号資産(仮想通貨)は代価の弁済を受ける者の同意がある場合に限り、代価の弁済のために使用することができます。 お取引の際は、弊社のHPに記載の「契約締結前公布書面兼説明書」・「取引ルール」をご確認のうえ、取引内容を十分に理解し、自己の責任をもって行ってください。 ワンタップでビットコインが買える取引所 https://bitbank.cc/about/prior-confirmation 商号:ビットバンク株式会社 登録番号:関東財務局長第00004号(暗号資産交換業) 加入協会:一般社団法人日本暗号資産取引協会

Ico up

iOS端末をご利用の方は必ずお読みください Safariにデフォルトで入っている「サイト越えトラッキングを防ぐ」がONのままの場合、正しくポイント付与ができません。 必ず コチラ の設定をご確認の上お申し込みください。 通帳反映&申込通知メールの遅延ついて 申込日が実際の申込日よりも遅い日付(最大10日程度)であがってくる場合がございます。 このため、通帳反映や申込通知メールの配信が遅れる場合がございます。あらかじめご了承ください。 2021/4/13~2021/4/14 9:30頃に申し込まれた方へ 上記期間中、お申し込みいただいたにもかかわらず、データが正常に反映されない事象が発生いたしました。 当該の方へ向けたお知らせがございますので、お心当たりがございます場合には コチラ をご確認ください。 GMOコインなら、目的にあった取引がきっと見つかる! GMOコインでは、ビットコインやリップルといった暗号資産(仮想通貨)を購入したいお客様向けのサービスだけではなく、暗号資産(仮想通貨)の価格変動を活かして収益を狙えるレバレッジ取引もご提供しております。 またMacでも、スマートフォンでもすべてのデバイスでご利用いただけます♪

ビットコインキャッシュ投資の始め方!初心者向けに購入方法・買い方を説明

2017年以前、ビットコインの処理速度にシステム的な限界が存在するため、手数料が高騰するなどといった問題が発生しておりました。
処理速度が向上しない問題(スケーラビリティ問題と呼びます)を解決するために、1度に取引できるデータ量を8倍にしました。(正確にはビットコインキャッシュは「Big Block」というシステムで、ブロックサイズを1MBから8MBにまで拡張しています)
その後ビットコインキャッシュは、ブロックサイズをさらに32MBにまで拡張し、ビットコインよりもシステム的な差別化を進めています。

ビットコインとの共通点

ビットコインキャッシュの買い方/購入の流れ

1:ビットコインキャッシュを購入するための口座開設
2:日本円の入金
3:購入したい金額または数量を指定して購入する

始め方① ビットコインキャッシュを購入するための口座開設

  1. BITPOINTの公式サイトにアクセスし、「口座開設はこちら(無料)」のボタンをクリック
  2. メールアドレスと携帯電話番号を登録する
  3. BITPOINTからのメール・SMSを受け取り、「認証コード」を使ってログイン用のパスワードを設定する
    ⇨ パスワードは8文字以上16文字以下で設定し、半角英字、数字、記号から2種類以上を使う必要があります。
  4. パスワードを使用してログイン
  5. 「口座開設の申込みに進む」をクリック
  6. 本人情報の登録を行う
  7. 本人確認書類(運転免許証、マイナンバーカード、在留カードのうち1点)をスマホのカメラで撮影して添付
  8. BITPOINTによる審査後、口座開設

始め方② 日本円の入金を行う

即時入金は、リアルタイムで口座に入金が反映される方法です。
入金が24時間(毎日16:00〜16:10は除く)いつでも可能で、さらに入金手数料がかかりません。 BITPOINTでは、「PayPay銀行」「住信SBIネット銀行」「イオン銀行」の、3つの銀行が即時入金に対応しています。お得な入金方法なのでこちらを検討してみてはいかがでしょうか。

始め方③:ビットコインキャッシュの数量を指定して購入

BITPOINTは日本円で500円以上から購入することが可能です。
(数量指定の場合は「0.00000001BCH」から買い注文が可能です)
BITPOINT PROの場合は、「0.0001BCH」から取引が可能です。
※BITPOINTとBITPOINT PROについては、次項でそれぞれ紹介します。

ビットコインキャッシュの3つの買い方 / 購入方法

ビットコインキャッシュの購入方法は、「BITPOINT公式アプリ」「BITPOINT」「BITPOINT PRO」の3つから選択できます。
それぞれの詳細を、以下で解説します。

アプリでの買い方

BITPOINTでの買い方

BITPOINTの公式サイトからログインして、「コインを買う」画面から購入金額か数量を選択します。
※画面赤枠参照。「円」の右にある▼を押すことで、数量指定で購入することも可能です。
金額・数量指定後に「確認画面へ」をクリックして6秒以内に確定を押せば、ビットコインキャッシュの購入が完了します。
複雑な操作などは省略されているので、暗号資産(仮想通貨)を取引するのが初めてという方は、BITPOINTから購入を進めることも検討されると良いでしょう。

BITPOINT PROでの買い方

BITPOINT PROとは、板形式でビットコインキャッシュの売買ができる取引サービスです。
「成行」「指値」「逆指値」といった注文方法が選べたり、チャートを分析するのに役立つツールが利用できたりといったメリットがあります。
BITPOINT PROにログインして、「現物」の取引からビットコインキャッシュを選択し、注文方法を決めることで購入の確定が行えます。

ビットコインキャッシュ投資に関連する出来事

ビットコインキャッシュを基軸の通貨とする取引所の登場

海外の一部の暗号資産取引所は、ビットコインキャッシュを基軸通貨として採用しています。 将来的には、ビットコインキャッシュが現在のビットコインのような立場になることも視野に入れているのでしょう。
多くの暗号資産取引所の基軸通貨となれば、流通量と取引を行うユーザー数が増えて、価値が高まる可能性も考えられるのではないでしょうか。

2020年のビットコインキャッシュにおけるハードフォーク

ビットコインキャッシュは、2020年11月にハードフォークを行いました。
新しくビットコインキャッシュノードとビットコインキャッシュABCに分かれることとなりました。ハードフォークの発端は、マイニング報酬の8%を開発資金として徴収するかしないかです。
ビットコインキャッシュノードはこの8%の徴収を行わないとしています。そのため、ハードフォーク前にビットコインキャッシュをマイニングしていた多くのマイナーがこちらのサポートをすると表明しています。大手の暗号資産取引所もビットコインキャッシュノードをサポートすると発表しており、今後はBCHの表記も継承するとしています。

注意事項
こちらのページは、情報提供のみを目的としており、仮想通貨取引等の勧誘を目的としたものではございません。
売買はご自身の判断にて行ってください。
また、お客さまがこの情報をご利用されたことによる行動の一切について責任を負うものではありません。
当社は情報提供のためコンテンツを掲載しておりますが、この情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

ワンタップでビットコインが買える取引所

LINE株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役社長:出澤剛、以下「LINE」)のグループ会社であり、LINEの仮想通貨事業およびブロックチェーン関連事業を展開するLVC株式会社(所在地:東京都品川区、代表取締役:高永受、以下「LVC」)は、仮想通貨取引サービス「BITMAX」を、本日より提供開始 *1 いたしましたので、お知らせいたします。

「BITMAX」は、国内で月間8,100万人以上が利用する「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、仮想通貨取引が未経験の方でもセキュアで簡単にご利用いただける仮想通貨取引サービスです。ビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)、リップル(XRP)、ビットコインキャッシュ(BCH)、ライトコイン(LTC)の計5種類の仮想通貨を取り扱い、安心・安全にお取引いただくことを最優先にサービスを構築しております。なお、先行してスタートしている日米を除くグローバルで展開している仮想通貨取引所「BITBOX」 *2 とは別サービスとなります。

LINEは、世界中の人とお金の距離をもっと身近にしていくため、LINEならではの様々な金融サービスを開発・提供しており、LINEのグループ会社LINE TECH PLUS PTE. LTD.(所在地:シンガポール、代表取締役:高永受)は、2018年7月より、日米を除くグローバルの仮想通貨取引所「BITBOX」をオープンしております。そして、この度、LVCにおいては、資金決済法に基づく仮想通貨交換業者の登録を受け、日本国内における仮想通貨取引サービス「BITMAX」をオープンいたしました。

■提供開始の背景

LINEは「CLOSING THE DISTANCE」をコーポレートミッションとして掲げ、「LINE」を入り口に、人や情報/コンテンツなどが、いつでも、どこでも、オンライン・オフライン問わず、最適な距離でシームレスに繋がるスマートポータル構想を通して、より良い価値を創造していくことを目指しています。Fintechの領域においても、人とお金が最適な距離で繋がり、安心・安全で利便性の高いユーザー体験を提供していくべく、決済、投資、証券、保険、家計簿、ローン等の領域でチャレンジを続けております。

昨今、国内においてもキャッシュレス化が進むと同時に、テクノロジーの発展によって様々なFintechサービスが誕生し、お金のあり方自体が変化を迎えようとしています。その中で仮想通貨は、Fintechにおける新たなユーザーニーズ、そして技術的な次世代パラダイムの可能性を持つ分野です。また、仮想通貨に用いられるブロックチェーンは、多方面にて実証実験が進み、今後のエコシステムや経済システムを変える可能性を秘めており、LINEでは、独自に開発したブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤としてエコシステムを構築し、サービス提供者とユーザーの共創関係の構築を目指すトークンエコノミー構想 *3 を発表しております。

*3:「LINE Token Economy」構想を発表。独自のブロックチェーンネットワーク「LINK Chain」を基盤とした「LINKエコシステム」及び、汎用コイン「LINK Point」と「LINK」を公開 https://linefinancialcorp.com/ja/pr/news/2018/13

■「BITMAX」の特徴

1. 安心・安全のセキュリティ対策を講じ、セキュアで安定的なサービスを提供
LINEでは、サービス開始の2011年より、多くのユーザーのコミュニケーションを円滑にするためにセキュリティを最優先に様々なサービスを提供してまいりました。LINEプラットフォームを設計、構築、運用してきた実績のあるチームが、「BITMAX」のセキュリティ環境を構築しています。 仮想通貨においては、世界最高水準の技術を提供するBitGo Inc.(本社:米国カリフォルニア州、CEO & Co-founder:Mike Belshe)のウォレットを採用し、万全の態勢を敷いております *4 また、「BITMAX」では、お客様の資産と当社の資産とを明確に分別して管理することとし、取り扱う仮想通貨に対してコールドウォレットによる管理を導入しています。ウォレットの管理については、体制強化のための専門チームを設け、安心・安全を最優先にサービスを提供してまいります。

2. モバイル送金・決済サービス「LINE Pay」との連携
「LINE Pay」との連携で、スピーディな日本円の入出金が可能となります。さらに、「LINE Pay」ですでに本人確認がお済みの方であれば、「BITMAX」での本人確認手続きを短縮することができます。なお、日本円の入金は、「LINE Pay」からの入金、もしくは、「LINE Pay」に登録している銀行口座からの入金の2通りからお選びいただけます。

3. LINEアプリから簡単にアクセス、少額から購入可能
「BITMAX」は、「LINE」上の「LINEウォレット」タブからアクセスでき、仮想通貨取引が未経験の方、初心者の方にもわかりやすいシンプルなUI/UXで、簡単にご利用いただけます。また、1,000円以下からお取引が可能なため、仮想通貨取引を試してみたい方、少額でお取引したい方なども、お使いの「LINE」上から簡単にアクセス、お取引いただけます。

*4:2021年3月24日より、BitGo Inc.のウォレットからLINE Biz Corporationが開発するELIウォレットに移行いたしました。BITMAXのウォレットの管理体制については以下よりご確認いただけます。
ウォレットの管理体制
https://terms2.line.me/lvc_walletmanagement

■「BITMAX」のサービス概要

・対象者:BITMAXアカウント開設のお申し込みにあたっては、下記の要件を満たしている必要があります。
- LINEアカウントをお持ちの方
- 満20歳以上かつ満75歳未満の方
- 日本国内に居住している方

■LINE株式会社の概要
(1) 名称:LINE株式会社
(2) 所在地:東京都新宿区新宿四丁目1番6号 JR新宿ミライナタワー23階
(3) 代表者:代表取締役社長 CEO 出澤 剛
(4) 事業内容:コミュニケーションアプリ「LINE」およびLINEプラットフォーム上で展開するコンテンツ・サービス、その他ウェブサービス事業、AI事業の提供、運営
(5) 資本金:96,448百万円(2019年6月末時点)
(6) 設立年月日:2000年9月4日

■LVC株式会社の概要
(1) 名称:LVC株式会社
(2) 所在地:東京都品川区西品川一丁目1番1号 住友不動産大崎ガーデンタワー22階
(3) 代表者:代表取締役 高 永受/KO YOUNGSU
(4) 事業内容:仮想通貨販売所の運営、およびブロックチェーン関連事業のホールディングス会社
(5) 資本金:4,060百万円
(6) 設立年月日:2018年1月31日
(7) 登録番号:仮想通貨交換業者 関東財務局長 第00017号

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる