海外FXの始め方とは

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか
高速通信のイメージ Source : https://www.publicdomainpictures.net/jp/view-image.php?image=106207&picture=

「個人情報の保護に関する法律についてのガイドライン」及び
「個人データの漏えい等の事案が発生した場合等の対応について」に関するQ&Aより抜粋

pdf版はこちら (PDF : 334KB)

1 ガイドライン(通則編)

1-1 定義

1-2 個人情報の利用目的(法第15条~第16条、第18条第3項関係)

1-3 個人情報の取得(法第17条・第18条関係)

1-4 個人データの管理(法第19条~第22条関係)

1-5 個人データの第三者への提供(法第23条~第26条関係)

1-6 保有個人データに関する事項の公表等、保有個人データの開示・訂正等・利用停止等(法第27条~第34条関係)、個人情報の取扱いに関する苦情処理(法第35条関係)

1-7 講ずべき安全管理措置の内容

1-8 その他

ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか ガイドライン(外国にある第三者への提供編)

3 ガイドライン(第三者提供時の確認・記録義務編)

3-1 確認・記録義務の適用対象

3-2 確認義務、記録義務

1 ガイドライン(通則編)

1-1 定義

  • 事例1)企業の財務情報等、法人等の団体そのものに関する情報(団体情報)
  • 事例2)統計情報(複数人の情報から共通要素に係る項目を抽出して同じ分類ごとに集計して得られる情報)

なお、平成 27 年改正の施行(平成 29 年5月 30 日)前においては、5000 人分以下の個人情報しか取り扱っていない者は、個人情報取扱事業者から除外されていましたが、施行後はこれらの者も個人情報取扱事業者に該当することとなりますので、注意が必要です。

NPO 法人や自治会・町内会、同窓会、PTA のような非営利の活動を行っている団体も、個人情報取扱事業者として、個人情報保護法の規制を受けるのですか。

個人情報保護法における「事業」とは、一定の目的をもって反復継続して遂行される同種の行為であって、かつ社会通念上事業と認められるものをいい、営利・非営利の別は問いません。したがって、非営利の活動を行っている団体であっても、個人情報データベース等を事業の用に供している場合は、個人情報取扱事業者に該当します。NPO 法人や自治会・町内会、同窓会、PTA のほか、サークルやマンション管理組合なども個人情報取扱事業者に該当し得ます。
(平成 30 年7月更新)

1-2 個人情報の利用目的(法第 15 条~第 16 条、第 18 条第3項関係)

1-3 個人情報の取得(法第 17 条・第 18 条関係)

名簿業者から個人の名簿を購入すること自体は禁止されていませんが、その購入に際しては、適正取得(法第 17 条第1項)や第三者提供を受ける際の確認・記録義務 (法第 26 条)が適用される点に留意する必要があります。

具体的には、名簿の購入の際、相手方が個人データを取得した経緯などを確認・記録する必要があり、その結果、相手方が不正の手段により個人データを取得したことを知り又は容易に知ることができたにもかかわらず当該個人データを取得する場合、法第 17 条第1項に違反するおそれがあります。

特に、平成 27 年改正の施行(平成 29 年5月 30 日)以降は、一般的に名簿業者はオプ トアウト規定による届出が必要となるため(法第 23 条第3項)、個人情報保護委員会のホームページ上で、当該名簿業者が届出をしていることを確認する必要があると解されます。

1-4 個人データの管理(法第 19 条~第 22 条関係)

個人情報保護法では、個人情報の保存期間や廃棄すべき時期について規定していません。もっとも、個人情報取扱事業者は、その取扱いに係る個人データを利用する必要がなくなったときは、当該個人データを遅滞なく消去するよう努めなければなりません(法第 19 条)。

1-5 個人データの第三者への提供(法第 23 ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか 条~第 26 条関係)

同一事業者内での個人データの提供は、「第三者提供」には該当しないため、第三者提供に関する本人の同意は必要ありません。ただし、他の部署によって、当初特定した利用目的の達成に必要な範囲を超えて個人情報が利用される場合には、あらかじめ、目的外利用に関する本人の同意を得る必要があります(法第 16 条第1項)。

刑事訴訟法第 197 条第2項に基づき、警察から顧客に関する情報について照会があった場合、顧客本人の同意を得ずに回答してもよいですか。同法第507 条に基づき、検察官から裁判の執行に関する照会があった場合はどうですか。

警察や検察等の捜査機関からの照会(刑事訴訟法第 197 条第2項)や、検察官及び裁判官等からの裁判の執行に関する照会(同法第 507 条)に対する回答は、「法令に基づく場合」(法第 23 条第1項第1号)に該当するため、これらの照会に応じて個人情報を提供する際に本人の同意を得る必要はありません。要配慮個人情報を提供する際も同様です。

個人情報取扱事業者が、個人データを含む電子データを取り扱う情報システムに関して、クラウドサービス契約のように外部の事業者を活用している場合、個人データを第三者に提供したものとして、「本人の同意」(法第 23 条第1項柱書)を得る必要がありますか。または、「個人データの取扱いの全部又は一部を委託」(法第 23 条第5項第1号)しているものとして、法第 22条に基づきクラウドサービス事業者を監督する必要がありますか。

クラウドサービスには多種多様な形態がありますが、クラウドサービスの利用が、本人の同意が必要な第三者提供(法第 23 条第1項)又は委託(法第 23 条第5項第1 号)に該当するかどうかは、保存している電子データに個人データが含まれているかどうかではなく、クラウドサービスを提供する事業者において個人データを取り扱うこととなっているのかどうかが判断の基準となります。

また、上述の場合は、個人データを提供したことにならないため、「個人データの取扱いの全部又は一部を委託することに伴って・・・提供される場合」(法第 23 条第5項第1号)にも該当せず、法第 22 条に基づきクラウドサービス事業者を監督する義務はありません。

当該クラウドサービス提供事業者が当該個人データを取り扱わないこととなっている場合の個人情報取扱事業者の安全管理措置の考え方についてはQ5-34 参照。 当該クラウドサービス提供事業者が、当該個人データを取り扱わないこととなっている場合とは、契約条項によって当該外部事業者がサーバに保存された個人データを取り扱わない旨が定められており、適切にアクセス制御を行っている場合等が考えられます。

なお、法第 24 条との関係についてはQ9-5参照。

1-6 保有個人データに関する事項の公表等、保有個人データの開示・訂正等・利用停止等(法第 27 ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか 条~第 34 条関係)、個人情報の取扱いに関する苦情処理(法第 35 条関係)

ただし、個人情報取扱事業者は、個人情報の取扱いに関する苦情の適切かつ迅速な処理に努めなければならないとされていますので(法第 35 条第1項)、まずは苦情相談窓口等において相談に対応することが考えられます。

個人情報保護法では、本人からの請求による保有個人データの削除(法第 29 条)、保有個人データの利用の停止又は消去(法第 30 条)に関する規定は定められていますが、履歴書等の受け取った書類を返還する義務は規定されていません。そのため、個人情報保護法上、提出された履歴書を返却する義務はありません。

なお、法第 19 条では、個人データの消去についての努力義務が明記されていますので、個人情報取扱事業者は、個人データを利用する必要がなくなったときは、当該個人データを遅滞なく消去するよう努めなければなりません。

カンバン方式とは メリット・デメリット

kanban_sample.png


当時のMRPは、大型のコンピューターで計算されており、結果的に多くの在庫を持って運用されていました。
当時の生産方式を見学したトヨタ自動車の一行は、直観的に「これは、うちでは無理だ」と感じたと言います。
大型のコンピュータやMRPのシステムが高額であるだけでなく、狭い日本の工場や、手持ち資金ではアメリカのように多くの在庫を抱えることができませんでした。
まだまだ、日本は裕福な時代ではなかったからです。


トヨタ自動車の一行は、見学の帰りに立ち寄ったスーパーマーケットで、カンバン方式のヒントが得られました。
スーパーマーケットの棚に陳列されている商品を、店員が見回り、棚に空きが出ていたら補充していたのです。
スーパーマーケットの陳列方法を見て、「これでいいじゃないか」ということになりました。

カンバン方式とMRPとの違い


カンバン方式に対し、MRP(Material Requirement Planning)は、あらかじめ立てた計画に従って生産するため、プッシュ型(押出型)と言われ、プッシュ方式だから在庫が多くなると言われています。


ただ、残念なことに コンピューターが大きく進化した現在でも、多くのERPに組み込まれているMRPには、1960年台に開発されたオリジナルのMRPのアルゴリズムが踏襲されています。
こういったMRPをそのまま使うと、在庫が増える危険性があるので留意してください。

カンバン方式とジャストインタイムとの関係


ジャストインタイムは、JIT、トヨタ生産方式、TPS、リーン生産方式とも呼ばれています。
ジャストインタイム方式とは、製造現場のムダを徹底的になくし、生産を平準化させることを総合的に実現する方式です。
生産現場7つのムダとして、

①作りすぎのムダ

②手待ちのムダ

③運搬のムダ

④加工そのもののムダ

⑤在庫のムダ

⑥動作のムダ

⑦不良のムダ


ムダの徹底排除や、平準化を行わずに、かんばんだけ真似をすると、たいてい痛い目に合うので注意をしたほうが良いでしょう。
カンバン方式をトライして挫折した現場を、いくつも見たことがあります。
カンバン方式をやるときには、JIT生産方式丸ごと導入したほうが良いでしょう。

kanban_jit.png ストップを使う目的(利点)と欠点は何ですか

かんばんの種類と使い方

① 後工程は、部品が欲しくなると「引取りかんばん」を持って在庫置き場へ行く。

② 現物に張り付いている「生産指示かんばん」を外して、前工程へ送る。

③ 持ってきた「引取りかんばん」を現物に張り付けて持ち帰る。

④ 前工程は、「生産指示かんばん」を受け取ったら、生産して現物に「生産指示かんばん」を張り付けて、在庫置き場へ補充する。


かんばんを種類と納期別に整理して、見えるように置いておきます。
整理された看板を見ながら、次に何を作るかを決めます。これを差立て板と言います。
かんばんが、わかりやすい計画ボードに変身するところに、工夫を感じられます。

カンバン方式のメリット

カンバン方式のデメリット

・情報の伝達が遅く、未来を見通せない

在庫を使ったという、過去の実績が指示のトリガーになるので、未来の計画を見通した計画よりも情報が伝達されるタイミングが遅いです。
また、生産した在庫が、いつ使わるれのかは、分かりません。
そのため、実際に使われる時期を見越して、納期を調整するなどということが出来ません。

・かんばんの枚数を管理する必要がある

かんばんがある限り、在庫はゼロになりません。
また、生産を打ち切った部品のかんばんは早急に破棄する必要があります。
生産量の増減に応じて、適切なかんばん枚数にしておかないと、ムダな在庫が増えたり、欠品が生じたりします。

・計画の大きな変動に弱い

平準化を前提としているのは、計画の大きな変動という弱点があるためです。
ちなみに、トヨタ自動車の 1か月前内示の精度は、90%を超えます。
他の自動車メーカーの精度は、ひどい場合には50%程度のときもあると、嘆く部品メーカの方を多く知っていますが、そうなると、カンバン方式では回せません。
平準化をせずに、カンバン方式を導入すると、協力会社への負担増大になってしまいます。

カンバン方式に適した業種

生産管理でお悩みの方、生産管理をいまよりもっと良くしたいとお考えの方向けに
実際のADAPユーザー様ご本人が作成した事例紹介資料や動画をご覧いただけます。
⇒事例資料無料ダウンロード・お問い合わせはこちら

5Gって何?を基礎から徹底解説。5Gのメリット・デメリットと期待される活用事例

高速通信のイメージ Source : https://www.publicdomainpictures.net/jp/view-image.php?image=106207&picture=

まずは通信速度です。一般的に、通信速度にはbpsという単位が用いられます。これはビット毎秒(bit per second)の略称で、1秒で通信できるビット数を表しています(通信量でよく見る1バイト=8ビットです)。4G通信では基地局から端末方向への下り通信の速度は、最大で1 Gbps(ギガビーピーエス)、上り通信では数100 メガbpsでした(ギガ:0が9個、メガ:0が6個)。

一方で、5G通信では下りで最大20 Gbps、上りは10 Gbpsと言われており、4Gに比べて両方向でそれぞれ10倍以上の改善が見込まれています。ちなみに、4G以前の3G回線では、下り通信で21 Mbps(メガビーピーエス)、上り通信で6 Mbps程度だったと言われており、3Gから4Gへ移行した時にも10倍弱改善されました。例えば、40 ギガバイトのデータ(4Kの2時間程度の動画を想定)をダウンロードしようとした時、5Gでは最速で16秒程度なのに対して4Gでは6分程度、3Gでは1時間以上かかる計算になります。
3Gから4Gだけでかなりの改善を実感するので、4Gから5Gへの変化にも期待が持てます。

【低遅延】遠隔操作も可能に!?

低遅延の例 Credit : KDDI Credit : ANA

5G通信で見込まれている通信遅延は1 ミリ秒(0.001 秒)です。検索で要求した内容がサーバーに届くまで0.001 秒しかかからないわけです!現在私たちが利用している4G通信では平均で概ね50 ミリ秒なので、10倍以上の改善が見込まれています。具体的な応用技術は後述しますが、これによってVR(仮想現実)やAR(拡張現実)といったコンテンツでの反応の悪さに対するストレスや、ロボットの遠隔操作、自動運転の制御などのリアルタイム性が上がることが見込まれています。宇宙分野での応用も期待されています。

【同時多数接続】IoT時代を支える

3つ目の指標は「同時多数接続」です。5Gで大きく変わるのは、1つの基地局がカバーできる端末の数です。最近よく耳にするIoT(Internet of Things : モノのインターネット)を支えるのに、同時多数接続は非常に重要です。今後の生活では、身の回りのあらゆるモノがインターネットに接続され、スマホとモノが繋がり、そこから汲み取られた接続先の機器の使用頻度やユーザの傾向などを元に、個人個人に最適化されたサービス提供が進んでいくと考えられています。こういった通信端末の急増を支えるのも5Gの重要な役割になります。

【おまけ】通信の信頼性が向上し安心した通信へ

※1:3rd Generation Partnership Projectの略称で、通信の国際標準指標を制定する団体。日本をはじめ、アメリカ、ヨーロッパ、韓国、中国、インドが加盟している。

3. 通信技術の進化の歴史~1Gから5Gまで~

5Gを語る上で欠かせないのが、これまでの通信の歴史です。5Gは「5th Generation = 第5世代」を意味しますが、5番目というくらいですから、1G(第1世代)からの進化の歴史があります。ここでは、5Gが変える世界の話ではなく、通信規格が1世代上がるごとにどんな変化があったのかを解説し、5Gにどれだけ期待できるかを実感していきましょう。

4. 知らないと損する5Gを支える3つの要素技術

【高速大容量の通信を支えるビームフォーミング技術】

まずは周波数帯について。簡単に言えば、周波数を高くすることで、時間あたりで伝送できるデータ量が増えるので通信容量を高めることが可能です。
5Gではこれまで使われてこなかった「サブ6帯」と呼ばれる6GHz以下の周波数帯(3.7 GHz帯と4.5 GHz帯)と、「ミリ波帯」と呼ばれる28 GHz帯を利用します。4Gまでは最も高い周波数で3.5 GHz帯までしか使用されていませんでした。

【低遅延を支えるエッジコンピューティング】

「エッジコンピューティング」は、何も通信事業者だけのための言葉ではありません。
例えば人工衛星に搭載されたAIが、衛星データの一次処理を衛星軌道上で行うこともこの技術に当てはまります。人工衛星は、地上との通信時間が限られていたり、一度に地上に送れるデータ量も限られているので、これまでは必要最低限の計画的な観測しかできませんでした。しかし、エッジ処理が可能になることで観測の必要・不要を計画せず大量の観測データを確保し、AIが重要と判断したデータのみが地上に送信される仕組みが実装されてきています。
このように、様々な分野でも浸透してきているエッジコンピューティング技術が、5G通信の低遅延性を支えているのです。

【同時多数接続を支えるグラントフリー技術】

宙畑メモ
5Gのように世の中に変革をもたらすには、革新的な要素技術の発展が必要不可欠!4Gから5Gレベルで今後の宇宙開発を変革する要素技術についてまとめた記事もあります。

関連記事

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる